格技場に若い女教師を呼び出して『リンチ』の刑

この体験談は約 6 分で読めます。

中学3年の夏、俺達は無敵だった。
中学校の最上級生になり、校内に恐い者がいないという環境だから、好きなことが何でも出来ると思っていた。
俺達は別に悪かったわけではない。
他校のガラの悪そうな奴等に恐怖し、安い万引きをして自慢し合う程度のレベル・・・。
悪ガキって感じだった。
それでも校内では逆らう奴がいないので俺達は無敵になれたし、悪ぶったりもしていた。

最上級生になっていい気になり始めた6月、俺達の間で『リンチ』と名づけたイジメが流行った。
イジメの対象は、気の弱そうな・・・何かイラっとする奴。

「お前リンチ決定!」といじめる奴を指名して格技場にある柔道部の部室へ連行し、おもちゃの手錠をかけて、天井から吊るしてある柔道着の帯に結びつける。

両手を頭上で拘束し、人間サンドバッグ状態にしてから蹴ったり、腹を殴ったりして遊んだ。
でも、本気で殴ったり蹴ったりする勇気は誰もなかったと思う。
そして最後はズボンとパンツを脱がして、『チンポ晒しの刑』に処するのが定番だった。
本当に毎日が楽しかった。

『リンチ』をするのは同級生の男子が対象だったが、最高に楽しかった『リンチ』は、青◯真由子という国語の先生をリンチした時だった。
青◯は当時25歳の女の先生で、俺らにとって1番身近な大人の女。
屈んだ時に覗き見るブラチラやタイトスカートお尻のラインなど、異性に興味津々だった俺らのちょうどいいオナニーのネタだった。
顔は女子アナの西尾由佳理にちょっと似ていて、なんかエロい気持ちにさせるような先生だった。

7月、俺らの仲間の1人が、「青◯、リンチにかけねぇ?」と言い出した。
理由は授業中に注意されたのがムカついたという他愛ないことだったが、『青◯にリンチする』という言葉が持つ、卑猥な魔力に俺達は魅せられていった。
それは悪ふざけの延長くらいとしか感じていなかった。

「乳揉みする?」
「そりゃ当たり前だろ」

「裸にするとか?」
「いいね、真っ裸にしちまおうぜ」

「マジかよ!かなり見てぇ!」
「マンコ!生マン見てぇ!」

「やべぇ、勃起してきた」
「セックスは?」

「やりたい奴から順番でいいじゃん」
「・・・でも、かなりヤバくねぇ?俺ら逮捕されんぞ」

「平気だろ、写真撮って脅せば」
「どうかなぁ・・・」

「青◯にリンチしたいか、したくないか、ってことでいいじゃん」
「そうそう、俺ら全員逮捕なんてありえねぇよ、絶対有耶無耶になるって!」

そんな会話の後、思い立ったが吉日とばかりに翌日、青◯をリンチすることに決まった。
俺は興奮して眠れなかった。

その日、青◯は紺色のスーツを着ていた。
タイトなスカートがやけに艶かしく見え、数時間後を想像して勃起しっぱなしだった俺。

放課後、俺達は格技場裏に集まった。
集まった人数はなんやかんやで12人。
想像よりも多くて驚いている俺に対し、皆はちょっとしたイベントみたいにはしゃいでいた。
先生とかに見つからないように格技場に忍び込み、柔道部の部室でそれぞれが顔を見られないような工夫を施した。
帽子を深く被りバンダナを口に巻く奴や、サングラスにマスクの奴、変なお面を被っている奴やニット帽にマスクの奴、皆賑やかで楽しそうだった。

まだ顔を隠していない奴が、そこら辺を歩いている1年生の女子に、「格技場の裏に青◯先生のプリントが落ちていたから、青◯先生に教えてあげてよ。『何か大事そうなことが書いてあるプリントだった』って言ってあげて」と、青◯を呼び出すように仕向けた。
偵察係の奴がその1年生の女子の後をつけていく。
俺らはドキドキしながら偵察係の帰りを待った。
しばらくして偵察係が息を切らせながら、「来る!青◯が1人で来るぞ!」と、小声で叫びながら格技場に戻ってきた。

「よし!よし!よし!やるぞっ!」と気合いを入れる俺ら。

何も知らない青◯が、格技場の裏までやって来た。
小窓から周りの様子を窺う。

「誰かいないか?」

「今、誰もいない!」

「よし!いくぞ!」

拉致係の5人が一気に格技場から飛び出し、青◯に飛びつき、しがみつくように抱えて格技場に拉致る。
わずか10秒足らずの早業。
青◯は声を出すことも出来ずに、抱えられながら柔道部の部室に連れ込まれた。
そこからは大人数で青◯を押さえ込み、「声を出したら殺す!」と陳腐な脅迫をした。
そんな陳腐な脅し文句も、12人の覆面男子に圧倒されたのか効果てきめんだった。

小刻みに震える青◯の手首におもちゃの手錠をかけ、そして天井から釣り下がる帯に手錠を結びつけ、青◯をサンドバッグ状態にした。
両手を拘束され自由を奪われた上、12人の覆面男子に取り囲まれた青◯は、かなり恐怖を感じているようだった。

「お前、イラつくからリンチだ!声を少しでも出したら、顔がグッチャグチャになるまで全員でボコ殴りの刑にするからな、分かったか?」

そう言って脅す。
青◯は声を出さずに、見てわかるくらい震えていた。

リンチはすぐに開始された。
青◯のリンチはそれまで同級生の男子にしてきたリンチとは、当たり前だが全く違う。
相手は女、しかも幾度となくオナニーのネタとして登場してきた青◯。
誰ともなく青◯の胸を揉み始める。
12人全員が青◯の体に触りたがった。
俺も必死に青◯の体に手を伸ばし、胸を掴むように揉んだ。
青◯は体をよじりながら、「ヤッ、イヤッ・・・」と小さな声を漏らしていた。

誰かの手がタイトスカートを捲って太ももが露わになる。
もっと見たいとばかりに皆で協力してタイトスカートを限界まで捲り上げた。
パンスト越しの白いパンティが何ともいやらしく、皆奇声を発しながら喜んだ。
勢いのついた俺達は青◯のブラウスを脱がしていく。
青◯が震える声で、「何でこんな事をするのよっ!やめなさい!」と小さく叫んだが、ブラウスを脱がす手は止まらなかった。
ブラウスのボタンを全て外すと、そこには非常に邪魔なキャミソール。
もどかしくイライラしながらキャミソールを引っ張り、捲り上げてようやくブラジャーとご対面できた。

「ヒューッ、もろブラ、ゲット!!」と誰かが奇声を出す。

吊るされた青◯の背後から、キャミソールを捲り上げていた奴が、「ばか、一気に行くぞ、ホラッ!」と言って、ブラジャーをグッとずらし上げ、乳房をもろ出しにした。

「おぉぉぉぉぉ!!すげぇ!!!」

一同がざわめく。
青◯が恥ずかしそうに顔を伏せながら、少し暴れると乳房が柔らかそうに揺れた。
それを見て、「おぉぉぉぉぉ!!」とどよめく俺達。
たぶん俺が一番早かったと思う。
皆が一斉に青◯の乳房に手を伸ばした。
俺は青◯の右側の乳房を鷲掴みにしてムニュムニュと揉んだ。
他の奴に譲るまいと力一杯掴んで揉んだ。
柔らかくて気持ちよかった。

「俺にも揉ませろ!」

「早く変われ!」

「手をどけろ!」

興奮しきった奴らの罵声が降り注いだが、完全無視。
青◯の乳房を揉もうと何本もの手が伸びていた。

「落ち着け!」と誰かが叫ぶが、誰も落ち着かない。

我先にと青◯の柔肌を求める俺達。
誰かの手がタイトスカートを脱がし、パンストごとパンティを脱がそうとする。

「脱がせ!脱がせ!」

怒号の中、青◯の下半身が剥き出しになった。

「おいおいおいおいおい!やべぇ!まじかよ!」

興奮に狂った奴が叫ぶ。
青◯の陰毛をマジマジと皆が凝視した。
青◯は絶望したのかついに泣きが入っていたが、誰も気にかける奴はいなかった。
青◯を全裸と言ってもいい格好にすると、皆が再び我先にと青◯の体に手を伸ばして触りまくった。
俺も乳房を揉み、乳首を弄くり回し、太ももの内側を撫でながらマンコに手を這わした。
しかし、12人全員が満足するまで触る時間はなかった。

「写真撮るぞ!」との声で、とりあえず青◯の体から手を離し、デジカメで何枚もエロい写真を撮影した。

撮影の最中、「誰からレイプする?」との声が上がった。
12人の大半が童貞で、人前でセックスする勇気のある奴はなかなかいない。
その中で野球部の奴が、「じゃあ俺がやる!」と果敢に名乗りを上げた。

「おっしゃ!やれやれ!」

「ぶち込め!」

初めて見る生セックスに期待の声を上げる俺ら。
ぐったりとした青◯を見ながら、「どうする?床でやる?」と聞くと、「このままでいい」と青◯を吊るしたままの挿入を試みる野球部。

「悪いけど、青◯の体を後ろから抱えてくれる?」と野球部がズボンを脱ぎながら誰となしに頼んでくる。

協力的な俺らは、「いいぜ!」と2人がかりで青◯の足を開きながら体を抱え上げる。

「すげぇぇぇ!!モロじゃねぇか!」

奇声を上げる奴らの目の前に晒された青◯のオマンコ。

「青◯のマンコいただき!」と小さく呟く野球部。

ギンギンに勃起した下半身のバットが青◯のマンコにゆっくりと挿入されていく。
青◯は無駄と分かりつつも体をよじりながら、「だめ!やめなさい!」と最後まで抵抗していた。

俺は女のマンコにチンポが入っていく瞬間をしっかりと見ていた。
野球部は、「ああ、ああ・・・」と言いながら腰を振る。
青◯は諦めたのか無言で耐えているようだった。

野球部が青◯のマンコでスッキリとした後、果敢な勇者が2人現れた。
順番に青◯をレイプし、最終的に青◯は3人にレイプされた。
人前でセックスする勇気がなかった俺は、こっそりパンツの中の勃起したチンポをしごき、犯される青◯を見ながらオナニーした。

その後、青◯を再度脅した上で解放した。
青◯は夏休みに入るまで毎日学校に来ていたが、夏休み明けには学校を辞めていた。
夏休み前から、「青◯がレイプされた」という噂が広がり、結構な騒動になった。
しかし青◯が何も言わなかったため、俺らの犯行が表に出ることはなかった。