配達に来た若い女性店員を家に招き入れて

この体験談は約 5 分で読めます。

近所にある農業関係の小売店に、珍しく結構可愛い店員さんがいつの間にやら働くようになっていました。
それまでは祖母の付き添いで行くくらいでしたが、その店員さんが働くようになってからは自分だけでも行くようになりました。

私はお尻派の人間なので、その店員さんのチノパンがパンパンになっているのを見ていつも良からぬ妄想をしていました。
決して細くはない脚でお尻も小尻ではないですが、適度に大きくてムチムチしているのが堪らなく興奮する材料でした。

その日は、お店で結構大きな買い物をしてて、自分の車では持って帰れそうになかったので後で配達をしてもらう事になりました。

そして夕方くらいに店員さんが2人お店の車で持ってきてくれました。
そのうちの1人は俺が可愛いと思っているT子さん。
もう1人も若い店員さん、いつもお店で見かける若い人だが少し気が強そうで、でも顔はこちらも可愛いK子さん。
こんな若い店員さんが2人も配達に来てくれるなんて正直ラッキーだと思ってしまった。
結構大きなものだったので設置に時間もかかり、店員といっても女性だったので俺も少し設置を手伝った。

その後せっかくなのでお茶でもどうぞと家の中に招き入れることにした。
この時既に俺の中ではやらしい妄想で頭の中はいっぱいだった。
本家とは別に別宅になっている離れ家があるのでそっちに招き入れた。
ここなら誰もいないのであわよくば、なんて考えていた。
この時は本当にその程度の考えだった。
別に現実的にどうこうしようなんて考えていなかった。

しかし次の瞬間、気の強そうなK子さんの方にお店から電話がかかってきて、どうもうちの近所の人で来てもらいたいという申し出があったらしく、「近いので少し行ってくる」と言って、そのままT子さんを残して出て行った。

2人きりになった俺はT子さんに、「ここ普段誰も使っていない家なので、あの方が帰ってくるまでゆっくり待ってしていってください」と言って待ってもらうことにした。

夏の暑い日という事もあって、先ほどまで設置作業をしていたT子さんの顔には少し汗が滴っていた。
よほど暑いらしくお店の上着のジッパーを少し下げていたら、見ないふりをしていたがキャミソールっぽい服と胸元が少し見えていた。

「じゃあごゆっくり」と声を掛けて部屋を出るフリをして、その部屋のT子さんの事が気になって少しドアの隙間から覗いていた。

するとT子さんが今は誰も使っていないけど、2段ベッドが置いてあるのでそこの下の段に腰掛けている。
お店の上着を脱いでキャミソールと下はチノパンだけになって、今度は少し疲れたのだろうか横になり始めた。
それから5分くらいすると寝息が聞こえてきた。
どうやら横になってすぐ眠ってしまったみたいだ。

そっと部屋に入り、T子さんのもとへ近づいてみると可愛い顔で寝息を立てている。

自分の家に今気になっている子が寝ている。
そう考えているだけで俺の理性は限界まできていた。

軽く触ったくらいでは起きないようなので調子に乗って、キャミ越しに胸を触ってみる。
プニプニしていていいハリだ。
今度はお尻をチノパンの上から撫でてみる。
見た目以上に柔らかかった。

もう1人の店員が帰ってくるまでになんとかもう少し楽しみたかったのでゆっくりチノパンを下げてみることにした。
そうすると赤いパンツが見えてきた。
この時点で俺のムスコはフル勃起。
最悪起きても大人しそうな子だし、無理やり言いくるめて黙らせればいいと思って、そのまま赤いパンツに顔をうずめた。
もう夢中で鼻を擦りつけていた。

と次の瞬間、さすがに目を覚ましてしまったT子さんが異変に気づいて・・・。

「ちょっと、何やってるんですか?!」

俺は慌てて体に覆い被さり口を押さえた。

「悪いけど貴方の寝ている姿見ていたら我慢できなくなってきた。同僚が帰ってくる時に恥ずかしい姿見られたくなかったら、大人しく1回だけやらせて?」とお願いした。

しかし首を横に振り、体をねじって逃げようとしていた。

「じゃあ仕方ないけどこのままやらせてもらうね」

そう言ってキャミを強引に脱がせて胸を鷲掴みにしてグニグニと力強く揉んだ。
片手で口を押さえていたが、今度は離して両手で胸を持ちながら乳首を吸ってやった。

するとT子さんが・・・。

「お願いやめて、ほんとに困るの」

俺は構わず胸を掴んで吸う事に夢中だった。
覆い被さる俺の体の下で手と足をバタバタとばたつかせてなんとか逃げようとしている。

「今の彼と今度ようやく結婚する事になったの。だからお願いします。入れるのだけはやめてください」

そんな事を聞いて、現在彼女のいなかった俺には逆に嫉妬と悔しさで、ますます入れてやろうという気持ちにしかならなかった。

「だったらいいじゃん。幸せなんだから1回くらいやらせてよ」

そう言って、ますます強く抱き締めて首筋から口元へ舐め回した。

口の中に舌を入れるのだけは頑固として入れさせなかった。
口の力は女性でもそう簡単に開かせる事はできない。
鼻を摘んで口を開かせる事もできたが、早く入れたかったので半分脱げかかっていたチノパンを部屋の奥に投げ捨ててパンツも脱がせた。
綺麗な太ももを必死に動かして俺の侵入を防ごうとしていたが、抵抗虚しく俺のムスコがT子さんの中に入っていった。

「あぁー!」と声にならない声を上げていたが、口を押さえてお構いなしに腰を打ち付けていた。

「どう?彼氏と違う人とやるのもたまにはいいでしょ?」とふざけて話し掛けたりした。

腰を力いっぱい打ち付ける度に、「んっ!んっ!」と声が漏れていた。

すると1階の玄関で、「お邪魔します」とK子が帰ってきた。

T子を迎えにきただけなので玄関から呼ぼうとしていたのだろう。
まだ事の最中だった俺はT子の手を後ろ手で縛り、足首も縛って口はハンカチで声が出せないようにしてその部屋の隣へ連れていった。

「もう1人の店員さん、近くのコンビニに行ってくるので戻ってきたら伝えておいてくださいと言ってました」とK子に嘘をついて、今SEXしていた部屋でK子を待たせることにした。

「分かりました~」と言ったK子を部屋で待たせ、隣の部屋に言ってT子に今度は背中から覆い被さり、寝バックの体勢で挿入。

「もう少しで終わるから大人しくしてろよ」

そう言って、続けてT子のお尻に突きまくった。
やりにくかったので拘束だけは解いて・・・。

「絶対暴れるなよ、隣にバレるぞ」と言って、T子の丸いお尻に何度も打ち付けた。

この子との相性がいいのか、締まり具合が丁度よかった。
何度も打ち付けていると汗と汁で2人共ぐちょぐちょになってきていた。

正常位の体勢にして抱きついて腰を動かしていると・・・。

「ほんとに中だけはやめてください。それなら今日のことは誰にも言いませんから」

そう提案してきた。

「じゃあ中だけはやめてあげるからキスさせて?」

そう言うと今度は口を開けて舌を絡ませてくれました。

「じゃあ中には出さないから絶対に言うなよ、約束出来る?」

首を縦に振り、その間も俺は常に腰を動かしていた。

すぐ隣ではT子の同僚がいるのになんとも異常な状況だ。

念の為に携帯で撮影をして、「嘘ついたらすぐにバラせるようにしておく」とだけ言って、SEXしているうちらの横に携帯を置いた。

今まで以上に激しい音を立てて腰を振り、T子の口に舌を入れて声を出せないようにして、バチンバチンと音と共に絶頂を迎えようとしていた。
そしてT子の太ももに大量の精子をドクンドクンと流した。

終わってからもしばらくはT子と戯れながらキスをしていた。
かなり嫌そうだったが、向こうも早く終わりたいので嫌々舌の侵入を許していた。
T子の服は全てこちらの部屋に持ってきてあったので、それを着て外からいかにも帰ってきたかのように振る舞い、2人は帰っていった。

その後、T子はお店を辞めたのか、居なくなっていた。

今でもあの時のT子のお尻と太ももが忘れられない。