大学生の姉ちゃんを眠らせて友達とエッチな身体検査

この体験談は約 4 分で読めます。

高校2年の夏休み、大学の寮に入っていた姉が帰省してきた時のことです。
その日は仲良しの友達が遊びに来ていて、僕の部屋でエッチな本を見て2人で盛り上がっていました。
姉が母に言われてお茶とお菓子を持ってきてくれました。
姉が部屋から出て行くと・・・。

友達「お前の姉ちゃん可愛いな、きっと裸も綺麗なんだろうな」

僕「なに言ってるんだ。見れるわけないだろ」

友達「そうだよな、でも見てみたいよな~」

その時は話で終わりましたが、2、3日して友達から話がありました。

友達「うちのばあちゃんが飲んでる睡眠薬があるんだ。それをお前の姉ちゃんに飲ませて、眠ってる隙にちょっと2人で見ちゃわないか」

僕「そんな事して、もしばれたら姉ちゃんに殺されるぞ」

とは言ったものの、“女の裸”という誘惑に勝てなくて、「チャンスがあれば試してみようか」と同意しました。
ちょうどお盆の時、両親が実家にお墓参りに行くことになって、姉と2人で留守番をすることになりました。
早速友達に連絡をすると・・・。

友達「よし、チャンスだな。俺はどうしたらいい?」

僕「晩ご飯の後、姉ちゃんは風呂に入るから、その時に家に来いよ」

友達「分かった。例の物を持ってくよ」

その日は朝から落ち着かなくてドキドキしていました。
両親が昼過ぎに出て行った後で、「姉ちゃん、今日はどうするの?」と聞くと・・・。

姉「暑いから家にいるよ。晩ご飯も作らなきゃいけないし。あんたは?」

僕「俺もいるよ。宿題もあるから」

そんな会話の後で友達に、「予定通り。また連絡する」と電話しました。
そして晩ご飯の後、「じゃあ先にお風呂入るね」と言って姉ちゃんが風呂に入るのを確認して、僕は友達に連絡しました。
友達が来ると部屋に入れて睡眠薬を受け取り、「呼ぶまでここで待ってろ」と言って、冷蔵庫の姉ちゃんの飲みかけのジュースに薬を入れて、何食わぬ顔で僕はテレビを観ていました。
しばらくして風呂から出た姉ちゃんは、思った通り冷蔵庫から薬を入れたジュースを出して、居間のソファーに座ると美味しそうに飲みました。
それからしばらくは2人でテレビを観ながらしゃべっていましたが・・・。

姉「何だか眠くなっちゃった」

姉ちゃんはあくびをはじめて、ソファーに横になると寝てしまいました。
僕はそっと居間から出て、自分の部屋に行って・・・。

僕「姉ちゃん寝たみたい。あの薬ってどれくらい保つんだ?」

友達「俺もよくは知らないけど、たぶん1時間くらいは目を覚まさないと思う」

それじゃあということで2人で居間に行くと、姉ちゃんは寝ていました。

友達「やべー、もう俺立っちゃった」

僕「俺もだよ」

ドキドキしました。

友達「早く見てみようぜ」

友達に促されて、まずはTシャツの上から胸を触ってみました。

友達「すっげー、やわらけー!」

僕「俺も俺も!」

興奮して散々友達と触りまくりました。

友達「Tシャツ脱がしちゃおうよ」

2人でTシャツを脱がして、ブラジャーも取って、直接おっぱいを触ってみました。

友達「すげー興奮しちゃう」

僕「乱暴にするなよ。起きたらどうする」

しかし姉ちゃんは起きる様子はありませんでした。
いよいよ一番興味のある所に向かいました。
ショートパンツをゆっくり脱がすと白のパンティーが見えました。

友達「やべー、俺出ちゃいそう」

僕「俺も出ちゃいそう」

2人で顔を見合わせて、いよいよパンティーを脱がしていきました。
子供の時はよく姉ちゃんとお風呂に入っていましたが、大人になってから初めて見る大人のおまんこでした。
しばらく見ていると友達に、「よく見えないから足を持ち上げてみようぜ」言われ、足を開くとそれまで閉じていた部分が開いて、ピンク色の肉の襞が見えました。
もう欲望を抑えられなくなって指で開いてみると、湿った襞の所にエロ本でしか見たことのなかったおまんこが見えました。
友達も唾を飲みこんでじっと見ていました。

友達「すげー!これが本物のおまんこか。初めてだ、ちょっと触らせて」

友達は手を伸ばして、「ここがクリかな」と言って襞の合わさった所を触ると、それまで寝息を立てていた姉ちゃんが溜息のような声を出したので慌てて手を引っ込めました。

友達「寝てても気持ちいいのかな?」

それから30分くらい、2人で交代で姉ちゃんのおまんこを触りまくって、下着やTシャツを元通りにして、2人の計画は無事に終了しました。
友達は満足そうに帰って行きました。

友達を見送り、玄関の鍵を閉めてから居間に戻って姉ちゃんを見ると、まだ薬が効いているのか寝息を立てていました。
僕は部屋に入って、姉ちゃんのおまんこを思い出して1回抜いてスッキリしました。
賢者タイムになると罪悪感を覚えました。
それから僕も風呂に入って居間でコーラを飲んでいると、ようやく姉ちゃんが目を覚ましました。
姉ちゃんは、「あーすっかり寝ちゃった」と言いながらトイレに行きましたが、戻ってくると・・・。

姉「あんた、寝てる時に変なことしなかった?」

僕「え、なんで?俺も風呂に入ってたし、っていうかなんでそんなこと聞くの」

姉「な、なんでもない」

そう言うと姉は部屋に行ってしまいました。
散々友達と見たり触ったりしたので、びっくりして冷や汗が出てしまいました。

タイトルとURLをコピーしました