ロケット乳のブスギャルに中出し

この体験談は約 3 分で読めます。

出会い系は無料のほうが釣りやすいよね。
何度かメールしたあと、午後8時に会う約束をした。
ギャルぽいメールだったから少し期待してたけど、車のバックミラーにはなかなかいいスタイルの子が映った。
ただ顔は柳原似・・・。

ブスを車に乗せてドライブ。
お姉さんの家で居候しながらキャバクラで働いてたらしい。
今は無職で今日は家でテレビを見てたと。

途中でたこ焼きを買って公園に入った。

「美味しいね」

誰もいない公園。
会話が続かない。
自動販売機でお茶を買ってくる。

(ケツの形がいいな)

ちっと股間が疼く。

「お茶飲む?」

まわし飲みして少しエッチな感じ。
出会って20分。
寒くなってきたから車の中へ。
一応フリースの毛布があったので掛けてやった。
しばらくすると寝息が・・・。

(えっ?寝たの?)

驚きつつ見ると、しっかり上まで毛布を掛けてる。
シフトレバーが邪魔だが少し近づいてみた。
起きない。
ここまで来て何もしないのも勿体ないと、胸の辺りに手を入れてみた。

(おっ、かなりデカい)

上のボタンが外れてる。
手を入れて弄る。
ロケット乳っぽい。
Eカップはありそう。

「ううん・・・」

見ると、目が開いてた。
起きてたのか。

「寒いからホテルに行く?」と言いつつ車を出したら急にはしゃぎだした。

行きたかったのかよ!

部屋に入ると何も言わずに風呂にお湯を張る。
なんか手慣れてる。
それにしても派手な下着。
ゴールドかよ!
予想通りにロケット乳だった。
これは希少品。
さて下は・・・。

(あれ?パイパン?)

そう思うくらい、超薄い。
とか思ってたら下を脱がされていく俺。
そのまま吸い付いてきた。

「まだ洗ってないよ。汚いよ」

「気持ち良いでしょ?」

フェラが上手い。
このままと思いきや、「ちょっと待っててね」と風呂に。

(え、一緒にじゃないの?)

それから30分。
風呂が長え!
俺は裸になってベッドに入った。
思わず寝そうになったとき、バスタオルで巻いたブスが登場。
なんで化粧してるんだよ。
俺は枕元のスイッチで室内照明を暗くした。

「恥ずかしいの?よく見えないよ?」

「お前の顔を見たくねえからだよ」と言いたかったが、もちろん言わない。

布団を捲ってチンポに吸い付いてきた。
会ってまだ1時間くらい。
すぐに元気になった。
いきなり挿入。
それも生。
ハスキーボイスで喘ぐブス。
揺れるロケット乳を見てたら思わず出しちまった。

「今日は安全だからいいよ」とブス。

2回戦はバック。
出した後はパイズリでお掃除。
さすがに3発はキツいんで、布団に入って少しイチャイチャしてみる。
・・・真っ正面は厳しい。
照明を落としてロケット乳を揉む。
これはいい。
パイパンは生まれつきらしい。
肌もきれいだ。

「いつもすぐにホテルに行くの?」

「いつもは行かない」

(ウソつけ!)

驚いたことにパトロンがいるらしい。
50オーバーのジジイらしい。
朝イチに起きて、眠ってるブスを置いて車を出した。
最後まで読んでくれた奴サンクス!

タイトルとURLをコピーしました