実家が資産家の超お嬢様はドMな若妻だった

この体験談は約 5 分で読めます。

SEとしてまだ駆け出しの頃、配属された客先で悦子と出会った。
その客先は世界有数の大手企業で、やはり大手らしく、女性の社員や派遣社員が多かった。
正社員はいかにもコネで入った感じの実家が資産家らしいお嬢様。
ただし美貌には不自由な人ばかりだった。

その反面、女性派遣社員は粒揃いで、並以下のルックスの人など皆無だった。
その中で俺は悦子という女性に惹かれた。

俺と悦子の席は離れてはいたが、俺の席の真横にコピー&FAX&プリンタの大型複合機があった為、しょっちゅう悦子が俺の横を通っており、それで俺の目に入った形である。

身長は157センチくらい。
かなり明るめのライトブラウンに染めたストレートロングヘアで、肩甲骨の下辺りまで伸びており、いつも甘く爽やかなコロンの香りをまとっていた。
芸能人で言えば、杉原杏璃にかなり似ており、唯一の相違点はおっぱいが貧相であったこと(笑)
オッパイが小さい為か全体的なスタイルも、“線”と言ってもいいくらい華奢だった。
年齢も27歳ぐらいだと思っていた。

ある時、悦子が複合機の調子が悪いらしく、困った顔をして右往左往していた。
ちょうどトイレから帰ってきた俺は、「調子悪いんですか?」と自然な会話から、複合機を強制リセットさせて復旧した。
それがきっかけで悦子とは色々話すようになった。
たとえば会議用の資料を何十部も刷るまでの間とか、悦子は俺の横に立って世間話をしながら印刷が終わるのを待っていたりとか。
その会話の中で、残念なことに既に超一流企業の男性と結婚していることを知った。
まだ子供はいないらしい。
お酒が好きとの情報を得て、俺も酒好きなので、「今度飲みに行こう」という話になった。

今、考えてみればよく話に乗ってきたな?っと思ったが、最初から2人で飲みに行った。
しかも商業テナントビルの最上階フロアにあるダイニングバーで、綺麗な夜景を見ながらワインをガブ飲みした。
その効果もあってか、かなり際どい話も聞くことができた。

・旦那は超一流企業に勤めているだけあって家に帰って来るのは毎晩遅く、ただ眠りに帰って来ているだけに近い状態なこと。
・よって夜の夫婦生活は月1くらい。
・その月1の夫婦生活も、旦那が早漏なので三擦り半。正直不満。
・実は悦子の実家は有数の資産家で、誰もが知っている大手出版企業の共同創設者の一族。
・悦子の父はムコ養子で、仕事もせずに毎日遊び歩いているらしい。
・悦子が超名門女子高に通ってたJKの頃、深夜に突然、悦子の部屋のドアが開き、父の取引先の御曹司が入ってきて、「悦子、この人はパパの大事な取引先企業の若社長だ。だからこの人とキスをしなさい」と強制され、イヤイヤながらも従ってしまったこと。
・それ以来、横柄な男の人になぜか惹かれてしまうこと。

・・・結構衝撃的な内容だった。
取引先の御曹司の件は、キスだけで終わったはずはなく、そこで処女を失ったのだと思う。
ちょっと突っ込んで聞いてみたところ、やっぱり悦子は口を濁した。
見た目はお嬢様然としているのに、M度満点の変態というのもビックリした。

実は、悦子のことを気に入っているのは俺だけではなく、そのデータセンターを運用している未婚のセンター長(言うまでもなく巨大企業のエリート)も悦子のことを気に入っていた。
なので俺の横で悦子がしゃべっていると、俺たちの会話に割り込んでくることが多々あった。

で、そのセンター長の上司(上長)も悦子のことを大のお気に入りにしていた。
これは悦子の口から聞いたのだが、悦子、センター長、上長で飲みに行き、二次会は3人でカラオケBOXに行ったそうだ。
そこで上長は悦子の身体をベタベタと撫で回しまくっていたらしいのだが、センター長はサラリーマンとしての力関係からか上長に一切注意できず、ただひたすら見て見ぬフリをして、1人で連続してカラオケを歌っていたそうだ。
そしてMっ気満点の悦子は強引な上長の誘いを断り切れず、そのままホテルに連れ込まれ、やられてしまったと。

その話をしている間、悦子の瞳はうるうると輝き、とても嫌な経験を話しているようではなかった。
とくとくと話すその様子は俺に、(今夜はイケる!)という確信を与えてくれた。

2人で生ビール6杯、ワインフルボトルを2本飲んで、そこそこ良い気分で酔った2人はエレベータに乗った。
俺はわざと1階ではなく、地下の駐車場を押した。
地下駐車場に降り、景色が違うことに戸惑いを見せる悦子の手を引っ張り、暗闇に連れ込んだ。

「え、ここどこ?帰り道じゃないじゃない!」

憮然とした言い草の悦子。

「いいじゃん!その上司に抱かれたんでしょ!俺だって悦子のことが好きなんだよ!この気持ち、どうしてくれるんだよ!」

俺はわざと攻撃的な物言いにした。
いつもは「悦ちゃん」と呼んでいるのに、このときは「悦子」と呼び捨てにした。
悦子は動揺し、しどろもどろの口調になった。

「え!?え!?そーだったの?ごめんなさい。え・・・え・・・私、どうしたら?」

俺はすかさず言った。

「俺にもやらせろよ!ほら、俺のペニスこんなになっちゃってるんだから!」

俺は悦子の口を塞ぎ、悦子の細い手を俺の股間に持っていってペニスを弄らせた。

「くふぅっ、いやぁん」

イヤイヤする悦子を力ずくで抱き締める。
俺の読み通りだった。
男のパワーで抱き締めると悦子のマゾ体質が花開いた。
ヘナヘナと崩れ落ちるように悦子の全身から力が抜けていく。
俺は倒れないように抱きかかえながら悦子の口へ舌を入れ、そして悦子の舌を吸い、激しいディープキスを継続した。

「俺はお前が欲しい。わかってるね?」

「・・・はい。私を好きにして下さい・・・」

ぶっちゃけ、(真性マゾって凄いな・・・)と思った。
こんな押せ押せモードで簡単に落ちるのかと。
杉並区に450坪の豪邸を持っている超お嬢様は、本当に呆気なかった。
俺はそのままタクシーで安いラブホテルに連れ込んだ。

真夏でたっぷり汗をかいていたにも関わらず、シャワーなど一切浴びず、貪るようにお互いの服を脱がせ、ベッドに倒れこんだ。
激しくディープキスをしながら全身を撫で回す。
Cカップほどだが、ツンと上を向いた形の良い美乳を、ピンク色の乳首を吸いながらちょっと強めに揉みしだいてやると、悦子はM気質を全開にして歓喜の声をあげた。
悦子が暗くした照明を俺は最大に戻し、布団を剥がした。
白く華奢で全然崩れていないボディに男の喜びを感じた。
まるで子供のような足が小さいせいで(21.5cm)、まるで中学生を抱いているかのような錯覚に陥る。
ロリコン気質もある俺はより一層興奮し、両足を掴んで持ち上げた。
シャワーも浴びてないその足指を舐める為だ!

「いや!汚いからやめて!」

悦子が叫ぶ。
それでもお構いなしに子供のような足指をしゃぶる。
少し納豆のようなネバネバ感があったが匂いは全然なかった。
パンストこそ履いていたが、サンダルだったからだろう。
そこからの悦子は、もうメスそのものだった!

タイトルとURLをコピーしました