ナンパのおこぼれでゲットしたドMなHカップ娘

この体験談は約 4 分で読めます。

俺(ハル)は24歳の社会人で、会社のフットサルチームに所属している。
これは1年前くらいの話。

サークルで仲がいい先輩2人にスノーボードに誘われた。
目的はナンパだが、人はいいがお世辞にもイケメンとは言えない先輩たち。
俺は先輩たちに比べればマシな方だったので、声をかける役ってことで、頼むから一緒に来てほしいとお願いされた。

先輩から出されたのは、「旅行の費用は全部出すから、出来る限りナンパをして、成功したら先輩たち優先で女子を選ばせて欲しい」と、なんとも自己中な条件だったw

まあ俺も彼女がいなかったので、いいかなってノリでOKした。

しかしスキー場に着き、3組に声をかけたが成功せず・・・。
とりあえず休憩ってことで食事をして、午後も頑張ろうかなって思ってたら、今から滑り始めるって感じの3人組の女子を発見。
そして先輩から、「行け」との命令。

俺「良かったら一緒に滑りませんか?」

女子「教えてくれるならいいですよ」

奇跡の回答が来たw
まだ滑る前だったので3人はゴーグルをしておらず、顔を見た感じだと、2人はしっかりメイクもした今どきの女子。
あとの1人はほぼノーメイクで大人しそうな女子。
スキー場で見るせいか3人とも可愛いと思った。

先輩たちも合流して、適当に雑談をして、それぞれペアに分かれて滑ることになった。
先輩たち優先で女子を選んでもらった結果、予想通り先輩たちは今どきの女子を選び、俺は大人しそうな女子とペアになった。

ペアになった女子の名前はアヤ。
アヤは本当にボード初心者だったので教えながら色々話をした。
大学生で21歳。
俺の家から車で1時間くらいの比較的近い所で一人暮らしをしていた。
他の2人とは同じ大学の同級生で、実はナンパされるのを目的で来ており、全員彼氏募集中とのことw

しばらく滑った後でみんな集まって「この後どうする?」って話になったけど、結構滑って疲れていることもあり、解散することになった。
アヤとは結構話も盛り上がったので、「今度遊びに行こう」と約束をして連絡先を交換した。
先輩たちもペアになった女子と連絡先を交換していた。
帰りの車中では先輩たちからめっちゃ感謝され、俺も役割が果たせたと思いホッとしていた。

それから数日間、俺はアヤとメールでやり取りして、ご飯を食べに行くことになった。
待ち合わせの駅に車で迎え行き、アヤを見てビックリした。
スキー場で見た時はノーメイクで、ニットを被っていたからよく分からなかったが、メイクをしたアヤは、石原さとみ似でめちゃくちゃ可愛かった。
助手席に乗せ、アヤがコートを脱いだらさらにビックリ。
全体的にスリムだが、ニットの上からでもはっきり分かる巨乳で、スタイル抜群。
俺的に過去最高の巨乳はDカップなのだが、それよりも圧倒的に大きい。
失礼だが、アヤの外見にそれほど期待してなかった俺のテンションはMAXになって口説きモードへw

予定変更で、結構いい雰囲気のお店にご飯を食べに行き、俺は車だから飲めないがアヤにはお酒を勧めた。
出来る限りのネタでアヤを笑わせ、どんどんお酒を勧めた。
アヤは勧められたら断れない性格のようで、すごい勢いでお酒を飲んでいた。
さすがにこれ以上飲ませるとヤバそうだったので、会計をしてお店を出た。

アヤ「ハル君が笑わせるから飲みすぎちゃったみたい。なんか視点が合わない・・・」

俺「家まで送るよ。住所を教えて、ナビで行くからさ」

アヤに住所を教えてもらい、ナビに登録してアヤの家にGo!・・・と、理想通りの展開へw
車の中でアヤは寝てしまった。

アヤの家に着いてアヤを起こしたら・・・。

アヤ「うぅぅ・・・。ごめんなさい、寝ちゃってた・・・」

俺「大丈夫?部屋まで一緒に行こうか?」

アヤ「うん・・・」

アヤを部屋まで送り、入った瞬間にキスした。

アヤ「うんん・・・ダメだよ・・・」

そう言いながらもそんなに嫌がっている雰囲気ではなかったので、ディープキスへ。
するとアヤから積極的に舌を入れてくる。
ベッドに行き、アヤの服と下着を脱がす。
裸になったアヤは本当にグラビアアイドル並のスタイルだった。

俺「アヤってめっちゃスタイルいいね。何カップ?」

アヤ「一応Hカップだけど、たぶんもう少し大きい・・・。最近ブラがキツいんだ・・・」

俺「すごいエロい体だね」

褒めながらアヤを責めた。
アヤのアソコを触ったらものすごく濡れているのが分かった。

俺「すごい濡れてるじゃん。感じやすいの?」

アヤ「・・・うん。・・・恥ずかしいよ」

俺「アヤってM?」

アヤ「・・・うん・・・ドM」

俺は責め好きなので、これを聞いて嬉しくなり、手マンとクンニでアヤを責めた。

アヤ「あぁぁん・・・。ハル君、気持ちいい。イク、イッちゃう」

アヤはビックリするくらい感じて、すぐにイッてしまった。

俺「アヤってめっちゃ感じやすいしエロいね。入れるよ」

アヤに挿入した。
俺はサイズは大きめで、スタミナには自信があった。

アヤ「あぁぁん・・・。ハル君の大きくて硬い。気持ちいい・・・イク、イッちゃう」

アヤはまたすぐにイッてしまったが、それからも責め続けた。

アヤ「うぅぅぅ・・・。なんかずーっとイク感じ。何これ・・・初めて・・・気持ちいいぃぃぃ」

アヤはイキ続けて絶頂した。
少し落ち着いてから・・・。

アヤ「ハル君ってエッチ上手だね。私、感じすぎておかしくなっちゃったかも」

俺「俺も満足したよ。アヤって本当にドMで、感じやすいんだね」

この日から俺はアヤと付き合うことになった。
アヤは本当にドMで、俺の言うことはなんでも受け入れてくれる。
ファッションも俺好みの露出が多い服装にさせたw
夏は、アヤの超巨乳が目立つタンクトップ、ノーパン、ミニスカで一緒に出掛けることも多々あるw
みんなにエロい目でジロジロ見られる。
見られることでアヤはめっちゃ感じて濡れるので、場合によってはいきなりラブホやカラオケに行ってセックスすることもあった。
俺としても、アヤを見た後に俺を羨ましい目で見てくるのはすごい優越感だ。

一番興奮したのはプールに一緒に行った時。
俺はあえて小さいビキニを着させた。
アヤの超巨乳が上下左右からはみ出てポロリしまくりw
歩くたびに揺れ、みんなにエロい目でジロジロ見られまくって、アヤがめっちゃ感じてるのが分かる。
帰り道、速攻でラブホに行ってセックスw
この日のセックスがアヤが一番感じてくれたと思う。

アヤとの付き合いは順調で、今年の冬に結婚する予定だ。
ちなみに先輩たちは、あの後1回遊んで、それ以降連絡が取れなくなったとのことw

タイトルとURLをコピーしました