マッサージAVに出演していた彼女

この体験談は約 5 分で読めます。

付き合っていた彼女がAVの企画モノに出ていました。
春過ぎに夏物を買いに渋谷に1人で行った彼女。
それから妙にエロくなり、使ったことのなかったバイブやローターを持っていて、俺に「これでいじめて欲しい」なんて言い出して・・・。

(なんか変だな、俺が開発したせいか?)

なんて気軽に考えていました。

数ヶ月経って、AV系の検索サイトを巡回していたら、性感マッサージ系のフリービデオに目が留まり、どうせモザイクだろと思いつつ開いたら無修正で、映し出されたのは彼女でした。
その頃、彼女が好んで着ていたブラウスにフレアのミニスカート、外出仕様の髪型(いつもは束ねている)で、縦ロールの肩甲骨辺りまである茶系の髪。
唇の右下にあるホクロ。
彼女以外の何者でもありません。

最初はウェディング向けのエステみたいな進行でカルテを作成しているシーンから始まり、施術用の狭いベッドに向かい、言われるままに服を脱ぎ、ブラとショーツだけの姿で仰向けに横たわる彼女。
軽く触られるようなマッサージを受けてからベッドに座り、肩から腕を解され、再び仰向けになり足先からふくらはぎ、太ももを流れるように撫でられ、太ももから下腹部に掛けて撫でられる中で股間に触れられると、不安そうな表情をする彼女。
肩から胸、脇腹、そして下腹部をオイルを流しながら撫でられ、途中で「オイルで汚れるから」とブラを外され、ショーツも脱がされる彼女。
言葉巧みに話し、ブラもショーツも実際には彼女自身が外して脱いでたけど・・・。
胸付近のマッサージでは乳房の形が変わるほど鷲掴みにされ、乳首を摘ままれ転がされ、唇を緩ませる彼女。
股間の縮れた陰毛にオイルを垂らされ、指で縦筋を何往復もされると、腰を捻り身体をくねらせ・・・。

「それは・・・ちょっと・・・」と言う彼女の声。

どれもこれも彼女でした。

足を開かれてマンコを刺激され、耐えられなくなり股を閉じると股間を叩かれ、股を開くと期待したモザイクはなく・・・。
やや歪んだ大陰唇が開いて、中のピンクの襞が丸見え。
縦筋をかなりの速さで擦られ、喘ぎはじめると指を無造作に挿入し、激しく出し入れすると彼女が喘ぎながら止めようと手を出す。
構わず指を2本、3本と増やして乱暴に出し入れされると、彼女は喘ぎながら震えて身体がガクッガクッとして・・・。

「イッちゃう、イッちゃう、イクっ、い、イクっ、ぁ~あっ」

・・・イッてしまった。
お尻を叩かれて四つん這いにされ、マンコばかりか肛門まで見事に御開帳。
マンコを指で激しく責められると、腕が脱力して身体を支えられず、顔と胸をシーツにつけて伏せる彼女。
お尻を高く突きあげるような姿勢になり、その姿は屈伏したみたいに見え、肛門を完全露出。
開いたマンコからは蜜が流れ出していて、次第に白く濁り始めた。
マッサージ師は最初、右手の指でマンコを責めていたが、今度は左指で肛門を押し始めた。
彼女は一切抵抗することなく、お尻を高く掲げるだけ。
すぐに肛門にも指が入った。
1本、すぐに2本目が入り、中で指を曲げたようで、彼女の身体が一瞬仰け反る。
マイクが彼女の声を拾う。
指の動きに合わせて、「んっ、あっ、ぁん、ぁぁあ、あんっ」と喘いでいる。

マッサージ師は大きなサイズのバイブを取り出して、スイッチを入れると彼女のマンコに宛てがい勢いよく突き入れた。
彼女の身体が反り返り、大きな喘ぎ声と共に潮を吹く。
バイブをマンコに刺したまま細いバイブを肛門にも刺し入れる。
凄い声で彼女は叫び、身体を捻る。
マッサージ師は彼女の身体をバイブが抜けないように押さえつける。

「イク時は言え」

「イキます、イキます。イカせて下さい」

彼女は敬語で叫び、すぐに身体が硬直して、ブルッ、ブルッと震え、ガクガクしながら脱力。
股を開いたまま恥ずかしい部分を露わにして・・・。
カメラは彼女の股間を接写し、そこから流れて、脱力して押し潰された乳房を映し、彼女の恍惚な表情をアップで映し出した。
彼女を知る人間は、他人の空似などではなく、彼女自身だと確信するだろう。

その顔のアップのまま、「おチンチンを下さい。私のだらしないおマンコを突いて下さい」と言う彼女。
顔のアップの画面の端からペニスが現れると、彼女はペニスを咥え、顔を振り始めた。
すぐに口角から泡が出て、涎が流れても口から離さない。

「んぐっんぐっ」と言いながら続ける。

やがて男の手がペニスを握り、彼女は口を開き、舌を出した。
男の手はペニスを扱き、脈動と共に射精。
彼女は全てを自分の口に取り込もうとしていた。
大半は口の中に入ったが、彼女の顔や鼻、唇に飛び散った。
彼女はそれを自分指で口まで運び、舌で舐めながら口の中に入れ、すべて飲み込んだ。

次に映ったのはマッサージ師ではない男だった。
男は彼女のお尻をパチンと叩き、四つん這いにさせると後ろから激しく突き始めた。
彼女の身体が押されるように動き、そのたびに乳房が揺れた。
時々パチン、パチンとお尻を叩き、彼女のお尻に赤い手形がいくつも付いた。
男は突きながら右手を彼女の身体の前から回してクリトリスを強く擦りながら・・・。

「気持ちいいか?」

「気持ちいいです。もうイキそうです」

「まだイクなよ。勝手にイクな」

男はそう言いながらさらに激しくマンコを突き、クリトリスを擦った。

「あっあっ、駄目です。イッちゃいます。あぁイキます、ゴメンなさい」

男に謝りながら彼女はイッた。
男は脱力した彼女の口にペニスを向けてペニスを扱き、彼女の口にペニスを入れると放出した。

「漏らさず全部飲めよ」

彼女は必死の表情で吸い上げていた。
男が離れると、マッサージ師が彼女の身体を起こしてベッドに仁王立ちになり、彼女の顔にペニスを突き付けた。
彼女は躊躇なくマッサージ師のペニスを咥え、長い時間しゃぶり、マッサージ師が彼女の頭を引き寄せて動きを止めると、彼女の喉奥を亀頭で突きながら射精した。
長い時間、そのまま彼女の頭を引き寄せていて、彼女の頭を解放すると、「ぐわぁっ」という声をあげながら彼女はペニスから離れた。

「はぁはぁ・・・」と呼吸を整える彼女を尻目に、マッサージ師は正常位の体勢で彼女に挿入した。

なぜか彼女が痛がっている。
カメラが挿入部分を映した時、その理由がわかった。
マッサージ師のペニスは彼女のアナルを貫いていた。
アナルを激しく攻めた後、抜いたペニスを彼女の口元に持っていき彼女に舐めさせ、彼女の顔に大量の精子を撒き散らした。
そして再び彼女の口にペニスを宛てがうと、彼女はペニスを清めるように舐め続けた。
何度も何度も舐めていました。

やがてマッサージ師が彼女を制した。
そして優しそうな口調で彼女に聞いた。

「今日はどうでしたか?イケましたか?」

「今までに経験したことがないくらい感じて、何回も何回も数え切れないくらいにイッちゃいました。なんでもしますから、またお願いします」

マッサージ師は優しい口調で言いました。

「アンタみたいな精液便所、二度といらんなぁ、マンコもアナルも口も全部使うような淫乱にはもう興味ないわ」

ビデオの最後は泣きじゃくる彼女の姿を映し、お尻を映し、開き気味のアナルを映し、だらしなく開いた膣口を映し、充血して包皮が捲れたクリトリスを映し、泣きじゃくる彼女の髪を掴んで顔を上げさせて、涙と涎と精子で汚れきった顔を映した。

タイトルとURLをコピーしました