6年生の脇毛とおっぱい

この体験談は約 3 分で読めます。

小学校4年生の夏、放課後の委員会活動で、6年生の女子と2人きりで仕事をしていました。
Tシャツからブラが透けてたし、結構でかいオッパイをしていました。
そしたら先輩のTシャツの袖からワキの下が見えました。
薄っすら黒いものが見えてびっくりしました。

「うわ、脇毛だ」

思わず大声を出してしまいました。

そしたら先輩は、「やだ、みんなには内緒にしてよね・・・6年生になると色々成長するんだから」と言いました。

僕はふざけて、「うん、成長してるよねー」と胸を指差して言いました。

そしたら先輩は、「触りたい?いいよ」とあっさりOKしてくれました。

初めて触る6年生のおっぱい。
夢中で揉みました。
もっと柔らかいものを想像してたけど、ゴムマリみたいに弾力がありました。
先輩はニコニコしながら、「大きいでしょー。6年生になるとこんなに大きくなるんだよ」と言いました。

(やっぱ6年生ってすげえな。6年の教室にはこんなおっぱいがあって、毎日見れるんだ)

そう思うと6年の男子が羨ましくなりました。

「脇毛が生えてるのは内緒にしてよ」

「いつから生えたの?」

「んー、わかんない。気がついたら生えてた」

「6年生ってすげえな・・・おっぱいも大人みたい」

「大人だもん・・・でも4年生なら、ここの毛は生えてるでしょ?」

先輩は自分の股間を指差しながら聞いてきました。

「えー!まだ生えてないよ」

僕が言うと先輩はすごいびっくりして、「うそォ!私はもう生えてたよ。ほんとに生えてないか見せて」と言ってきました。
すごい嫌だったけど、おっぱいを触らせてもらったし、パンツを下ろして見せることにしました。
ひょっとすると僕が見せたら、先輩のアソコを見せてもらえるかもしれないと思ったからです。

「うわ・・・なんかおっきいねー」

先輩は瞳をキラキラさせながら、僕の股間を見つめていました。
僕の股間は先輩の胸を揉んで勃起した状態でした。

「4年生になるとこんな大きくなるんだ」

女って男よりエロいと思いました。

「ほんとに生えてないんだね。私なんか4年生で真っ黒だったよ」

「ほんとに生えてんの?見せて」

「えー・・・じゃあ毛だけね」

先輩はトレパンのお腹の部分を持ち上げて、中を覗かせてくれました。
薄っすら生えたマソ毛とパンティに大興奮しました。

「えー、どれどれ。見えないよー」

僕は嘘をついてトレパンを大きく開かせました。

「これ以上はだめ。見せない」

「えー!」

「・・・だって生えてるのがわかればいいでしょ?」

「えー!」

「・・・じゃあ・・・ちょっと触る?」

「うん!」

先輩は僕の右手を両手で摘むと、人差し指だけをアソコに伸ばしました。
マソ毛を触るだけのつもりだったのに、もっと深くの、ぬるっとしたところも触れました。

「もし6年生のカラダに興味があるんだったら、うちに来ない?学校じゃこれ以上はやだ。・・・私も4年生のカラダに興味あるし」

先輩の家に行くことになりました。
家に行くと、先輩の部屋に入り、鍵を掛けて2人きりになりました。
先輩はTシャツとブラを脱いで上半身裸になりました。

「これが6年生のカラダだよ」

先輩は床に仰向けに寝そべってバンザイをしました。
大きなおっぱいと脇毛に興奮して、僕は揉んだり舐めたりしました。
先輩は「くすぐったい」と言っていました。

「次は4年生のカラダを見せて」

パンツを下ろして見せました。

「コリコリしてる・・・硬いね、コチコチ」

玉や竿を触りながら先輩が言いました。

「なんかおしっこ臭いよ。ちゃんと拭いてる?」

「男は拭かないから」

「そうなんだ」

「女のも見たい・・・見せて」

「なんにもないよ・・・男と違って・・・ほら」

パンツを下げると三角地帯に毛が生えていました。
僕は(なんにもないわけはない)と思って、「パンツ脱いで、そこに寝て」と言ったら、本当に脱いで寝てくれました。

「本当になんにもないか調べるから足を広げて」

先輩の両足を開かせるとワレメがありました。

「あ、そっとして」

なるべく優しく触りました。
触ってるうちに濡れてきて、当時の僕はおしっこを漏らしたと思いました。
そして、そのうち触るのも飽きてきてやめました。

「6年生のカラダを見せたんだから、脇毛が生えてるのは内緒だよ」

先輩の家から帰るときにまた言われました。
生まれて初めて女のマンコを触ったので、僕は指の匂いを嗅ぎながら家に帰りました。

タイトルとURLをコピーしました