下宿学生に聞こえるように妻とセックスしていたら

この体験談は約 7 分で読めます。

少し前の出来事です。

妻が小学校の頃に妻の両親が始めたのは学生向けの下宿でした。
近くに高校があり、場所的にも最適だったことや、近所でも数軒の家が下宿を始めたことがきっかけだったようです。
もともと妻の実家は地主で、敷地も広く家も大きかったので環境が整っていたんだと思います。

妻も幼い頃は「お兄ちゃんがいっぱい!」と喜んだそうですが、思春期になると凄く嫌だったようです。

そして妻が高校3年の時に妻の父親が病で亡くなったんです。
しかし保険金やもともと地主だったことで生活に不自由することはなく、妻は短大まで進み就職。
家業は母親が1人で切り盛りし(下宿の学生は3人ほど)、妻は休みの日や帰宅後に手伝っていたんです。
やがて俺と知り合い、妻が27歳の時に結婚。
俺が婿養子として橋本家に入ったんです。

橋本家に入って、初めて学生と暮らしはじめると驚きの連続でした。
“母屋”(俺達が住む居住空間)と“離れ”(学生が住んでいる部屋)に分かれているとは言え、風呂は一緒で母屋と離れの中間に位置し、トイレも別々でしたが混み合っていると母屋のトイレに学生が来ることも度々でした。
食堂も一緒で(当たり前ですが)、同じテーブルで食べることもあります。
そんな感じで毎日顔を合わせるうちに学生たちと親しくなり、学校のことや部活のことを話すようになっていきました。
彼らも、なかなか素直で、(こんな生活も悪くないな)なんて思っていたんです。

結婚して1年ほど過ぎた頃には妻も仕事を辞め、家業を手伝うようになっていました。
一方、俺達夫婦の夜の営みも、まだまだ新婚とあって週に2、3回は行なわれるわけで・・・。
義母は2階で暮らし、俺達は1階に寝室を設けたんです。
2階にも空いている部屋はあったんですが、さすがに義母の部屋の隣でエッチな声は出せませんから。

ある夜、妻とセックスをしていると学生の物音に気付きました。
寝室に使っていた部屋の奥に食堂があり、夜な夜な学生が渇いた喉を潤すために2階の部屋から下りて来て、個人所有の冷蔵庫からジュースを取って飲んでいたんです。
全裸でハァハァと息を荒らす妻は学生の気配に気づいている様子もありません。
ちょっとした悪戯心と変な興奮に、俺は妻を四つん這いにさせてバックから、パンパン!と激しく音を立てて責めてみたんです。

「ア~・・・ダメぇ~そんなに激しくされたら・・・イッちゃう」

「気持ちいいのか?イキたいんだろ?」

「イキたいわ~もっと欲しい」

「何が欲しいんだ?」

「もう!意地悪・・・おちんちんが欲しいの」

「じゃあ『ドスケベな私のオマンコにいっぱい下さい』って言ってみろ」

「いや、恥ずかしいわ」

「言えないなら止めるぞ」

「ダメダメ・・・ドスケベな私のオマンコにいっぱいおちんちんを入れて下さい!!!」

耳を澄ませば学生たちにも聞こえていると思います。
壁際で耳を傾け、妻の変態ぶりを想像し、チンチンを剥き出しにしてオナニーをしている学生たちの姿を想像して興奮していました。
翌日、彼らの視線を確認するも、妻をジロジロと見る様子もなく・・・。

(なんだ・・・思い違いか)

しかし、その夜も一度沸き起こった妄想は止まりませんでした。

「ほら!学生達がお前の声を聞いてオナニーしているぞ!もっといい声で鳴くんだ」

「ヤダ!恥ずかしいわ!本当に聞かれたらどうするの?」

「聞いて欲しいんだろう!聞くだけじゃなくて見て欲しいんじゃないのか?」

そう言って激しく腰を動かすと・・・。

「あぁぁ~イクぅ~、イッちゃうわ・・・」

「イク姿を見られたいんだろう」

「見て欲しいの・・・私のエッチな姿でオナニーして欲しいの!!!」

「本当は、このいやらしいマンコに入れて欲しいんじゃないのか?若いギンギンのチンポを!」

「おちんちんが欲しい・・・いっぱいいっぱい入れて欲しい」

「学生のチンポが欲しいのか?」

「そうよ!若いおちんちんが欲しいの!」

妻の言葉に異常な興奮を覚え、俺は妻の中に精液を吐き出し、汚れたチンチンを妻の口で綺麗にしてもらいました。
その後、妻は風呂場に向かいました。
妻とのセックスの余韻に耽りながら、風呂場で学生たちに犯される妻を想像する俺。

毎年2月を過ぎる頃、3年生は下宿を後にします。
そして3月を迎え、新入生が下宿に訪れます。
下宿の中でも先輩後輩の上下関係が築かれ、初々しい生活が始まるんです。

俺たちは夫婦仲も良く、夜の営みも人並み以上にしていたんですが、子供が出来ないまま5年を過ぎた頃でした。
新入生として入って来た『守君』という生徒は、いつもの1年生とはどこか違っていました。
身長が180cm以上あり、体重も100kg近い巨体です。
不良ではありませんが、何か強いオーラみたいなものを感じたんです。
当時、一緒に暮らしていたのは3年生が2人。

ある日、守君の部屋の電球が切れたと言うので、予備の電球を持って部屋に向かいました。
部屋の中に入ると8畳の部屋はベッドとTVボード、小さめのタンスが置かれ、ベッドの横に並ぶ本はエッチなやつばかり。
TVボードの中にもエッチなDVDが並び、隠そうともしてなかったんです。
今までの子達と一番違うと思ったのは、守君が妻のことをチラチラ見ていたということです。
何度か確認しましたが、明らかに女を意識した目つきで、妻がスカートでしゃがみ込んだ時などは食い入るように見ていたんです。
そして・・・。
俺達が夜の営みを楽しんでいる時、戸の向こうに気配を感じました。

パンパンパンパン!

「あなた・・・もうイキそう・・・もっと激しくして」

「そんな大きな声を出して!学生に聞こえるぞ?いいのか?」

「だって気持ちいいんだもん!もっといっぱい欲しいの」

「どこが気持ちいいんだ?言ってみろよ」

「言うの?恥ずかしいわ・・・オマンコが気持ちいい~、クリトリスもいっぱい弄って!」

大きな胸をブラブラさせる妻をバックから責めると、やがて妻はブルブルと震えてイキました。
同時に俺も妻の体内へ精液を吐き出したんです。
翌朝、守君が妻を見る目は鋭く、いやらしい目つきでした。
昨夜、戸の向こうに感じた気配は守君ではないかと思っていました。

そうして1年何事もなく(まぁ妻の下着がたまになくなったりはありましたが)過ぎようとしていた時でした。
妻の祖父が体調を崩して入院したと言うんです。
ひと悶着ありましたが結局、義母が病院に行き面倒を見ることになったんです。
下宿は妻1人でも何とかなるので、義母は祖父母の家に泊まり、実母の世話をしながら病院へ顔を出す生活が始まったんです。

やがて3年生の2人が下宿を出て行き、3月末には新しい1年生が2人入ってきました。
まだあどけなさの残る新入生は最初、守君を怖がっていました。
ちょっと気に掛けながら、俺も新入生の部屋に出向いて緊張を解そうと思っていたんですが、意外と守君も1年生と上手くやってくれているようで、しばらくすると仲良く話している光景が見れるようになっていったんです。
そんな安心も長くは続かず、俺は衝撃の事実を知ることになったんです。

その年の夏休み、俺は小さな変化に気づき始めていました。
きっかけは妻の下着です。
30歳を過ぎた妻ですが、レースの透けた下着やTバックまで干されていたんです。
妻の服装も肌の露出が増え、毎日短いスカートを穿くようになっていました。
しかも、以前は俺が帰宅した後に風呂に入る妻が、汗を掻いたからという理由で俺が帰宅する前には風呂に入り終えていました。
夜の営みも、あれほど声を荒げて悶てくれていた妻が、あっさり終わることを望んだり、時には、「疲れたから」という断ることも。

(まさ浮気?)

そんな疑いを持ち始めた時、夕食にバーベキューをすることにしました。
庭先に道具を用意して食材を焼き始める学生達。
3人が妻の手伝いをしてくれて、俺は1人でビールを飲みながら椅子に座って寛いでいました。
ふと薄暗い中、食材を切る妻の方を見ると、守君が妻の後ろに行ってしゃがみ込んだんです。
その直後、妻が下を向いて首を横に振りながら顔をしかめました。
声は出ていませんが、明らかに何かに反応しているようで、腰をヒクヒクさせる素振りまでしていたんです。
その後、1年生の2人も妻の近くに行きました。
何かをしているように思えますが、薄暗いためはっきりとは分かりません。

やがて妻が目の前の椅子に座り、「私も飲もうかな?」とビール缶をカシャっと開けたんです。
守君達もジュースを手に「カンパーイ」と言うと、場は一気に盛り上がって行きました。
俺もだいぶ酔いが回り、ちょっと呂律が回らなくなり始めると、守君が突然エッチな話をして来たんです。
夫婦の夜の営みを聞いたとか、妻のパンチラを見て興奮したとか。
爆弾発言に言葉を失っていると、妻の太腿に守君が手を置き、開かせようとしていたんです。
妻も酒に酔った感じで必死に股を閉めようとしていましたが、守君に耳元で囁かれると少しずつ股を開いていったんです。
俺はすぐに気づきました。
スカートの奥に見えるのは陰ではなく陰毛!
なんと妻はノーパンだったんです。
見なかったフリをしながら俺はトイレに立つと、私がその場からいなくなった瞬間、学生達は妻に群がりました。
胸を揉み、キスをして、やがてマンコに手が伸びました。

「う・・・ぐぅ」と声を漏らしながら妻は学生達に弄ばれ、やがて股を大きく開かれ、指を激しく差し込まれたんです。

「お願い!あの人の前では・・・」

「毎晩エッチな声を聞かせて来たのはアイツだろう!」

「それは謝るわ!だから昼間は言うこと聞いてるじゃない」

「昼間だけじゃ物足りないんだよ!」

「そんな・・・もう十分でしょ・・・」

「奥さんだってもっともっと欲しいんだろう?これが!」

そう言って守君が妻に股間を握らせると、妻は顔を背けながらも硬く大きくなったチンチンを握っていました。
そして妻はマンコに大人のおもちゃを入れられ、守君にスイッチを握られたんです。
彼らを追い出すのは簡単ですが、このきっかけを作ったのは俺でしたし、正直目の前で妻が学生たちに弄ばれる姿に興奮していたのも確かでした。

俺はわざと酔ってフラフラした足取りで席に戻り、椅子に横になると目を閉じました。
学生達は俺が酔い潰れて寝たと思い込み、俺の前にも関わら、妻の体に触れるようになっていました。
目の前で妻は胸を揉まれ、乳首を吸われ、M字に股を開かれてマンコに指を入れられていたんです。
やがて守君が短パンを脱ぐと、体格に相応しい巨大な肉棒を出して妻に咥えさせました。
妻のスカートは捲り上げられ、バックから挿し込まれると、パンパン!と激しい音を立てていました。
若い彼らが1度で満足出来るはずもなく、次々と妻のマンコに差し込んで精液を吐き出していました。

妻は昼間、守君達の性処理をさせられ、玩具のように扱われていました。
夜は俺が妻を抱き、その後で風呂に向かった妻は学生たちに・・・。
こんな乱れた毎日は、守君が下宿を出て行く日まで続きました。

タイトルとURLをコピーしました