教え子の童貞を奪って中出しをさせる精神的快感

この体験談は約 3 分で読めます。

小学校の教師になり、もう17年になります。
結婚はしていません。
かれこれ10年以上、彼氏という存在もいません。
かといってセックスフレンドのような人もいませんので、慢性的な欲求不満に陥っていました。
そんな私がある日を境に元生徒とイケナイ関係を続けているのです。

それはちょうど春休みのことでした。
ある日、私の受け持ったクラスの生徒たちが、彼らが中学2年生に昇級したときに小学校のときのクラス会をやろうということになり、担任だった私も呼ばれました。
その生徒たちの中で、当時は内向的でクラスではさほど目立たない大人しいタイプの子がいました。
当時は線が細いし、優しすぎて心配な生徒だったのですが、立派に中学生らしく振舞っているのを見て、素直に嬉しい気持ちになりました。

そしてクラス会もお開きになり、たまたまその彼と帰り道が一緒だったので、そのまま彼を私のマンションに誘いました。
部屋に入るなり彼に体の関係を迫ると、困った顔をして動揺していましたが、焦れったくなった私が彼をベッドに押し倒して、半分犯すようなセックスで彼の童貞を奪いました。

やっぱり童貞です。
挿入してすぐに私の膣内で射精してしまいました。
それで私が満足するはずもなく、またすぐに復活した彼のペニスを再度、騎乗位で挿入。
でも、ちょっと腰を振るとまた射精してしまい、結局3回ほど上に跨がって挿入しては中出しをさせました。
3回分の大量の精液をすべて膣内で受け止めたという満足感が、私を精神的なエクスタシーに導きました。
もちろん私も、元教え子との妊娠を望んでいるわけではありません。
ただゴムなしで、熱く滾った若いペニスをズブズブ出し入れするのはこの上ない快感ですし、彼が鼻息を荒くして感じながら、最後は・・・。

「せ、せん、先生・・・、ごめんなさい・・・、あっ、俺、俺・・・また出ちゃいます・・・、あぁ・・・」

と叫びながら、私の膣内に大量の精液を放出する姿は、教師と元教え子という背徳感も手伝ってか、ものすごい快感と満足感を私にもたらすのです。

現在も定期的に私のマンションに呼んでは、彼の体力が続く限り、挿入させて中出しをさせています。
一応、今は安全日に中出しをさせていますが、彼にはオナニーを禁止させているので、特に1回目の射精では、濃くて大量の精液が私の膣内に放出されます。
彼が中出ししたあと、膣から止め処なく溢れ出てくる精液を見ると、精神的なエクスタシーが続き、この上ない快感を得ることができるんです。

「先生を妊娠させたいの?」

「ち、違います・・・」

「じゃあ我慢してみなさい」

そう言うと、彼はイキそうになると顔を歪めて苦しそうに我慢します。
それでも最後はやっぱり・・・。

「せ、せん、先生、あ、あ、もう、もう・・・ごめんなさい・・・。イッ、イッちゃういます」

「だめよ、先生妊娠しちゃうでしょ?」

「あ、ごめんなさい・・・イクぅぅぅ」

こんな感じで彼はいつも申し訳なさそうに私の膣内で射精してしまいます。
いつかは彼に内緒で危険日に何度も中出しさせて、妊娠して教師を辞めようと思っています。
もちろん彼を傷つけるつもりはありませんので、妊娠がわかったら彼には何も言わずにひっそり引っ越して、どこか遠くに行って赤ちゃんを産もうと思っています。
もう教師生活にも疲れているので、危険日に彼に中出しさせる日も、そう遠くはないと思います。

タイトルとURLをコピーしました