俺の姉貴は清々しいほど守銭奴なピンサロ嬢

この体験談は約 4 分で読めます。

俺は風俗で遊ぶのが好きで、バイト代の大半をソープ、ピンサロ、デリヘルなどで使ってしまいます。
ところが先日、昼間から行きつけのピンサロに遊びに行った時のこと。
なんと姉貴が、その店で働いていました。
いつも遊びに出るのが夜だったので、姉貴が出勤している時間と重ならず、それまでは全然気が付かなかったんです。

姉貴「あっ・・・」

俺「あっ・・・」

初めに気が付いたのは姉貴の方で、俺も付いた女の顔を見てビックリ。
2人ともなんと言っていいのやら・・・。
気まずい雰囲気だったんですが、姉貴の方が先に立ち直って席に着きました。

姉貴「よく来るの?」

俺「ま、まあね」

姉貴「どれくらい?」

俺「月に2回くらいかな」

姉貴「なんだ少ないじゃない。週1で来るオヤジもいるよ」

などと言いながら姉貴は制服を脱ぎ始めました。
この店はいわゆる花びら回転システムで、女の子が次々に入れ替わってフェラしてくれるんです。
しかも、席に着くなり、話もそこそこに丸裸になってサービスを開始するという過激な店でした。
姉貴も1分と経たないうちにミニのワンピースを手早く脱いで、ブラとパンティを外すとスッポンポンに。

俺「ち、ちょっと・・・姉貴」

姉貴「お金、払ったんでしょ?」

俺「・・・そりゃ払ったけどさ」

姉貴「じゃあアンタはお客じゃない?」

俺「そうだけどさ、本当にやる気なのかよ?」

姉貴「変な子ね。ここがどういう店か知ってるでしょ?」

俺「・・・」

姉貴「お金さえ払ってくれれば誰のチンポでもしゃぶるわよ」

ニヤニヤ笑いながら姉貴は平然とそんな事を言って、俺のベルトを外し始めたんです。
ピンサロで付いた女が姉貴とわかり、まだショックから立ち直れてなかった俺ですが、すっかりピンサロのホステスになりきっている姉貴に、ムクムクと勃起させてしまいました。

姉貴「あら元気ね。それじゃあ失礼しま~す!」

そう言うと姉貴は俺のチンポを濡れティッシュで拭いて、「あむっ、んっんっ・・・」と、いきなりしゃぶり始めたんです。
何度も遊びに来てるので、ここがそういう店だとはわかっていますが、相手が姉貴だというのがいまだに信じられません。

姉貴「どう、気持ちいい?お客なんだから楽しまなきゃ」

俺「くぅう~、姉貴たまんねぇ」

姉貴「何言ってんのよ、まだこれからでしょう・・・うっうぐ・・・んぐぅ」

まだ始まったばかりだというのに、すぐに姉貴のフェラはジュポッジュポッと唾液を絡めて吸い上げるエグいやり方に変わりました。
その店の売りでもある、バキュームフェラです。
これでもかと強烈に吸い上げながら裏筋やカリ首を舐めてくるんです。

(やっぱり姉貴もやるんだ・・・)

そう思いながら、確かに金を払ってるんだから楽しまなきゃ損だと思いました。

俺「ううっ、姉貴ぃ・・・69やってよ」

姉貴「ん、ぐぅっ、ぐっ・・・んはぁ・・・本気で言ってるの?」

俺「何だよ、楽しめって言ったのは姉貴じゃんか」

姉貴「だからって調子に乗らないでよね」

俺「乗ってないよ。ちゃんと金は払ってるぞ」

姉貴「はいはい、料金分たっぷりサービスしてあげるわ」

この店ではリクエストすると、大半の女の子が69のサービスに応じてくれます。
理性が吹っ飛んでしまった俺は、姉貴のマンコをしっかり拝んで、他のホステスにしてるみたいにベロベロとマンコを舐め回してやると決めました。
姉貴も自分で楽しめと言ってしまった手前、俺が69のリクエストをすると少し鼻白んでましたが、すぐに狭いボックス席で股をおっ広げて顔を跨いできました。

姉貴「・・・んっ、んぐっ・・・うぅん、んぐっ・・・ふぐぅ・・・」

薄暗い照明の中でしたが、姉貴のマンコをじっくりと観察させてもらいました。
両手の親指でビラビラを思い切り広げ、クリトリスや膣の中まで覗き込んでやると、姉貴が俺のチンポをしゃぶりながらマンコをぐいぐい押しつけてきます。
別に恥ずかしがってそうしてるわけじゃなくて、完全に俺のことをピンサロに遊びに来た客として扱ってる感じでした。

それから約10分間、俺も姉貴も無言のまま69を続けました。
2人とも姉貴でもなければ弟でもなく、ピンサロのホステスとその客としていつも通りに遊び、いつもの通りに仕事をする。

「姉貴がこんな女だったなんてな」

「何よ、悪い?アンタだってここの店の常連のくせに」

「金さえ出せば・・・か?」

「そうよ。ここはチンポしゃぶってなんぼの店だもん」

短い時間で目いっぱい楽しませる花びら回転システムなので、アナルも遠慮せずに舐めまくってやりました。

「羞恥心の欠片もねぇよな~。ほれほれ」

「やってくれるじゃない、この変態小僧。私も負けないわよ」

姉貴は大して驚きもせずに黙って俺のチンポをしゃぶり続けます。
もう慣れてるんだろうなと思うと、貫禄さえ感じました(笑)
お互い意地の張り合いみたいになって、どっちの方がスケベか競い合ってるような感じです。

「ちょっとくらい恥ずかしがれよ・・・ったく」

「ほら、早く出しちゃいなさい。残り時間が少ないわよ」

「うわっ、姉貴・・・最高っ」

発射した精液をティッシュに吐き出すと、姉貴はそそくさと後始末をして、ミニの制服に戻りました。

「本日はクミがお相手をさせて頂きました。またお待ちしてますぅ」

他の女の子もそうするんですが、甘えた声で決まり文句の挨拶をしてから出勤日が書かれた名刺を渡されます。

俺「それ、本気で言ってんの?」

姉貴「もちろん。お金さえ払えば誰のチンポでもしゃぶるって言ったでしょ」

プレイ後で、平然と言ってのけた姉貴。

俺「親父でもか?」

姉貴「う~ん、店に来たらね・・・。でも内緒にしといてよ」

俺「・・・どうしよっかな?w」

姉貴「お願い、またやってあげるから」

俺「え、タダで?」

姉貴「ダメ!ちゃんとお金は払って」

時間になって次の女の子が来るまでの間に、そんな話をしました。

それからというもの、家に両親がいない時は、姉貴に1発2千円の激安料金で抜いてもらっています。
『家族割引』だと言っていますが、守銭奴の姉貴は5千円も出せばゴム付きで本番もやらせるし、安全日には8千円で中出しもさせてくれます。

タイトルとURLをコピーしました