JSの従妹に「オナニーを見たい」とせがまれて

この体験談は約 3 分で読めます。

夏休みにJSの従妹の『ふみ』がうちにお泊まりに来た。
当時、俺は中学生。
自分の部屋でマンガを読んでいると、ふみが部屋にやって来ました。

「かずにぃ、ちょっと知りたいんだけど聞いていい?」

「何?」

「男の子のオナニーって、どうやってするの?」

「はっ、何言ってんの?」

「どうやってするのかって聞いてるんだけど?」

「そんなこと俺に聞くなよ」

「だって、お友達の◯◯ちゃんが、自分のお兄ちゃんがオナニーしてるの見たってみんなに。だからどんなことするか知りたいんだもん」

「その子に教えてもらえよ」

「自慢ばっかで教えてくれないの。『自分で見てみれば?』って。『そうしたらわかる』って」

ふみは1人っ子で兄弟もいなかったので、俺に聞いたら教えてくれると思ったそうです。

「ふみはオナニーすんのか?」

「たまに・・・」

「たまにしてんだ(笑)。ふみも6年生だからそれくらいはするよな」

「かずにぃもするの?」

「ほとんど毎日するよ」

「毎日?」

「あぁ毎日だな」

「今日もするの?」

「たぶんな」

「いつ?どこで?」

「って覗く気かよ」

「だって・・・オナニー見たいもん」

「覗かれるのがわかっててするわけないだろ」

「ケチ・・・。今からしてよ、見てるから」

「はぁっ?お前バカか?なんで見せなきゃなんないわけ?」

「だって見たいんだもん。私って変かな?」

そんな押し問答を続けているうち、諦めの悪いふみが提案してきました。

「それじゃあ、ズボンの上からでいいから。マネだけならいいでしょ?」

あまりにもしつこく言うので、結構ズボンの上からマネだけならっていうことになりました。

「こんな感じで握ってこんな風に動かすんだ・・・」

「かずにぃ、立ってる?なんか大きくなってない?」

「べっ、別にいいだろ」

「マネでも立っちゃうんだ」

「マネったって・・・」

スウェット1枚の上からでもはっきりわかるほどフルに立ってるのでどうにもならず・・・。

「そのまま精液だしたらパンツが大変だよ。ちゃんとやったほうがいいよ」

「そんなことするかよ!もう終わり」

「ちょっと触らせて・・・あっ、硬くなってる」

「ちょ、触んな、スケベ」

「こうやって動かすと気持ちいいの?」

JSの従妹が俺のアソコを握ってシコシコと手コキしてきました。

「あっ、バカっ、やめろって」

「見てもいい?」

「バカ、やめろっ」

「いいじゃん、見せてよ」

「もう知らねぇぞ。びっくりすんなよ」

思いきってパンツを下げて、フル勃起しているモノをふみに見せつけました。

「おっきい~!こんなになるんだぁ」

「ここまで見せたんだから触ってみろよ」

「やったぁ!こう?なんか熱いんだね」

その頃はまだ半包茎でしたが、すっかり剥けていて今にも弾けそうでした。

「もう精液出そう?出してもいいよ」

「もうダメだ、出る!」

真っ正面で触っていたふみの顔に思いっきり飛びちり、ナチュラルに顔射してしまい、ふみも驚いてポカンとしていました。

「かずにぃ・・・これ精液?おしっこ?」

「・・・精液」

「やったぁ!初めて見たぁ」

「誰にも言うなよ」

「うん、大丈夫。内緒にする」

「髪にも付いてるぞ。早く拭かなきゃ」

「やだぁ~」

JSのくせに早熟すぎる従妹。
その日の夜、ふみが俺の部屋に来ました。

「かずにぃ・・・私のオナニー見てもいいよ」

「ここですんの?」

「うん・・・見てて」

ふみは俺の前でパンツを脱ぐと、オナニーを見せてくれました。
俺も我慢できなくなり、ふみのオナニーを鑑賞しながら相互オナニーすることに。

「ふみ・・・触ってみてもいいか?」

「いいよ、触って」

「すげっ、濡れてる」

「だって・・・」

そのまましばらく触り合っていました。

「やべっ、出る」

「出して」

「あっ」

「いっぱい出たね。ふみも見せたから2人の秘密だね」

なんとも情けない話ですが、従妹とオナニーを見せ合うなんてバカですね。
でも中学時代の夏休みの素敵な思い出になりました。

タイトルとURLをコピーしました