『天は二物を与えず』を地で行く、激ポチャ名器な人妻

この体験談は約 3 分で読めます。

出会い系サイトで35歳の人妻さんと会うことになった。
メールでのやりとり中に写メをもらえなかったので、容姿はあまり期待できなさそうと思ったが、とりあえず待ち合わせ場所に向かった。
待っていたのは・・・やはりというか案の定、激ポチャで服の上からでもわかる爆乳の人妻さんだった。
つまりハズレ。
逃げるわけにもいかず、仕方なしにファミレスで食事した。

店を出たら少し車を走らせて帰ろうと思ってたんだけど、人妻さんが「まだ時間早いからどっか行きたいな」と言い出した。
気は進まなかったが、ラブホなら時間も潰せるし、テレビでも見ながら部屋でまったりしてればいいかと思ってラブホに入った。
テレビを見ながらベッドでゴロゴロしていたら、人妻さんも俺の横にピッタリ体を密着させてきた。
俺が何もしないと彼女の方から股間を触ってきた。

「ホテル入ったのにしないの?」

「まぁどっちでもいいけど・・・」

俺が返事を濁すと、「旦那がしてくれないから毎日疼いちゃってるの」と言ってズボン下ろしてフニャってるチンポを取り出すと、「美味しそう」と言って咥えてきた。
まったく予想してたかったが、彼女の絶妙な舌使いで、あっという間に勃起させられてしまった。

「めっちゃ上手いな」

「旦那も元彼もセックスはしてくれないけど、いつも口で抜かされてるの」

俺もこのまま口の中に出そうと思ったら、「あなたは口の中に出さないでね」とまるで心を読まれたかのような発言・・・。

彼女は一旦しゃぶるのを止めるとサクサクっと服を脱いで全裸になって、「このまま入れて」とベッドに寝っ転がった。
仕方ないのでそのままゴムをつけずに生でチンポをゆっくり挿入するとギュッとキツく締め付けてきた。

「おぉ、おまんこがすごい締め付けるよ」

そう言うと、あっさり「よく言われる」との返事。
それにしてもチンポを出し入れするたびに強烈な締め付けで、さらに中がキュ、キュっと収縮してくる。

(これは、もしかして俗に言うイソギンチャク名器かも・・・)

そして出し入れに連動して所在なく動き回る垂れた爆乳を鷲掴みにすると、さらに中がギューっとキツく締め付けてくるではないか。
このままでは発射してしまいそうなので一旦小休止すると、「我慢しないでイッていいよ」と言われ、ラストスパート。
思いっきり腰を振りまくって激しく突いて、思わず声を上げて中で大量発射した。
発射している間も最後の一滴まで精子を搾り取るかのようにキュー、キューっと収縮を繰り返す。

イッた後、「すごいおまんこだね」と言うと・・・。

「みんなもっと早くイッちゃうよ。早い人だと入れて1分もしないうちにイッちゃから(笑)」

その後も彼女はまだ満足していなかったみたいで、休む暇なくまたチンポしゃぶられて強引に勃起させられた。
2発目もおまんこに締め付けられて呆気なく中で発射してしまった。

フェラテク、そしておまんこの締め付け具合は文句なし。
というか、一生で1回味わえるかどうかの絶品だった。
どうしても容姿が生理的に受けつけなかったので、その日以来会うことはなかったが、今思い出してもチンポが疼くほどだ。
『天は二物を与えず』とは、まさにこのことか・・・。

タイトルとURLをコピーしました