メル友に携帯で聞かせながら浴衣姿のJKをレイプ

この体験談は約 5 分で読めます。

私(30歳)には、エリ(22歳らしい)というメル友がいて、会ったり写メを送ったりはしないんですが、メールエッチとかテレエッチとかを1年くらい続けています。

先週の仕事帰り22時頃、そんなに混んでない電車に乗っていると、花火帰りらしい浴衣姿の女子高生風が3人乗ってきました。
そのうち2人の子は美人系で、特に一番背の高い子は170センチ近くあり、美味しそうなスタイルでした。
私は座っていて、彼女たちはすぐそばのドア前に立っておしゃべりしていました。
ムラムラした私はエリにメールしました。

『今、目の前にすげえ美味しそうな浴衣女がいる。犯りて~』

エリは仕事が終わって家だったらしく、すぐに返信が来ました。

『もうエッチなんだから~。痴漢したくなっちゃった?』

エリはMで、私達はよく痴漢とかレイプっぽいイメージプレイをやっています。
だからこのアブノーマルっぽいメールにもエリはちゃんと応えてくれました。
エリも背が高いと聞いてたので・・・。

『エリみたいな大柄の子だよ!50センチ前にいる。マジそそる~』

そんな変態メールをされてるとも知らず、楽しそうにおしゃべりしている浴衣女たち。
まず1人(あんま可愛くない子)が降り、会話から大柄の子が次の駅で降りてしまうことが判明。
そのとき、私に悪戯心が芽生えました。

(ちょっと後をつけてみちゃおうか!別にナニをしようというわけではないけど、ちょっとアブノーマルっぽいことをして、それをエリにメールで送って、今夜のテレエッチで盛り上がろう)

ただのヘタレリーマンである私にとっては、その子をちょっと尾行するだけでも大興奮な行為に思えました。
さっそくその旨をエリにメール。

『ちょっと~ホントに?ヤバイよ~』

『平気だよ。そんな接近しないって』

2人ともそそるのでどっちの子をつけるか迷ったのですが(もう1人はギャル系で、黒い肌にピンクの浴衣)、ギャルはもし見つかったらうるさそうだったので、やっぱり大柄の水色の浴衣の子にしました。

自分が降りる駅よりも3つ前でしたが、水色と一緒に降りて、10メートルくらい離れて改札を出ました。
歩きながら、メールを見るふりをして後ろ姿を写メ。
迎えはなく、1人で線路沿いを歩いています。
時々携帯を見たりして、歩く速さは遅め。
私も妙な興奮に包まれながら、エリにさっきの写メと実況をメールしました。

『今、角曲がった。人がすくない』
『国道のほうの道に行った』

エリの反応は・・・。

『ウソ~。もうヤバイって・・・』
『あたしもすごいドキドキしてきた・・・ヤバイよ~』

やたらとヤバイを連発しますが、エリも結構興奮してくれているようです。
そろそろ潮時かなと思った頃、国道に出ました。
かなりの交通量でうるさいのですが、畑や閉まっている店ばかりで人はいません。
浴衣娘は国道沿いを歩いているのですが、歩道が狭いので時々店の駐車場内を歩いたりもしています。

(これって・・・)

『なんか犯せそうな気がする』

『え!?冗談でしょ?落ち着いて、ね?』

『すげえ興奮してきた。マジやるかも』

興奮で頭の中が真っ白になりつつも、冷静な自分もいました。
浴衣娘が大型ベビー用品店の駐車場の見えにくいところに来た時、私の体は勝手に動いていました。
後ろから覆いかぶさるように押し倒しました。

浴衣娘は大きな悲鳴は上げませんでしたが、「・・・え!?ちょ!?何!?うそ!?」と混乱した言葉を口走りました。

手首を捻り上げて、「騒ぐと殺すぞ。仲間もいるぞ!」と低く言うと、明らかにビビったのが伝わってきて抵抗が弱くなりました。
私は、もしも歩行者が通ると気づかれると思い、浴衣娘の腕と腰を掴んで引きずるように店舗の裏側に連れて行きました。
その途中で自分の携帯を出して、ワンタッチダイヤルでエリに電話をかけました。
エリはすぐに出たようですが、私は話しかけずに浴衣娘を壁に向けて立たせ、携帯はそばに置きました。
エリの声が聞こえますが、何を言っているかはわかりません。

私は浴衣娘の後ろから抱きつくようにして、右手で胸を左手で下半身を弄りました。
大柄のムチムチした体がたまりません。
すぐに浴衣の中に手を入れ、上下の下着をずらして触りまくりました。
浴衣娘は大声は出さないものの、「いやっ・・・待って・・・ちょっと・・・お願い・・・」などと言い続けています。
私は、「あ~、この体」と言いながら浴衣の尻にズボン越しのモノを押し付けました。
それらの声や物音を聞いて状況を把握したのでしょう、携帯からエリの焦ったような呼びかけが聞こえます。
浴衣娘も気になるのか、体をよじらせながら携帯に何度か視線を向けていました。

浴衣娘のうなじにキスしながらクリを集中して弄ると、だんだん割れ目がヌルってきました。
急いでズボンのチャックを下ろしてモノを取り出すと、浴衣娘はそれに気づいたようで、今までになく激しく抵抗してきました。
大柄なのでなかなか厄介でしたが、強く押さえつけて浴衣を捲り上げ、モノを当てました。
そして携帯のエリにも聞こえるように大きな声で「入れるぞ!」と言って、一気に挿入しました。
携帯の向こうから、「ひんっ・・・!」という黄色い声が聞こえたような気がしましたが、すぐに浴衣娘の「・・・んやあぁぁっ・・・うそっ」という声にかき消されました。

興奮した私は夢中で腰を振っていました。
途中で浴衣娘の様子が変わり、重心が私の方に傾いたかと思うと、ガクガクッと腰が落ちました。
脱力して立たなそうだったので、少し離れたところの段差に手をつかせ、四つん這いっぽくさせて、携帯をすぐ横に置きました。
脱力した浴衣娘は手を折り曲げるようにして段差に上半身を突っ伏したので、顔のすぐ横に携帯が来る形になりました。

ピストンしながら浴衣娘に覆いかぶさって顔を近づけると、携帯からリエの声が聞こえます。
明らかにエリはオナニーしていました。
しかも、かなり夢中で。
まさに一心不乱という感じです。

思わず「興奮するだろっ!」と叫ぶと、「ひんっ・・・はぁはぁ・・・興奮するぅ・・・」とエリの声。

訳が分からない様子の浴衣娘の表情と荒い息に私も限界が近づきます。

「出すぞっ・・・中に出すぞっ」

いつもエリとのプレイの最後で言う台詞を私は発しました。
浴衣娘は、「え?・・・いや・・・待って・・・」と言いながら弱い抵抗を見せましたが、夢にまで見たシチュエーションに私は大興奮していました。

「妊娠しろっ・・・」

「待って・・・待って・・・」

浴衣娘が振り向いて目が合った瞬間、私は発射しました。
間違いなく人生で最高の射精だったと思います。
発射した瞬間、浴衣娘は固まったまま目を瞑り、「・・・やあぁぁぁぁぁん・・・待っっ・・・」と呻きながら崩れ落ちました。
そしてその直後にエリの、「・・・ひああぁぁぁぁん!!!」という絶叫。
しばらく抜かずに荒い息のまま浴衣娘に密着してました。

しばらくして我に返り、“ヤバいことしてしまった”という気持ちが出てきました。
モノを抜くと浴衣娘は力なくしゃがみ込みました。
浴衣は汗で変色し、帯の周りに丸まっています。
そして私の精液が太ももに垂れています。
とりあえず携帯の通話を切り、呆然としている浴衣娘の写メを撮りました。
2、3枚撮ると浴衣娘もハッと気づき、慌てて体を隠そうとしましたが、近づいてさらに顔入りで撮り、「誰かにしゃべったら・・・分かるよね?」と言うと弱々しく頷きました。

浴衣娘はポーチみたいなのを持っていて、見ると中にタオルみたいなのが入ってたので、ポンと投げてやると下半身を拭き始めました。
無言で身繕いをしてる浴衣娘に、「あと10分は動くな。仲間が近くで見張ってるからな」と言い、早歩きでその場から立ち去りました。

駅に着いて携帯を見るとエリからメールが来ていました。

『どうなった?ホントに知らない子なの?え、中に出しちゃったの?ヤバイって~』

エリも混乱しているようでしたが、さっき撮った写メを送ると本当のレイプだと伝わったようです。

『ヤバイよ、犯罪だよ』

『お前だってオナりまくってたじゃん。共犯だからな』

エリは素に戻ってかなり引いていました。
それでも家に帰ってから電話すると、さっきはかなり興奮したことを白状して、そこからテレエッチになだれ込みました。

以上が人生初のレイプ体験です。
あのときの射精感は忘れられません。

タイトルとURLをコピーしました