レースフェチの部下に妻を抱かせています

この体験談は約 5 分で読めます。

私は妻が他人に犯される姿を想像すると極度に興奮します。
妻は現在42歳ですがプロポーションはまだ大変美しく、周りの人にいつも羨ましがられています。
最近、私は妻が他人に犯されているところを見たくなり、会社の部下にお願いして妻のセックスパートナーに1回だけなってもらえるようにお願いしました。

彼は32歳の独身で、以前から妻は彼に興味があり、私にもよく話していました。
彼も会うたびに、「先輩の奥さんは本当に綺麗ですね」と言ってくれていたので、すぐにOKをもらうことができました。

彼を自宅に呼んで食事をすることを妻に話すと、何も知らない妻は喜び、当日はいつも以上の手料理を用意し、洋服にも気合いが入っていました。
食事が終わり、3人でソファーに座ってお酒を飲みながら話しているとき、彼が「先輩は奥様みたいな綺麗な方をお持ちで羨ましいです」と言うので、私が彼に「家内はキミのことが好きみたいだよ」と言うと妻は赤面していました。

今がチャンスだと思い、彼に合図をしてから、私はたばこを買いに外に出たふりをして、庭にまわって部屋の中を見ていました。
彼は妻の横に座り、なにか真剣に話していましたが、突然妻の手を握り、スカートの裾を捲ろうとしました。
最初こそ妻は抵抗していましたが、お酒の勢いもあってか、やがて目をつぶりキスがはじまりました。
彼の手が妻のスカートを少しずつ捲り上げていくと、私が見たこともない純白の綺麗なレースが施されたスリップが覗き、彼の手は妻の局部に達しようとしていました。
その時、妻の悩ましい声が聞こえてきました。

「主人が帰ってくるからダメ」

そう言って妻は一度は彼から離れましたが、彼が強引に妻を抱き寄せ、ワンピースを無理やり脱がせました。
真っ白なスリップに包まれた妻は妖精のように美しく見え、私は興奮しました。
妻もその気になったのか、彼の股間に手を持っていき、優しく触りはじめました。
彼の一物が大きくなり、妻は彼のズボンを下ろして一物を出すと両手で握り、彼の顔を虚ろな目で見ながらゆっくりと口に含み、浅く深くを繰り返しながら、時々舌で玉まで舐めていました。
その時の妻の表情はもう獣とか言いようがなく、いやらしい音が外まで聞こえてきました。

彼はイキそうになったようで、バトンタッチして今度は妻を寝かせると、アソコを丁寧に舐めはじめました。

「ア~ン、アン」

妻の息遣い荒くなり、体が軽く痙攣しているのが見えました。
妻が部下に犯されているのを間近に見て私の興奮は最高潮になって、我慢できずに玄関まで戻りました。
居間に続くドアに手で押したとき、妻がこちらを向いて立ちバックで突かれていました。

「いい、当たる、すごい!」

狂ったように喘いでいる妻と目が合いました。
驚いた妻は目を見開き、申し訳なさそうな顔をしていましたが、私は優しく頷き、「いいよ」と言いました。

それから私はソファーで2人のプレイを存分に観察しました。
立ったままバックから彼は激しく突くと、妻は狂ったようになって、「イク~、もっと、いい、ア~ン」とイキ果てました。
次に正常位になり彼が突きはじめると、なんと妻も合わせて腰を上下に動かし、「またイク、もっと強く、お願い、◯◯君、もっと!」と言ってお互い激しく腰をぶつけ合っていました。
数分後に彼もイキそうになったようで、「奥さん、イキそう」と言うと、獣になった妻は「中に出して!中に!」と叫んで同時にイッたようでした。

ビックリしたことに、その後、妻は彼の一物を口に含み、丁寧に舐めはじめました。
すぐにまた彼のモノが大きくなると、今度は自分から彼の上に乗ってピストン運動をはじめました。
その姿に私は最高の興奮を覚え、自己処理をしてしまいました。

セックスが終わると、彼は気を利かしてすぐに帰りました。
その夜は妻と最高のセックスができました。
寝る前に妻は「ごめんね」と言った後、「あんなに感じたのは初めて」と恥ずかしそうに言いました。
そんな妻に、私はまた激しく興奮してしまいました。

その後、妻に私の性癖を話すと理解してくれ、今では月2回くらい、彼を家に呼んで妻を犯してもらっています。
私は最高の興奮を覚えていました。

今夜も彼が来ると妻に伝えると、下着から洋服までオシャレをして待っていました。
今日はレースの綺麗なスリップを着用していますが、夫の私ですら、こんな綺麗な妻のスリップ姿を見たことはありません。
以前に彼からレースフェチだと聞いて、わざわざ買ったようです。

彼がいつものようにやってきて、みんなでソファーでお酒を飲んでいました。
やや短い妻のタイトスカートから時々スリップのレースが覗き、彼も意識して見ているようで、一物が大きくなっているのがわかりました。
妻もそれに気づいたようで、「スリップが見えたかしら」と彼を挑発し、一物をズボンの上から触りはじめました。
彼は妻のスカートを少し捲くり、スリップを触ります。
さらに一物が大きくなると、妻はズボンのファスナーを下げて取り出し、用意していたローションをたっぷりつけて優しく両手で包み込みました。
それで手を上下されるとよほど感じるのか、彼は反り返るようにして声をあげています。
ほんの数分で彼はイキそうになり、優しく咥えた妻の口内に出してしまいました。

攻守交代して、今度は彼が妻のスカートを脱がし、パンティを下ろし、ローションを妻のアソコにいっぱいつけて指先で優しく触りはじめました。
初めての刺激に妻も異常に感じたようで、悩ましい声で「最高。イキそう」と言っていました。
数分後には1回目の絶叫に達したようで、「お願い、早く入れて」と彼におねだりしていました。

スリップを腰まで捲り上げられ、お尻を高々と上げバックから挿入された瞬間、妻は今までに聞いたことのないような声を出して感じていました。

「当たる、すごい!」

そう喘ぎながら自からも前後に動き、「ア~ン、ダメ、イク、もっと」と声がますます激しくなっていきます。
私の股間はもうはち切れんばかりに膨らんでいました。
彼も妻の声と姿に興奮しているようです。

「奥さん、もう出そう」

「今日は大丈夫な日だから中にいっぱいちょうだい」

息を切らしながら妻が言ったと同時に彼は妻の中でイキ、その直後に妻も絶頂に達しました。
そのわずか数分後、今度は妻が彼の上に乗り、自分の手で彼の一物を自分のアソコに導き、ゆっくりと上下に動きはじめました。
徐々に動きが速くなり、体を揺らしながら髪の毛をかき分ける妻の姿は最高にいやらしく、動きに合わせて、「あ~ん、いい、最高!」となんとも言えない声で叫びます。
私のアソコは最高潮となり、ここで思わず自己処理をしてしまいました。

再び絶頂を迎えた妻が彼から下りて、スリップで彼の一物を包み込んでしごきはじめると、彼はすぐにイッてしまいました。
彼は荒い息を整えながら、「奥さん、レースフェチの私には最高のご褒美です」と言って妻を抱き締めていました。

私も妻も彼のセックスにはとても満足しています。
そして彼が帰った後、妻は必ず、私を優しく愛してくれます。

タイトルとURLをコピーしました