お尻の穴を鉛筆でいじめるのが好きな妹

この体験談は約 4 分で読めます。

妹は今年で26歳になり、そろそろ適齢期。
4年も付き合っている彼氏がいて、向こうの家族ともすっかり顔馴染みになっている。
お母さんにもずいぶん可愛がってもらっているらしくて、彼氏との仲も別に悪いわけじゃない。
結婚への障害などありそうもないのに、「しないのか?」と尋ねると、「ん?そのうち、ね」と、あまり乗り気じゃなさそうな返事を繰り返す。

妹は特別美人ってわけじゃないが、そこそこ見れる顔をしていて、愛嬌というか可愛らしさがある。
丸顔のメガネっ娘で、見た目そのまんまのアニヲタ草食系。
小柄で顔も幼く見えるから、つい最近も繁華街で補導されそうになった。
ものすごくオクテで、学生時代は暗い青春を送っていた。
そんな妹に彼氏ができたと知ったときは正直驚いた。
ちゃんとセックスもしているらしいし、もともと家庭的な性格をしているから、すぐにでも結婚するものだと思っていた。
最近俺に子供ができて、「私も赤ちゃんが欲しい・・・かな・・・」とか言い出したので、つい結婚の話になった。

ラブホテルのベッドの中、さっきまで俺の腹の下で身悶えていた26歳になる俺の妹。
小柄なくせにDカップもある胸を手のひらで弄びながら、「シンちゃんじゃだめなわけ?」と聞いてみれば、「だめじゃ・・・ないけど・・・」と煮え切らない答え。
そしてじっとりとした目で俺を見つめたりする。

シンちゃんとは東京のコミケで知り合ったそうだ。
同郷とわかって2人は意気投合。
シンちゃんも草食系だから、お似合いの2人。
でも、なぜか結婚に踏み切らない。

「まさか俺のが欲しいわけじゃないだろうな?」

呆れて言うと、「そんなこと・・・ないけど・・・」と、またまた煮え切らない答えを口にして、今にも泣きそうな顔になる。

確かに体の相性は抜群だもんな。
とにかく肌が馴染むというかジャストフィットするというか、俺も女は何人か知っているが、妹ほど大きな快楽を与えてくれる女にはいまだにお目にかかったことがない。
セックスだけで言えば、嫁なんかとは比べものにもならないほど相性が合うし、互いの性格を知り尽くしているだけに余計な気を遣わなくてすむから、純粋にセックスに没頭できるのが、俺が妹から離れることができない理由のひとつでもある。

そして、それはたぶん妹も同じなのだろう。
ましてや妹には、人には言えない性癖がある。
枕元に放り投げてあったアナルバイブを手にして、「シンちゃんに言えばいいだろ?『お尻でしよう』って」と意地悪く言ってやったら、「言えるわけないでしょ・・・バカ・・・」と、真っ赤な顔になって拗ねられた。

妹が高校3年の時のことだ。
驚かせてやろうと忍び足で部屋に近づき、急に扉を開けたら、妹はベッドの上でお尻を丸出しにして1人遊びの真っ最中。
そして、妹のお尻の穴には新品の鉛筆が突き刺さっていた。
そりゃあもうワンワン泣かれた。
死ぬとまで言い出して、台所に包丁を取りに行こうとしたから・・・。

「どうせ死ぬんなら、その前に兄ちゃんにやらせろ」

と、妹をベッドに押し倒した。
もちろん冗談で、なだめるための方便のつもりだったけど、柔らかいおっぱいを手のひらに包んでしまったら、もう止まらなかった。
妹が「イヤ」と言ったのはたった一度だけ。
それも小さな声で。
俺の胸を押し返そうとしていた腕の力はすぐになくなり、後は、なぜか俺のされるがままになった。
唇を重ねて舌を潜らせていくと、最初は躊躇いがちだったのが次第に濃密に舌を絡めてくるようになった。
妹の中に初めて入ったときは、必死に俺にしがみつきながら、「痛い」とも言わず、一生懸命に唇を噛んでいた。

妹は俺が初めての男だった。
その頃には俺も何人かの女を知っていたけど、あのときのセックスほど脳を焼かれたことはない。
自分でも訳がわからなくなって、俺のモノが埋没していく妹の性器を見つめながら、ただひたすらそこを犯すことしか頭になかった。
辛うじて理性が働いて中には出さなかったが・・・。
放心したようにぐったりと手足を投げ出している妹の目から涙がこぼれ落ちて、「お母さんには言わないよね・・・」と泣かれたときには、さすがに後悔した。

でも、それからも俺たちの関係は続き、俺が結婚した今でも、たまに実家に帰ってきては妹を抱いている。
妹も別に悩んだ素振りも見せず、誘えばすぐについて来るし、今じゃすっかり慣れたもので、一緒にシャワーを浴びれば頼みもしないのに跪いて口で丁寧に洗ってくれたりするから、妹が可愛くて仕方ない。
妹の表情に後悔なんてものは見られないし、そんな妹を見ていると、まだまだ俺との関係を終わらせるつもりがないのがわかる。

「お尻の穴じゃ妊娠しないぞ」

意地悪く言ってみたら、また睨まれた。
妹とするとき、俺はゴムを付けない。
フィニッシュはいつもお尻と決まっているからだ。
温かい精液をお尻で受け止めるのが妹も好きみたいだ。
もちろん、その前にお腹の中は念入りすぎるほど綺麗に洗浄してあるし、その行為もすこぶる好きらしい。
だから、シンちゃんには言えない。

「じゃあ中に出して」

さっきまで泣きそうな顔をしていたくせに、そのときだけしっかりと俺を見つめたりする。
妹の口で念入りに綺麗にしてもらってから2回戦。
バイブをお尻に入れて、妹がお気に入りの2穴責めをしながら、「シンちゃんとどっちがいい?」と愚にもつかない質問をすると、「シンちゃんの方がいい!」と悶えるのも忘れて妹はきっぱり。
ならばもっと頑張りましょうと、さらに深く押し込みながらまた同じ質問をすると、もう妹は息も絶え絶えになって答えられない。
それでもしつこく責めながら「シンちゃんとどっちがいい?」と尋ねると、今度は喘ぎながら、「お兄ちゃんの方がいい・・・」と、やっと可愛らしい答えを返してくれる。

でも、そんなものじゃ許さない。
壊れるほどに腰を叩きつけ、何度も同じことを言わせる。
一旦口に出ししまえば、もう止まらないことを知っている。

「お兄ちゃんのが一番いい!お兄ちゃんとするのが一番気持ちいい!」

あどけない顔をしているくせに狂ったように叫び、夢中でしがみついてくる妹は、やっぱり可愛くて仕方がない。

「欲しいよ・・・欲しいよ・・・」

泣きながら乞われて、激情のおもむくままに中出ししたのが2ヶ月前。
最近、妹からの電話やメールにちょっとだけドキドキしている兄なのであった。

タイトルとURLをコピーしました