水泳部の合宿中に女子がしてくれた手コキとフェラ

この体験談は約 3 分で読めます。

今から10年前くらいのことです。
高校2年の夏の水泳部合宿で、僕は初めて女の子のあそこにペニスを挿れました。
そのときの話をします。

僕の通っていた高校は西日本の県立高校でしたが水泳部が結構強い学校でした。
子供の頃からスイミングスクールに通っていた僕は、部活を選ぶときも迷いなく水泳部にしたのですが、さすが水泳の名門校だけあって部員も多く、練習はかなり厳しいものでした。
共学だったので、水泳部の練習も男子女子一緒でした。

そしてその水泳部で結構ポイントだったのは、男子女子ともに白の競泳水着だったことです。
男子はもちろん競泳パンツ、女子も結構ハイレグのワンピース。
当然、男子も女子もそれぞれの象徴とも言える部分がくっきりと強調されます。
特に男子はサポーターを穿かずに競泳パンツを直穿きしていたので、袋やペニスの形が丸わかりだったりします。

話が長くなっちゃいました。
すみません、急ぎます。

毎年、夏休みには部の夏合宿があって、約2週間、男子と女子が県のスポーツセンターに泊まり込んで集中的に練習をします。
毎日、午前と午後に3時間ずつ、はっきり言ってものすごく厳しい猛特訓です。
練習でヘトヘトになる毎日でしたが、そこは元気な高校生男子のこと、普段のように好きにオナニーすることもできず、日に日に競泳パンツの前が張り裂けるくらい膨らんでいくように感じていました。

そんなある日、同じ学年のK子と練習の合間にプールサイドでおしゃべりをしていました。
K子はショートカットでボーイッシュな感じだけど、ちょっと広末に似てる可愛い子で、僕は前から結構気になっていました。

K子「ねえ、N君(僕です)、男子ってそんなに小っちゃくてピッチリした水着を穿いてて、モヤモヤしてきたらヤバくない?」

僕「そうだね、たまにあるよ。K子を見てるときとか(笑)」

K子「えー!マジ?私もN君がプールサイドを歩いてるときとかよく見てるんだ。『N君、結構、大きくない?』って思ったりしてるよ。アレって立ってるの?」

僕「なわけないじゃん!普通だって!」

K子「へー、そうなんだ。普通なのにあんなに大きいの?女子はみんな、N君が一番すごいって言ってるよ。先輩たちも」

僕「女子がみんな、そんなとこ見てるわけ?」

K子「そうだよ。番付があるくらい(笑)」

そんな話をしている間に僕の股間がいきり立ってきたのは言うまでもありません。
だんだん硬く大きくなっていく競泳パンツのもっこりを、K子がキラキラする目で見つめていました。

K子「でも私、まだ一度も大きくなった男子のあれを見たことはないんだよね・・・」

それから10分後、僕とK子が女子部の部屋で水着姿のままディープキスを交わし、おずおずとお互いのカラダを無であっていました。
僕は白い競泳水着の上からK子の乳首を指先で撫で回しました。
K子の乳首は水着の上からでもわかるほどピクンと硬くなっていて、僕の指先が触れるたびにK子の喘ぎが荒くなりました。

K子「N君っ!いいっ、感じるっ、すごく気持ちいいっ!」

耳たぶまで赤く染めたK子は短い喘ぎ声をあげながらも、その右手は僕の競泳パンツの上から大きくなった股間をゆっくりと円運動していました。
生まれて初めて女子にペニスを弄ばれる興奮と快感で、僕のいきり立ったペニスは競泳パンツからはみ出してしまいました。

K子「N君、やっぱすごい。男の子ってすごいねっ!」

K子は僕のムケムケの亀頭をとろんとした眼差しで見つめていました。

僕「お願い・・・もう我慢できない」

そう言って僕はK子にペニスに握らせました。

K子「いいよ・・・」

ゆっくりとK子は僕のペニスを上下に動かしはじめました。
それだけでとてつもない快感に襲われました。
僕はそのままイッて終わりにするつもりだったんですが・・・。

K子「してあげるね・・・N君」

次の瞬間、K子が亀頭にチュッとキスをしてくれて、それからゆっくりと唇が亀頭を包んでいきました。
電撃的な快感でした。
思わず、「あーっ!!」と大きな声を上げたのを覚えています。

そして、いくらも時間が経たないうちに、僕は両手でK子の後頭部を押さえて腰を使いはじめていたのです。
時間にして何秒くらいだったのでしょう。
間もなく快感の絶頂に達した僕は、合宿生活で溜まりに溜まっていた濃厚で大量の精液をドクドクとK子の口の中で大爆発させてしまいました。

タイトルとURLをコピーしました