妻の元彼を自宅に泊めてセックスを聞かせた

この体験談は約 4 分で読めます。

私は48歳で普通の会社員です。
妻は佳子、38歳、専業主婦をしています。
ちょうど結婚10年目を迎えました。

もともと妻は私と同じ会社に勤めており、同期の高木くん(38歳)と付き合っていました。
彼が大阪支店から福岡支店に転勤になり、遠距離恋愛中にささいなことから喧嘩になって別れた隙に妻の身体を強引に奪ったのをきっかけに結婚したのです。

Sの私はMの妻を時間をかけて調教していきました。
夜の公園や山道で露出させることからはじまり、今では深夜のアダルトショップで私に衣服を剥ぎ取られて、下着姿や全裸を店員やお客さんに晒されることに私も妻も興奮します。

そんな妻を私以外の男とセックスさせたいと思うようになってきました。
しかしなかなか首を縦に振りません。

「佳子、誰かとセックスしてみろよ?」

「知らない人とセックスするなんて嫌だわ」

「じゃあ誰とだったらいいの?」

妻は少し考えてポツリと言いました。

「・・・高木くん」

妻の初体験は大学2回生の時。
相手は当時付き合っていた男で、処女喪失以後は私に身体を奪われるまで男を知りません。
高木くんとの2年間の恋愛期間中も、行為としては2~3回の軽いキスだけだったそうです。
現在、高木くんはまだ独身で、福岡支社で係長をしています。

「来月の安全日はいつ?佳子は妊娠しにくい体質だけど」

「最後の週末なら大丈夫だと思う。ねえ・・・本当にするの?」

「当然だよ!来月の会議を調整して高木くんを福岡から呼ぶ。そしてその夜、彼を家に呼ぶからな」

寝取らせ計画は簡単に決まりました。
1ヶ月後、会議を終えて駅から自宅に向かって私と高木くんは歩いていました。

「課長のお宅に呼んで頂いてありがとうございます」

「今夜は佳子の手料理で一杯飲もう」

「はい。ご馳走になります」

「佳子に会うのは10年ぶりかな?結婚式以来だろ?佳子も変わったと思うよ」

「そうなんですか?」

「夜の営みを色々教え込んだから」

「えっ・・・」

「まぁ会えばわかる」

家に着きチャイムを押しました。

「は~い。あなたお帰りなさい」

玄関のドアを開けた妻の姿に高木くんは驚いていました。
シースルーのブラウスはその下のブラが透けて見え、ブラも同じく透けて乳首も薄く見えるのです。
ミニスカートも少し屈めば下着が見えるほど短いものでした。
妻は戸惑う高木くんをリビングに案内しました。
リビングにはすでにお酒の準備ができており、高木くんの対面に私たち夫婦が座り、酒宴がはじまりました。
話題が尽きると高木くんの視線は妻の胸元と股間に注がれます。
ショーツはブラと同じ透け感なので、ソファーに座っている妻のミニスカートから陰毛が見えているはずです。
高木くんに視姦されて妻の頬が赤く染まっていきます。

「高木くん、今夜は泊まっててよ」

「いえ、課長。ご迷惑ですから・・・」

「高木さん、今お布団の準備をするから、主人の相手をしていて」

妻が2階の寝室の隣の和室に布団を敷きに行きました。

「佳子は変わっただろう?」

「いえ、お若くてお綺麗です」

「前より色っぽくなっただろう?」

「そうですね・・・」

「じつは佳子は露出するのが好きでね。アダルトショップで全裸を店員やお客に見られて濡らす変態なんだ」

「・・・」

「何を話してるの~?」

妻が笑顔でリビングに戻ってきました。

「佳子の話さ」

「エッチな話じゃないでしょうね?」

「少しね・・・」

「も~。高木さん、主人のバカな話は程々にして、あなたもお風呂に入ってきたら?」

「そうするか」

3人別々にお風呂を済ませ、私たちはベッドに入りました。
隣の和室には高木くんが横になっているはずです。
和室と寝室は声が筒抜けになるので、彼には私たちがベッドに入ったのがわかるはずです。
私は妻の耳元で小さな声で言いました。

「はじめるぞ」

「本当にするの?どうなっても知らないから・・・」

「ちゃんと隣に聞こえるようにな」

全裸になった妻の全身に普段と同じように愛撫を加えていきました。
妻の股間に顔埋めてピンクローターでクリトリスを責めます。

「ああ・・・ダメ・・・高木さんに聞こえちゃう・・・あああああ・・・」

「彼に恥ずかしいところを見られて濡らしてたんだろう?」

「あああ・・・そう・・・濡れてたわ。だって・・・あああ・・・高木さんったら・・・私の乳首やおまんこを見つめるの・・・あああ・・・イキそう・・・イッちゃう・・・早く・・・挿れて・・・オチンチンを挿れてぇ~」

妻の脚を大きく広げ、ビンビンに硬くなったチンポをおまんこに入れて腰を打ち込みました。

「ああああ・・・あなた・・・すごい・・・いつもより激しいわ・・・イッちゃう・・・イクッ・・・イクッ・・・イク~ぅぅぅぅぅぅ~」

イキやすい妻はすぐに1度目の絶頂を迎えました。
妻がイッたことなどお構いなしに激しくピストンを繰り返します。

「ダメ~、またイッちゃうぅぅぅぅぅ・・・」

妻は何度となく絶頂を迎えて息も絶え絶えです。

「隣で高木くんが佳子の声を聞いてるぞ」

「いや・・・恥ずかしい・・・」

「佳子、高木くんとセックスしてみないか?」

私は腰を振りながら彼に聞こえるように言いました。

「あああ・・・高木さんと・・・セックスするの?・・・でも・・・彼が・・・」

「佳子は彼とセックスしたいんだろ?」

「・・・あああ・・・したい・・・高木さんのオチンチンでおまんこを突いて欲しい・・・」

「だったら高木くんにお願いしてみろよ」

「・・・高木さん・・・私を抱いて・・・おまんこして・・・」

「・・・」

「高木くん、佳子を頼む」

「はい。お願いします」

和室から壁越しに返事がありました。
佳子のおまんこからチンポを抜いてやると、ベッドから立ち上がって私に笑顔で言いました。

「ごめんね、あなた。・・・じゃあ聞いててね」

隣の和室から2人の声が丸聞こえです。
キスの音まではっきり聞こえます。

「すごい、高木くんの大きい。それにすごく硬い・・・咥えていい?」

チュバチュバとフェラしているようです。

「ねぇ・・・もう挿れてもいい?」

妻が騎乗位で繋がるようです。

「んんんぅぅぅ・・・大きい・・・ああ・・・奥まで届いちゃうぅぅぅぅぅ・・・ああ、気持ちいい、壊れちゃうぅ・・・」

隣の和室からは朝まで妻の喘ぎ声が聞こえていました。

タイトルとURLをコピーしました