ど田舎から上京してきた剛毛のスケベっ娘

この体験談は約 6 分で読めます。

<スペック>
俺:関東、41歳、175cm、100kg。
角刈りに口髭。
見た目は怖いが話すと面白い(らしい)。
これでも堅気のサラリーマン。
当時は30代前半だった、髭もなかった。

相手:知り合った当時は18歳。
とんでもない田舎住み。

当時の俺は出会い系サイトで手当たり次第に餌をばら撒いていた。
ちょうどメールしてた相手は就職をどうしようかって時期で、このまま地元か、もしくは行ったことのない憧れの東京に出るかで、東京だった俺に食いついてきた。
(当時は都内住み、しかもプロフ上は20代w)

処女ではないが経験は1人。
あまり気持ちよくもなかったが、エッチに関しての興味はあり。

「大人の人としてみたい」なんて話もしながら無駄に月日だけが経過。

無事に3月末に上京するが、ここまでで半年。
4月の第一土曜日にうちの近所の駅まで来てもらう。

朝10時くらいかな。
車でお迎えに行って駅前をウロウロ(車は駐車場ね)。
それらしき子がいた。
挙動不審だが、チラチラ俺と視線が合う。
近づいて・・・。

「××ちゃん?」

「いえ・・・違います」

「あっそ」

遠ざかろうとすると、「いえ、あの・・・」と、ついて来た。
バレー部だった割には小さい。
160センチ弱で体重50キロくらいと思われ。
顔は安藤美姫似か。
ピザとは伝えておいたので、それほどの拒絶感もなかったらしく、素直に助手席へ。

「車に乗せたら、いきなりパンツ脱がすから、スカート穿いて来いよ」との言いつけ通り、短めのスカート。

さすがに緊張しているようで、横にいる俺まで息苦しいくらいにガチガチ。
結局、車内では何もせず、小綺麗なホテルを見つけてIN。
ベッドの端に座っている美姫の隣に座って、「ようやく会えたな」とキス。

「えっ?」と拒む素振りを見せつつも素直に応じる美姫。

キスはまだまだぎこちない。
トレーナーの上から胸を揉みはじめるとデカい!
ん?なにやら手のひらにポッチを感じる。

「あれ?もしかして?休みの日はしないんだ?」

それはそれは・・・と、そのまま俺の手は下の方から侵入。
うん、これは本当にデカい。
貧乳好きとしてはだからどうしたということはないのだがデカい。
服を上にずり上げて乳とご対面。
Eカップとかあるのかな?
形も綺麗なお椀型。
ポッチの正体は小さめでピンク。
難点は硬さかな。
張りがあるって言えばいいのか。

それでも乳首舐めを開始。
控えめな声で喘ぎはじめる美姫。
ポッチがますます硬くなってくる。
が、スカートの中へ手を伸ばそうとすると、「ダメ!」と止められる。
結構力があるんだね、若い子は(笑)
そりゃぁまだシャワー浴びてないもんな、恥ずかしいわな。

「じゃあ風呂に入るか。一緒に入るだろ?」

「えっ?そんなの恥ずかしいー」

というわけで先に俺がバスルームへ。
ササッと洗って湯船に入った頃、美姫が恥ずかしそうに胸と下を押さえて登場。
そのまま向こうを向いて、しゃがみ込んで体を洗いはじめる。
湯船を出て、後ろから近づく俺。
泡だらけの体に抱きついて、「俺が洗ってやる」とまずは乳を揉み洗い。

「あーん、くすぐったい」

そのまま腹を撫でて、いざ!と思ったらやっぱり「ダメ!」。
ここで怒らせてもしょうがないので諦めて湯船に戻る根性なしな俺。

「向こう向いてて!」

はぁ、下を洗うんですね・・・。
シャワーの音が止まったら、「恥ずかしくて死にそう。目を瞑ってて」と言いながら湯船に入ってくる美姫。
向かい合わせに座って目と目が合って・・・そのままキス&乳揉み。
いつの間にか後ろから抱きかかえる体勢。
それでもまだ下は徹底的にガードされる。
右手を取って俺の股間に導くと・・・。

「おっきい?!」

(いや、世間的には粗品だと言われるんですけどー)と思いつつも・・・。

「そうかぁ?じゃあ約束してたこと、早速してもらうかな」

その場で立ち上がってみる。
かなり驚きの行動だったようだが、視線は釘付け。

「風呂場でフェラって約束したよね」

「う・・・うん、でもいきなり?」

と言いつつも先っぽにキス。
そのまま根元まで行って裏を通って返ってきてパクリ。
ちょっと歯が当たるのも新鮮だった。

風呂を出ようかってときも、「恥ずかしいから先に出て」と言われ、1人で出てベッドで待機。
バスタオルを巻いて出てくる美姫。
そのままベッドに入ってくる。
布団が湿るから「これは取ろうか」とバスタオルを外して、向こうの方にポイ!
じっとしている美姫にキス。

「ホントに◯◯さんなんだよね?ホントに会えたんだよね」

突然、涙を滲ませる美姫。

「あぁ、俺もようやく会えて嬉しい。俺のために来てくれたんだもんな」

抱き締めてキス。
そのまま胸に移動。
ここまで来てもやっぱり下方面は拒否の姿勢で触らせてくれない。

「どうした?なんで?」

「・・・笑わないでね。絶対に笑わないって約束して」

まさか俺と同じモノが付いているとか言うオチではないよな?
そんな恐ろしい考えが頭をよぎりながら・・・。

「なんで笑うの?せっかくこうして会えたのに。笑うような状況じゃないだろ」

「本当に笑わないでね」と、ようやく足の力を緩めてくれる美姫。

そっと手を伸ばしてみたら・・・どっちが恥ずかしいんだかわからない。
剛毛密集ジャングル状態。
そして、ビショビショドロドロヌルヌル状態。
まぁ、どっちにしろ18歳だと恥ずかしいんだろうなぁ。

「なんで恥ずかしがった?こんなになってくれてるってことは感じてくれてるってことじゃん。笑うどころか男なら誰でも嬉しいぞ」

「本当?私ってすっごいスケベだから。おかしくない?こんなに濡れるのって変じゃない?」

「全然普通!おかしくない。もっと感じてくれていいぞ。ビッショビショに濡らしてみな」

しばらく手マンで遊ばせてもらう。
入り口は狭めでいい感じ。
中のザラザラ感もいい。
早く入れたかったが、もう少し大人のしつこさを教えてやるかと、ここからクンニ開始。

「ダメ、汚いから・・・いや・・・あぁっ・・・いい・・・感じるー」

匂いがないのは助かるが、ちょっと毛が多すぎ!
かき分けかき分けしながらひたすら舐める、吸う、舐める。
声が徐々に大きくなる美姫。
濡れ方もますます激しくなってきた。

「もういい・・・おかしくなりそう」

じゃ俺のも、ってことで攻守交代。
イケるようなフェラではないけど気持ちいい。

さぁ、いよいよ本番だ。
あのザラザラはどんな感じなんだろう?
でも狭い所に入れるのって大変なんだよな、痛がることも多いし。

「そのまま上に乗ってみる?」

「えっ、そんなのしたことない」

「いいから早く!」

「んっ・・・痛っ・・・」

入ってしまったらこっちのものとばかり下からガンガン突き上げる。
俺の腹が波打って大変なことになってる(笑)
そのまま対面座位に。

「どう?気持ちいい?」

「うん、こんなに気持ち良くなるなんて思ってなかった。舐めてもらうのも凄かったけど今も・・・凄く・・・んっ・・・」

正常位に移行して・・・って俺の場合は腹が邪魔するからどうしても屈曲位になってしまうのはご愛敬。
そして、もともとどっちかしか認めないと言ってあったので・・・。

「そろそろイクぞ。中でいいか?口に出すか?」

「中はダメー、赤ちゃんできちゃうー」

「じゃあ、ほれっ」

美姫の口にマイサンを突っ込んで発射。

「んっ、んっ・・・」

「ふぅ・・・そのまま飲んでみて!」

「(無言で首を振る)」

「普通はみんな飲んでくれるけど」

「んん?・・・(ゴックン)苦ぁーい」

その後はしばらくいちゃつきながら田舎の話。
一戦交えた後で緊張もほぐれたのか、よく話す。
処女を捧げた田舎に残っている彼氏の話、初めてのエッチの話、オナニーの話・・・。
と、若かったから再びムクムクしていたマイサンが発見される。

「ねぇ、こんな太いのに慣れちゃったら私のがガバガバになっちゃうよね、やだなぁ」

軽くしごきながら呟く美姫。

「そんなことないって。それよりももう1回舐めてくれない?」

「うん」

そのまま69。
その後はバックから堪能させてもらう。
デカいけど形のいい尻を眺めながら・・・。

「どうだ?気持ちいいか?」

「うんっ・・・いいっ・・・すごく気持ちいい」

「出るところを見てみたい」って言っていたから、屈曲位に戻って、最後は胸にめがけてフィニッシュ。

「いやらしいー」と言いながらもじっと観察。

「いっぱい出てくるー」

「こういうときは女が口で綺麗にするもんだ。さっき飲んだからもう平気だろ?」

18歳のお掃除フェラを堪能。
その後は2人でシャワー浴びてホテルを出て、そのままファミレスに行って遅めの昼飯。

この子は1年くらいセフレキープ。
最初の頃は毎週会ったりしていたが、だんだん間隔が開きはじめて、最後はクリスマス前後の時期。
その日は美姫に気になる人ができたって話になって、俺が適当に話を聞いてたら怒りはじめて終了。
剃毛したり、アナル開発をしたり、色々と楽しませてもらったので感謝。

タイトルとURLをコピーしました