くっさいホームレスに騎乗位で跨がって

この体験談は約 3 分で読めます。

自分がド変態だという自覚はありました。
でも普通に会社に勤め、結婚をして、普通の主婦として生きてきました。
でも、ついに我慢できなくなってしまったんです。

あれは夫が出張で1ヶ月ほど居ない日でした。
最初の1週間は自制して普通に生活していましたが、2週間目には・・・。

(夫の居ない今こそ、色んなことができる!そう、今しかないのよ!)

私の頭の中で悪魔が囁き、ムラムラと興奮しきった私は、深夜に1人で公園に出かけたんです。
その公園にはホームレスが住み着いていて、私はホームレスにオナニーを見せて犯されるために行ったんです。
公園に着いた時点で、すでに私は淫夢の中を彷徨っているかのように熱とエロスにうなされていました。

(お願い、早く私の恥ずかしいところを見て。そして犯して!)

ひとつのダンボールハウスに近づき、私は中に入ったんです。
悪臭がする室内にいたホームレスは、私を見てびっくりしていました。
でも私は彼を見た瞬間から、もうレイプされたくてどうしようもなくなってしまいました。
私は黙って自分のスカートを捲り、何も身につけていないオマンコをホームレスの前で露出したんです。
そして私は自分のクリトリスを触り、立ったままオナニーしはじめました。

「お、奥さん?」

40代くらいのホームレスはまだ今の状況が理解できないらしく、キョトンとして私のオナニーを見ていました。

「あぁ、見て、私のオナニーを見てください」

「奥さん、ちょっと何してんの?えっ?なんかの悪戯?」

「悪戯なんかじゃありません。私、変態なんです。犯されたいんです」

私がオナニーしながら正直に告白しても、「困ったなぁ。俺なんかとセックスしたってしょうがねーだろう」と、目の前でオマンコを見せているのに妙に冷静なホームレス。

(悔しい。なんでレイプしてくれないの?そんなに私には魅力がないの?)

なんだか私は腹が立ってきたんです。
だって私はオマンコを見せながらオナニーしているんですよ。
それなのにホームレスのオジサンは、襲ってくるどころか困った顔をしてフケの溜まった頭を掻いているんです。
もう悔しくて悔しくて。
私はホームレスを押し倒してズボンを脱がし、チンポを取り出したんです。
垢だらけの本当に臭いチンポ。
でも、その臭くて汚いチンポを舐めると思うと異常なほど興奮してきて、私は思いっきりチンカスだらけのチンポを舐め始めたんです。

「あっ、奥さん困るよぉ、あっあっ」

「ふん。こんなに勃起しちゃって、ホームレスのくせに勃起しちゃって」

「あっ、奥さん、ひどい。そんなひどいことを言いながらフェラしてくるなんてぇ」

本当は私がレイプされたかったのに、なぜか私が肉食系痴女みたくホームレスを逆レイプしちゃってました。
怒りとエロスで頭がパンクしそうなほど燃え上がり、私は激しいフェラチオをし続けました。

「奥さん、そんなにされちゃ、イッちゃうよぉ」

「駄目!まだイッちゃ駄目」

私は臭いチンポを口から離し、ホームレスに跨がって生ちんぽを騎乗位で挿入したんです。

「ああ、入っちまったよ。奥さんのおまんこに入っちまったよぉ」

「そうよ!あんたがレイプしてくれないから、私がアンタを犯すの。生意気でクズなホームレスをイカせてやるの!」

私は激しく腰を振り、ホームレスを逆レイプしました。
無精髭だらけで臭い口にディープキスしながらの騎乗位セックス。

「ほら、スケベなチンポね。ホームレスのくせに勃起してんじゃないわよ」

「ああっ、なんて下品な奥さんなんだ。ああっ、イク、イク~」

私はホームレスを犯して強制射精させてやりました。
大量の精子がオマンコに注入されて、私もようやくちょっと気が済みました。

「はぁはぁ・・・あんた、一体何者なんだよ?」

「なんだっていいでしょ!」

私は怒ったフリをしながらダンボールハウスから出ました。
その帰り道、私はニヤニヤしっぱなし。

(逆レイプしちゃった・・・。くっさいホームレスを犯しちゃった)

ホームレスを犯す楽しみを覚えて、私は自宅に帰りました。

タイトルとURLをコピーしました