僕の童貞を奪ってくれた小悪魔顔の従姉

この体験談は約 5 分で読めます。

僕が初体験を済ませたのは中2の夏休み、ひとつ年上の従姉とでした。
従姉の名前はミカ。
細いのに胸はそこそこ大きい。
ミカは東京生まれ東京育ちで、逆に僕は田舎暮らし。

毎年、夏休みのお盆になると親戚が僕のばあちゃんの家に集まる。
この年も無事墓参りを終え、みんながばあちゃんの家に集まった。
ばあちゃんの家は民宿を営んでいて、1階は大人数で宴会ができるスペースがある。
大人たちはそこで毎年飲み会を始める。
僕たちもご飯を食べ、外とで遊ぶことにした。
ちっちゃい子供達とサッカーをしたりした。

そのうち喉が渇いたのでジュースを僕とミカで買いに行くことに。
自転車に2ケツして僕がこいでいると、いきなり後ろからミカが僕のアソコを触ってきた。
ズボンの上からではあったが鷲掴みの感じで軽く揉まれた。

「なっ、おい!」

焦ってそう言うとミカは、「ちょっとおっきくなってるじゃん」と小悪魔顔で言ってきた。
実はミカはわざと僕の背中に胸を押し当てていた。
それに僕は反応してしまっていたのだ。

ともあれジュースを買って帰ると大人たちはもうだいぶ出来上がっている様子だった。

するとミカの母親が、「あんたたちは向こうの家に行って遊んでなさい。お母さんたちはこっちで寝るから」と言ってきた。

この民宿の近くにもうひとつばあちゃんの家があり、そこに行けとのこと。
これも毎年のことなので、僕たちは当たり前のようにそっちの家に行った。
ここで寝泊まりするのはいつも僕とミカだけ。
毎年夜中までトランプをしたりして起きてた。
このときも2人でテレビを見たり、トランプをしたりして遊んでいた。

夜もだいぶ深くなり、眠くなってきたので茶の間に布団を敷いて横になった。
テレビを見ているとミカが僕の布団に入ってきた。

「どーしたの?」

「あんたさ、自転車に乗ってるとき勃起してたよね?」

また得意の小悪魔顔で言ってきた。

「いや、勃起はしてないよ!」

僕が恥ずかしがりながらそう言うと、「ちょっと触って!」とミカが僕の手を掴んで自分の胸に持っていった。
僕は驚いたが、初めて触る胸の感触がたまらなくてすぐに勃起してしまった。

「女の子って左右で胸の大きさ違うんだよ。ほら!」

ミカは左右触らせてきた。
確かに違ってたのを覚えてる。
ミカの胸を堪能してると・・・。

「あんたキスしたことある?」

「ないけど」

「やり方、教えてあげよっか」

僕は頷いた。
すると抱きつかれ、ミカが唇をつけてくれた。
次の瞬間、ミカの舌が入ってきた。
ミカの舌が上下左右に動いているのがわかった。
ミカは、「んっ・・・んっ・・・」と声を出していた。
このとき僕のアソコはもう汁を出していた。
数分間ほどキスをした。
ミカを見るともう小悪魔顔ではなく、とろけるような顔で僕を見ていた。

「上脱いで」

ミカに言われ、僕は着ていたTシャツを脱いだ。
するとミカはまたキスをしてきて、少しするとそのまま首を舐めた。
僕は、「あっ・・・」と声が出てしまった。
ミカは無言のまま布団に潜り、首や鎖骨を舐め、ついには乳首を舐めてきた。
ミカは我慢できなくなったのか自分でTシャツを脱いだ。

そして、「おっぱい、見る?」と言ってきた。

もちろん僕は、「見る!」と即答した。

ミカはブラを外して布団を下にずらした。
僕は夢中になって揉んだ。

「もっと優しく揉むの」

ミカが教えてくれたので優しくゆっくり揉むと、「あっ・・・気持ちいい・・・ねぇ、乳首舐めてみて」と言ったので僕はミカの乳首を思うままに舐めた。
乳首が硬く大きくなるのがわかった。
すごく興奮した。

しばらく舐めているとズボンの上から僕のギンギンに硬くなったチンポをミカが擦ってきた。
僕は頭がおかしくなるくらい感じていた。
乳首を舐めるのをやめてミカの顔を見ると、「気持ちいいでしょ?」と言って、また僕の口の中に舌を入れてきた。
僕はもう無意識に腰を動かしていた。

(早く直に触って!)と心の中で言っていた。

するとミカが僕のパンツとズボンを脱がせてきた。
そしてついにミカの手が直接僕の破裂しそうなくらいパンパンに膨張したチンポを握った。
それだけで僕は出そうになってしまった。

「出そう」と言うと、「まだダメだよ!」と手を離された。

「じゃあ次は私のを触って」

そう言いながらミカは自分のズボンとパンツを下ろした。

「見たい!」と僕が言うとミカはM字になり、指で開いて見せてくれた。
ミカのアソコはもうトロトロになっていて、アナルまで汁が垂れていた。

「ここのぽこって膨れてる所がクリトリスで、ここを指で優しく擦ると気持ちいいの。で、ここが穴。ここにチンチンを入れるんだよ」

ミカは丁寧に教えてくれた。

「わかった」

そう言って僕はミカのクリトリスを人差し指で上下にゆっくり擦ってみた。
するとミカがビクッと反応した。
穴にも指を入れてみた。
ねちょねちょしてて少し気持ち悪かった。
奥まで入れるとミカが、「あんっ・・・」と今までと違う声を出した。

「気持ちいいの?」

「うん、ヤバい」

するとミカはまた僕のチンポを握ってシゴき始めた。
僕の真っ赤な亀頭が見え隠れし、ドクドクと汁が出ているのがわかった。

「我慢汁がいっぱい出てるね。舐めてあげる」

ミカが僕のチンポを咥えた瞬間、「あっ!!」と言って僕は大量の精子をミカの口の中に出してしまった。

「んーんー!」とミカが咥えながら言う。

あのときの量は凄かったと思う。
ミカの口からは僕の白濁したドロドロの精子が溢れて顎を伝って垂れていた。
ミカの口の中で僕のまだ硬いチンポが脈を打っていた。
僕は我に返り、「ごめん!」と慌ててチンポを抜いた。
するとミカはゴクッと精子を飲み、「凄い出たね。気持ちよかった?」と笑顔で言ってくれた。
僕は、「うん。初めての感覚。凄い気持ちよかった」と素直に伝えた。

僕はイッたにも関わらず、まだ勃起していた。
するとミカはカバンの中からコンドームを出して、「これ付けて私のここに入れて」と穴を指差し、コンドームの袋を破いた。
ミカが僕のチンポにゴムをはめてくれた。
そして正常位の体位になり、ミカがチンポを掴み、「ここ」と言って穴の入り口に当ててくれた。

ゆっくり腰を前に出すと、亀頭の先にミカの体温が感じられた。
ジュプジュプと音を立てながらミカの中に入っていく。

(これがおまんこか!入れただけでめちゃくちゃ気持ちいい!)

ミカは「あー、ヤバい」と言った後、「ゆっくり腰を動かして」と言った。

僕はおまんこから抜ける寸前まで腰を引き、またゆっくり奥まで突っ込んだ。
奥に当たるとミカは「あっ・・・」と声を出したので、ここが気持ちいいのかと思い、腰を少し引いて今度は強く突いた。
それを何回か繰り返した。
ぱんっぱんっと音がするたびにミカは、「あんっ・・・あんっ・・・」と言って僕の腕を強く握った。
僕はもう我慢できなくなり、激しく腰を振った。

「あー、もっともっと」

僕の首に手を回し、僕の目を見ながらミカは言った。
チンポの根元がミカの汁でグチュグチュになっているのがわかった。
するとミカは、「チューして」と上目遣いで言い、僕の首を引っ張り寄せた。
キスをしながら突くと、「んー・・・んー・・・」と吐息を漏らしていた。
今でもこのシチュエーションを思い出すと凄く興奮する。

「もう・・・出そう」

「出そう?私もイッちゃいそう・・・っん・・・奥に出して」

キスをしながら目を見てミカが言ってきた。
めちゃくちゃ可愛いと思った。
2人とも汗だくになり興奮は絶頂だった。

「わかった・・・はぁはぁ・・・じゃあ出すよ?」

腰を激しく振った。

「ヤバいヤバい!もうダメ!イッちゃう!」

ミカは背中を浮かせながら叫んだ。

「あぁーっ出るっ!!あぁイクっ!!」

ドプッドプッと大量の精子がミカの中で出された。

「はぁはぁ・・・」

2人とも絶頂を迎えて放心状態だった。
ミカの中にはまだ脈を打っている俺のチンポが入ったままだ。

「あったかい・・・ドクドクしてる」

ミカが天井を見ながら言った。
ゆっくり抜くとミカは少しビクッとなった。
コンドームには2回目とは思えないほど濃くて大量の精子が溜まっていた。
ミカは起き上がり、僕のチンポを見てクスッと笑った。
そしてコンドームを抜いて、「これ、飲んでいい?」といつもの小悪魔顔に戻って言った。

タイトルとURLをコピーしました