彼氏持ちのエステティシャンと施術室でシックスナイン

この体験談は約 4 分で読めます。

俺の友人に小さなメンズエステ店を経営している女性がいる。
マイと言って、まだ24歳だがデキる女だ。
もともとは女性用のエステで働いていたのだが、「これからは男も美を追求する時代!」と気合いを入れてオープンさせたのだ。
以前働いていたエステでは営業成績もトップで、女性客もかなりついていたのに、まさかのメンズエステにビックリである。
理由を聞くと、「女性の世界は色々と面倒なこともあって・・・」ということだった。
まあ分からんでもない。

そんなマイから急に連絡があり、バイトをしてくれないかと頼まれた。
聞けば男性社員が風邪で倒れたとのこと。
まあ男性社員と言ってもマイの彼氏なんだが。
やはり男性客を相手にしていると、女性1人で店にいるのは危険だということくらいは知っているようで。
しかもマイはそんなに気が強いほうではない。

「何もしなくていいから、知り合いの男性スタッフに近くにいて欲しい」とのことだった。

まあそういうことなら仕方がないと思い、俺はOKした。

「今日は予約が沢山あるから助かった!ありがとうね。バイト代弾むよー!」

マイも安心したようだ。
しかしである。
マイの店に着いた頃、なんとも怪しい雲行きになってきた。
さっきまでの太陽の光が一気に消えて薄暗くなってきたと思ったら、とんでもない雨と風が襲ってきた。
すぐに収まるかと思ったが、一向に止まないどころか雷まで鳴り始めた。
まるで嵐だ。

電話が鳴った。
なんとなく覚悟はしていた。
その電話は予約のキャンセルだった。
こんな天気ではお客さんを責めるわけにはいかない。
俺も厳しいだろうなと感じていた。
それからも天気は一向に回復の兆しを見せない。
キャンセルの電話ばかり。
全ての予約が取り消しになってしまったと言ってもいいだろう。
マイが俺に謝ってきた。
と言ってもこんな状況だからしょうがないだろうし、別に謝ることはないと慰めた。
しかしマイの真面目さがそれを許さなかった。

「バイト代はちゃんと払うから」

「いや、売り上げもないでしょ。いいよ、バイト代なしで」

「でも、それじゃあ悪すぎるから何か・・・」

責任感の強いマイのために俺は提案した。

「じゃあせっかくだから、俺に脂肪吸引マッサージをしてよ」

「え、そんなことなら全然いいよ!」

これで話はついた。

マイに「これに着替えて」と渡されたのは紙パンツだった。
正直、戸惑ったが、まあ相手はマイなので堂々と紙パンツ一丁になった。

ベッドに仰向けになるとマイが体にクリームを塗ってきた。
最初はお腹近辺に塗っていたが、次第にマイの手が下腹部に近づいてくる。
ローライズな紙パンツの中に指が入りそうな勢いだ。
その時点で俺のムスコは一気に勃ってしまった。
これは不可抗力だ。
マイはチラチラと胸の谷間を見せながらだし、スカートもスリットが入っていてエロく見えてしまう。

「ちょっと!なんで大きくしてるのよ!バカ!」

「しょうがないでしょ!なんなら1回ヌイてよ」

マイは『バカじゃないの!』という顔で睨んできたが、俺が「やらないならバイト代をもらうよ」と言うと、ちょっと考えだした。

「分かった・・・。1回だけだよ・・・」

マイはゆっくりと紙パンツを脱がしてムスコをそっとしごいた。

「ねえ、どうせならフェラしてよ」

「フェラなんて贅沢よ!」

「バイト代・・・」

「わかったって」

バイト代が切り札となった。
マイが俺のカチカチの肉棒をしゃぶる。
胸の谷間を眺めながらのフェラは最高だ。
マイの手にはさっき俺に塗ったクリームが残っていて、滑りがいいからなおさら気持ちいい。
マイに手コキとフェラを同時にしてもらうように頼み、俺もマイのスカートの中に手を入れてお尻の割れ目を擦った。

「あぁぁん、もう・・・くすぐったくてフェラできないから・・・!」

「じゃあここだな」

俺はお尻の割れ目から手を股間に持ってきて、パンティの上からクリトリスを弄った。

「あぅん・・・あん・・・!それもフェラ・・・できないから・・・あぁぁ・・・」

マイの手と口が止まりつつあったので、俺はマイの体を引き寄せて俺の顔に跨ぐように指示を出した。
マイの股間が目の前に来た。
マイはそれでもフェラを続けてくれた。
俺もマイのパンティを脱がしてクリトリスを舌先で弄る。
シックスナイン状態だ。
クンニが始まるとマイのエッチな声が響いた。

「あぁぁ・・・!あぁん・・・あん!イヤぁん・・・!」

もう外の嵐の音などどうでもいいくらいに俺とマイは興奮していた。
マイのお尻を弄りながらクンニを続ける。

「あはぁぁぁん・・・!だ、ダメ・・・!あんん・・・!」

さっきよりも悶えが大きくなり、濡れ具合が半端なくなってきている。
そのままお尻とクリトリスへの攻撃を続けていたら、マイの体がピクピクしてきた。

「あぁ!あぁぁ!も、もうダメ・・・!あんん・・・ヤバい・・・!イク・・・」

マイは最後、絶叫してイッた。
俺の上に寝そべってぐったりしていたので、さらにクンニを続けた。
するとマイは逃げるように俺から離れようとした。

「いやぁ!ダメダメ・・・!あぁぁぁんん・・・!」

一度イッてクリトリスが敏感になりすぎたのだろう。
ベッドから落ちそうになるマイを支えつつ、俺はベッドから下りて、マイにお尻を突き出させてバックから挿入した。

「あぁぁぁぁ・・・気持ちいい・・・!あんんん・・・!」

マイの胸を揉みながら思いっきりピストンをする俺。
マイのいやらしい声も手伝ってムスコの興奮が上がってきた。
俺は「中に出す」と宣言して、勢いよくマイの中に精子を出した。

「ハァん・・・おチンチンがドクドク言ってる・・・あんんん・・・」

結局、その日は最後まで客は来ず、マイとエッチしに行ったようなものだった。
そして次の日も彼氏の風邪が治らなかったので、また俺がバイトに。
その日は天気も回復して、昨日のお客さんも来てくれたので、改めてバイト代と終わってからのエッチを頂いた。

タイトルとURLをコピーしました