ボーダーレスな性癖を自覚した夜のこと

この体験談は約 3 分で読めます。

ずいぶん前の話になるが・・・。
大学に入って間もなく、とある喫茶店でアルバイトを始めた。
対応してくれたマスターは実年齢よりは若く見え、優しいジェントルマン風だった。

そんなある日、アルバイト帰りにマスターの家での夕食に誘われた。
梅雨時のちょっと蒸し暑い夜だった。
マスターはマンション暮らしだった。
結婚はしてるが、今は別居中だと聞いていた。

「夕食を用意する間、シャワーでも浴びるといいよ」

着替えもないし遠慮していると、自分のを貸すと言う。

「下着とか新しいし、気にせず使えばいいから」

そこまで言ってもらえると断るのも気が引けて、お言葉に甘えさせていただいた。
シャワーから出ると、新しい下着、シャツ、短パンなどが用意されていた。
下着はぴっちりとしたブリーフだったが、まあいいかと穿かせてもらった。

お酒を飲みながらご馳走になり、大学のこと、お客のことなど、下ネタも交えて色々な話をした。
マスターが年よりずいぶん若く見えるという話になり、ヨガや太極拳を教えてくれるということになった。
お香を焚くなどして、結構本格的な感じがした。
しなやかな体のマスターに比べ、若いが体が硬い僕はあまりうまくポーズが取れない。

「最初からは難しいよ。ストレッチやマッサージなんかでほぐすといいかもね」

マットの上に寝そべる僕にマスターはマッサージをしてくれた。
シャツを脱ぐように言われ、首筋から肩や背中を解していった。
上半身から下半身、太ももやお尻を揉まれているうちに、マットと擦れたこともあるけど僕のモノはすっかり硬くなっていた。
酔いが回っていたからだろうか、そんな状態なのに、恥ずかしいという気持ちよりも、なんだかなすがままの心地よさと、言い知れない期待のようなものに身を任せてみたくなっていた。
そして僕はうつ伏せから仰向けに・・・。

「硬いね、股関節が」

ドキッとした。
両膝を曲げ、股関節を開かれる姿勢で、マスターの両手は僕の内腿から股間に移動し始めた。
自分の呼吸が荒くなった気がした。
僕はもう目を閉じていた。

「ここも硬くなっちゃったね。解してあげるね」

僕はただ頷いて、短パンと下着を脱がすマスターの手に合わせて腰を浮かせていた。
男の人の目の前に裸で横たわる自分。
それもこんなにモノを硬くして・・・。
自分がこんな気持ちになるなんて思いもしなかった。

それからのマスターは僕の全身を撫で、股間に触れ、首筋や乳首に唇を這わせ、身悶える僕の反応を楽しんでいるようだった。
何か自分の中で別な自分を発見した気がした。

やばい、乳首がこんなに感じるなんて。
マスターってホモなんだ・・・。
やられちゃうのかな・・・?
もっと気持ちよくなるならそれでもいい。
それにマスターなら・・・。

酔ってたこともあるんだろうけど、快楽に身を任せる背徳感のようなものに飲み込まれる感覚だった。
乳首を軽く噛まれ、声を漏らす自分にも酔っていたのかもしれない。
こういう世界の扉を開けてしまう期待のほうが勝ったのかもしれない。

いつの間にか裸になっていたマスターは体を合わせ、僕の乳首を弄り、股間をしごきながら耳元で囁いた。

「こういうこと、初めて?」

体をくねらせながら頷く僕。
首筋から胸、下腹部へマスターの口は僕の肌をなぞっていった。
マスターのフェラはとても気持ちよかった。
促されるまま、僕も初めて人のペニスを手にし、口に含んでいた。

(ああ、69を男同士でやるなんて・・・)

それでも快楽に溺れていたいと思った。
僕のほうが先にマスターの口の中で果てた。
すごく出たと思う。
それをマスター飲み干してくれた。
今度は僕が・・・。
体位を変えてマスターは僕の頭を両手で押さえ、「うっ」と漏らし、僕の喉の奥に果てた。
僕は初めて精子を飲み干した。

僕のペニスは一度果てただけではまったく収まってくれそうもなかった。
マスターに抱きつき、僕はそそり立つものをマスターの体に擦り付けていた。

(自分から、男の人に、こんな・・・)

その夜の“初めて”は、まだ続いた。
自分が男のペニスを受け入れたいと思うなんて、夢にも思わなかったのに。
ボーダーレスな性癖を自覚するようになった、そんな初めての夜だった。

タイトルとURLをコピーしました