雨で着物を濡らした華道のお師匠様と連れ込み宿に

この体験談は約 3 分で読めます。

大学に華道サークルがあるのは知っていたけれど、いかんせん自分の中では、女性が多い世界という認識があり、第一線で活躍する方には男性も多いことは後から知りました。

そんなことを教えてくれたのが、お師匠様です。
華道サークルは、月に1回だけ、お師匠様と呼ばれる女性に教えを頂いていました。
お師匠様は50代後半と思われる美しい熟女で、なぜか3回生になって突然サークルに入った右も左も分からない僕をとても可愛がってくれました。
ハサミの入れ方や、バランスの取り方、そして礼儀作法まで、毎回、事細かく教えてくださいました。

お師匠様は、いつも着物姿で、雰囲気に隙がなく、僕にとっては性的な対象ではありませんでした。
熟女が好きな友達に言わせると、「土下座してもヤリたいレベル」らしいのですが、そんな世界を知らない僕の下半身はピクリともせず。

ところが・・・。
あるどしゃぶりの雨の日、お師匠様が傘を忘れてオロオロと立ち尽くしているのを見つけました。
駐車場に向かう途中での雨です。
お師匠様の着物は、僕にはとても高価に見えたので、雨宿りをしようと軒下を探していた僕は、お師匠様に自分のジャケットを被せて手を引いて走りました。
じっとりと絡みつくような夏の雨は、透けた素材のお師匠様の夏着物を官能的に濡らしていました。
束ねられた長い黒髪の一部が乱れ、卵型の美しい輪郭に張り付いていました。
思わず指で髪の乱れを直すと、お師匠様は、僕の指を掴んで悩ましく吸うのでした。
友人が言っていた、熟女の魅力とは、このようなことだったのかと。
何をしても、どんなことをしても、ロマンポルノの純文学的エロさが漂う・・・。
目尻の皺や、ほうれい線まで官能を加速させているように感じました。

胸の丸みが分かる濡れた着物。
このまま剥いでしまったら、お師匠様は年甲斐もなく照れるのだろうか。
僕にしがみついて喘ぐのだろうか・・・。

お師匠様はホテルではなく、裏通りにある“連れ込み宿”と言われる所に僕を誘いました。
何から何まで昭和の香りが僕の下半身に訴えかけてきます。
白い布団が敷かれた狭い畳の部屋に入った途端、しゅるると帯を解き、お師匠様は白い襦袢姿になりました。

「電気、消すわね」

カチリと紐を引っ張ると、雨戸が閉められたその部屋は真っ暗になりました。
手探りで女体らしき柔らかさを突き止め、「見たいです、お師匠様」と無理を言ってみましたが、却下されました。
彼女にとって、重力に逆らえなくなった身体を曝すことほど屈辱的なことはないのだと言います。

若い僕を誘うのだから、そこそこのテクニックや慣れはあるのだろうと思っていましたが、お師匠様は・・・処女そのものでした。
比較的女性にモテて遊び歩いていた僕にとって、それは逆に新鮮で、いつしか彼女がお師匠様だということも忘れ、自分よりも遥かに年上だということにさえ興奮し、彼女の股間に顔を埋めて、まるで貪るように舐めまくっていました。
お師匠様は、そんな行為があることを知らなかったみたいで、「ヒヤー!」と漫画みたいな声を出して、わなわなと暗闇の中で震え、僕に尋ねました。

「これ何?こんなのがあるの?」

「ありますよ。クンニリングスですよ」

(僕がお師匠様に何かを教えるなんて滑稽だな・・・)

そんなことを思いながら暗闇の中で夢中で舌を動かします。
彼女は、これだけでイキそうなくらいびしょびしょで、こんなに古い連れ込み宿では、声も漏れ聞こえるだろうに、激しくいやらしく喘ぎまくっています。

手探りで移動し、今度はお師匠様の口に僕のペニスを不躾にぶち込みました。
少し歯が当たりましたが、僕は彼女の下ろすと胸まであった黒髪を掴み、頭を押さえつけてイラマチオをさせました。

「ああ、もっと教えて・・・」

お師匠様の口から快楽の言葉が漏れます。
次第に目が慣れてきて、あられもないお師匠様が闇に浮かびます。
年相応の少しだけだらしない身体が、僕の屹立したペニスをさらに硬くしました。

もっといじめてみいたい。
もっと乞わせてみたい。
快楽に涎を垂らさせて、「イクイク」とすがりつかせてみたい。

僕の欲望とお師匠様の探究心は、それから何時間も続きました。

タイトルとURLをコピーしました