Mな妹と羞恥プレイ

この体験談は約 12 分で読めます。

今はまあ普通になっちゃったけど、中・高校生の時の妹はメチャ可愛かった。
年は5歳離れていて、妹が小学生の時はまとわりつかれてもあまり相手をしなかったけど、中学の頃から可愛くなり始めたから、俺の方から妹に話しかけたりちょっかいを出すようになったけど、今度は逆に妹が俺の相手をしてくれなくなった。
けど妹が高校生くらいになると、俺もちょっとは大人になって妹にバカないたずら(性的な意味ではない)はしなくなったから、妹も相手をしてくれるようになり仲が良くなった。

住んでたのは田舎で車がないと何かと不便だったから、大学生になると俺はバイトをして安い中古車を買った。
それで妹とドライブしたり、ショッピングモールに出掛けて服を買ってあげたりした。
妹は服には無頓着だったから、親が買ってきたダサいパーカーとか着ていた。
女の子のファッションについては俺の方が詳しいくらいで、ちゃんとした服を着せるといっそう可愛くなったから、それが嬉しかった。

俺は長らく素人童貞だったけど、22歳の時にようやく初彼女が出来た。
相手は大学の後輩で、19歳だったけどほぼ処女同然で、セックスの時は毎回痛がった。
男友達には彼女とのセックスについて相談なんてできないし、女友達にはもっと聞けない。
それで思いきって妹に相談してみた。

妹は中2くらいから彼氏がいた。
中学生の頃は彼氏と言っても2人で一緒に帰るくらいの仲なんだろうけど、高1のときは部活の先輩と、高2のときは同級生と付き合ってたし、相手の親がいない時に相手の家に行ったりしてるから、たぶんもう済ませてるだろう。
そう思って、「最初の時はどうすればいいの?どれくらいで女って痛くなくなるの?」と聞いてみた。

そしたら、「私もまだしたことないから分からない」という答えが返ってきた。

「え、彼氏いるのに?!」

そう驚くと、痛いのが怖くて踏み切れないらしい。
思いきって相談したけど肩透かしだった。

妹からアドバイスをもらえなかったので、近所で一番大きな本屋に行って『女の感じさせ方』的な本と、その手のビデオもあったので買ってみた。
本やビデオによって微妙に書いてることは違ったけど、何も知らなかった当時の俺には参考になった。
おかげで何ヶ月かすると彼女もセックスで気持ち良くなるようになった。
思いきって彼女とのことを相談してからは、妹も気になっていたのか時々、「彼女さんとはどうなった?」と聞かれるようになった。
聞かれると、俺も割と具体的に答えていた。

1年ほどして彼女に振られた。
急だった上に、別れたときにはすでに相手には新しい彼氏がいたから余計ショックで、早く立ち直るために直接彼女と接点のない友達に愚痴を言いまくった。
妹にも別れた経緯を事細かに言った。
そしたら妹は、俺は全然知らなかったんだけど、ほぼ同時期に彼氏と別れたらしい。
セックスを迫ってくるのがだんだん強引になって、触り方も乱暴で全然気持ち良くないから嫌になって別れたらしい。

「女の子は最初はどうしても痛いから、あまり怖がってないで、いつかは思いきってやらないと。でもどうせ痛いなら、なるべく痛くしないで済む人の方が良いから、次はもっとマシな相手を探せ」

というようなことを俺は言った気がする。

「新しい彼氏が出来たら、何なら俺のビデオや本を貸してやろうか?」

とも言った気がするけど、これは全力で断られた。
けど、「私もそういうことには興味あるんだけどね~」と妹は言っていた。
とは言え、やっぱり痛いのは怖いらしい。

あ、『新しい彼氏が出来たら、何なら俺のビデオや本を貸してやろうか?』って書いたけど、これだと言葉足らずだけど、俺が貸す相手は妹じゃなくて新しい彼氏ね。
と、俺は思っていたんだけど、妹本人はその手の本やビデオを前からちょっと見てみたいと思っていたらしくて、俺の部屋に来て本を読んだり2人でビデオ鑑賞をしたりした。
妹は、「なるほどね~。こうすると気持ちいいんだ~」と、前のめりになって画面を食い入るように見ていた。
その流れで普通のAVも何本か観た。
何本か所有しているうちの俺のお気に入りはAV女優が本気で感じているように見えるやつで、これは妹も気に入ったようで繰り返し観ていた。

で、ビデオ鑑賞会をしてから、妹との距離がやけに近くなった。
心理的な距離じゃなくて、「近い、近い」って言いたくなるくらい顔や体が近づいている。
いくら兄妹仲が良くても、そんなにぴったりくっつかないわけで。
俺としては、妹は客観的に見て可愛いと思っていたけど、だからって別に女としてどうこうという気持ちはなかった。
けど、ぴったりくっつかれると意識するようになって、妹からのボディタッチが増えるにつれて俺も気軽に妹の肩や太股を触るようになり、やがて尻にも触れるようになった。
けど、胸はやはりなかなか触れなかった。

あるとき妹が俺の部屋の床に寝そべっていた。
話してるうちに、たぶん無意識で俺がそうしたんだろうけど、妹の脚の間に俺が座り込んで正常位みたいなポジションになった。
そのままのポーズで話してるうちに何かふざけあいになって、体をくすぐったり、手を押さえつけたりした。
そうするといっそう意識して、腰を軽く押しつけたりした。
そういう疑似セックスっぽいことをするようになると、妹もよく床に寝転がったり、俺の本棚を物色するときも四つん這いになって尻を俺の方に向けたりして、(わざとやってるのか?)と思うような仕草をするようになった。

あるとき、じゃれ合ってるうちに、やはりまた疑似正常位みたいなポーズになった。
俺が腰を押しつけると妹も腰を擦りつけてきて、完全に疑似セックスになった。
それで、それまで一度も触れなかった胸も触ると、妹が感じたような声を出した。
その声を聞いて興奮した俺は、妹の服を捲って直接胸を触った。
胸はそんなに大きくなかったけど、弾力があって、ぷるぷると揺れていた。
乳首を弄ると妹はもっとアンアン言うようになって、俺も興奮していたけど、さすがにオマンコには触れなかった。
けど腰だけは妹の腰に押しつけていて、妹も腰を動かしていて、それだけで射精しそうだった。
擦りつけてると射精感が高まってきて・・・。

(妹だけどセックスしたい。妹に入れて射精したい)

という気持ちを明確に自覚した。
それで妹に、「いいのか?」と聞くと、「痛くしない人の方がいいから」と言ったので、妹の服を全部脱がせた。
下の毛は薄くてパイパンみたいだった。

痛くしないように、「これでいい?」「こうしても痛くない?」などと妹に聞きながらオマンコを触った。
そっと触ると最初はくすぐったがっていたけど、「自分で触ってみて」と言って、妹にオナニーをしてもらった。
それで触り方や力の入り方を見て、妹を真似して愛撫してみた。
すると妹はすぐに感じ始めて、ものの1、2分でクリトリスでイッた。
妹曰く、自分で触ってもすぐにイクけど、俺に触ってもらったらもっと気持ち良かったらしい。

クリイキしたので、今度は中に指を入れてみた。
しかし指でもキツくて、ちょっと痛がっていた。
それでも前の彼氏に触られたときよりは気持ち良くて、「痛気持ちいい」という感じらしかった。
指でも痛いんだからチンコを入れるのは無理・・・。
ってことで、その日はチンコを入れるのは止めにした。

でも、「立ったらどれくらいの大きさになるの?」と聞くので実物を見せた。

俺のは標準サイズだけど、妹は「え!大きい!!」と驚いていた。
デカけりゃいいとは思わないけど、そう言われて悪い気はしなかったw

妹はしげしげと観察した後、チンコの先をぺろっと舐めた。

「どうすれば気持ち良くなるの?」

そう聞かれたので、AVを流しながら真似してもらった。
妹のフェラはぎこちなくてあまり上手ではなかったけど、それでも口の中に入れると気持ち良かった。
最初から興奮して射精しそうだったので、「すぐ出そうだからもういいよ」と言ったら、「出してもいいよ」と言われたので、(マジで?!)と思いつつ妹の口の中に出した。
妹はAVと同じように口の中の精液を俺に見せた後、飲み込んでくれた。

「俺は飲んでくれたら嬉しいけど、普通はそこまでやらなくていい。場合によっては引く男もいるから」

そう妹に教えた。

それから何日か後、また妹と触りっこをした。
妹は3回目くらいから指を入れても痛がらなくなり、「痛いかもしれないけど入れてみたい」と言った。
それでゴムを付けて入れるのを試してみた。
上半身を起こして正常位で普通に入れようとすると本能的な恐怖感があるのか、ズリズリ上の方にずれていってなかなか入らなかった。
初めての時は騎乗位だと入りやすいと言うけど、力の調整が難しそうで、無理やり体重をかけて押し込んで痛い思いをさせるのも嫌だったから、騎乗位はやらないでおこうと思った。

で、前の彼女がセックスを痛がっていたときに使ったローションがまだ残っていたので、それでオマンコとチンコをヌルヌルにして、抱き合ってキスしながら股間を擦りつけ合った。
そうやって擦りつけながら、ちょっとずつ腰を下の方に持って行って、チンコの先を入れてみるとちょっとだけ入った。
そのまま押し込んでみたけどかなりキツくて、時間を掛けて亀頭の先まで入れて止めた。
その後、また指で慣らした。
ローションで濡らすと指1本なら痛がらずに入るようになって、出し入れも出来るようになった。
それでもう一度チャレンジしたら、痛がりはしたけど根本まで入った。
一度根本まで入ると、次からは出し入れも出来るようになった。
けどローションでヌルヌルにするとすんなり入るけど、出し入れしてるとすぐに乾く。
乾くとゴムが引っかかる感じがして痛がったのですぐに止めた。
止めた後は妹が口で抜いてくれた。

あるとき、妹がやたらと発情した日があった。
オマンコに1回入れて、痛がったから途中で止めて口に出したけど、しばらくするとすぐにまた発情して、「胸やオマンコを触って」と言ってきた。
痛がっていたので指は入れないで、クリトリスを指で触ったり舐めたりした。
妹は異常に興奮していて息が荒かった。

「まだ立たない?」と言って、俺のチンコを舐めたり手でしごいたりしてきた。

俺が「もうちょっとかかりそう」と言うと、すごい勢いでチンコをべちょべちょに舐め回した。
何か麻薬を求めるジャンキーみたいで、ちょっと怖かったw

しばらくしてチンコが硬くなってくると、「もう1回入れて」と言ってきたのでゴムを付けようとした。
けど半立ち状態だったのでなかなか上手く付けられず、手間取ってるうちに萎んできた。
妹は寝そべって股を開いて、「早く早く~」と急かしてくる。
俺は萎んだチンコを自分の手でしごいたり、チンコの先をおまんこに擦りつけたりして、なんとか早く立たせようとした。

「また萎んじゃったの?」

「うん、ちょっと。だから今頑張って立たせてる」

そんなやり取りをしてると、「ゴムが付けられないなら、そのままちょっと入れてみて」と妹が言った。

(生はまずくないか?)

そう思ったけど、チンコが本立ちするまで2、3往復させるくらいならいいかと思って生で入れた。
生でもキツいことはキツいけど、引っかかり感がなく、すんなり入った。

最初にゆっくりグ~っと入れたときに妹がビクッと体を震わせた。

「痛かった?」と聞くと、「ううん、全然。すごい気持ちいい」と言った。

ゆっくり動いてみると、(これってヤバい病気か?)って思うくらい妹の息がはっはっと速くなった。
例えはアレだけど、『ターミネーター2』で黒人の科学者が自爆する直前みたいな感じ。
様子が何かおかしいから、「大丈夫?」と思わず何度か聞いたけど、本当に気持ちいいみたいだった。

『女はピストンして感度が上がっているところで一度抜くとちょっと冷める。だから体位を変えるときも、なるべく抜かないで繋がったまま変えろ』

というのを本かビデオで言っていた記憶があった。
なので、すぐに抜いてゴムを付けるつもりだったけど、妹が今までになく感じてるので、冷めさせたくなくてそのまま続けた。
妹の生のオマンコはキツくてギュウギュウ締め付けてくるけど温かくて柔らかくてメチャクチャ気持ち良かった。
出し入れするとすぐに痛くなる妹も全然痛がらないので、ずっと繋がっていた。

妹が「上になりたい」って言ったので、正常位から抱き起こして対面座位になった。
そのまま抱き合い、キスしながら胸を触って腰を揺すった。
しばらく対面座位で抱き合ってから俺が上半身を倒して騎乗位になった。
妹は自分で腰を振り始めたけど、ぎこちなくてあまりちゃんと動けてなかったから下から突き上げた。
そうすると、俺の動きに合わせて妹も腰を振っていた。

騎乗位だとお互いすぐ疲れたので、また正常位に戻った。
俺がそろそろイキそうになって腰を速く動かした。
速く動いても、妹は痛がるどころかもっと感じていた。
それを見て、もっと気持ち良くさせてやろうと思って我慢してパンパン突いていたけど、急に出そうになったので慌てて抜いて腹の上に出した。
もの凄い大量に出て、勢いもあったので首の所まで飛んだ。

妹の体を拭いて、しばらく裸で抱き合った。

「初めて最後まで出来たね」

妹は嬉しそうで、終わった後なのに、いつもよりも激しくキスをしてきた。
胸や尻を撫でるとまた感じたような声を出して、そのまま触ってると3回目が始まりそうな気配だったので性感帯へのタッチは軽めにしておいた。
初めて最後まで出来た日は、妹の体調が特別良かったようで、それからしばらくは、あそこまで感じまくりではなかったし、ピストンが続くとちょっと痛がりもした。
痛くなったときに試しにゴムを外して生で入れると痛がらなくなった。
どうもゴムが擦れて痛いようなので、最初から生で入れるようになった。
そしたら妹も痛がらなくなり、ピストンに慣れるのも早くなって、中イキはしないもののチンコで感じるようになっていた。

前は妹が短パンを穿いて太股を出していても何とも思わなかったけど、妹とやるようになってからは妹の体を見るとムラムラするようになった。
家族の目を盗んでこっそり太股や尻を撫で回すと妹もその気になって、俺が自分の部屋に戻るとしばらくして妹が俺の部屋に来たり、逆に妹が俺の部屋で待っていたりした。
そうやって毎日のようにやっていると、妹もどんどん慣れて気持ち良くなるようになって、俺が疲れてそういう気分じゃないときは妹からフェラしてきて俺をその気にさせた。

毎日のようにやってると妹もどんどん慣れて、じきに中イキ出来るようになった。
そうすると性欲がますます旺盛になって、1日に2回も3回も求めてくるときがあった。
バイブは嫌がったので使えなかったけど、前戯で楽をするためにローターを使うようになった。
で、使う前はオモチャを嫌がってた妹だけど、使ってみるとドハマリした。
常にローターを2個用意して、1つは自分で乳首に宛てがい、もう1つは俺がクリトリスをローターで責め。
チンコを挿入してからも自分でローターをクリトリスに宛てがっていた。

だんだん、そうやってイカせまくらないと妹は満足しないようになっていった。
特に妹が異常に興奮するのは排卵日のようだった。
動物の本能としてはよく出来ている。
しかし妊娠するのはまずいので、早めに抜いて妹にフェラしてもらって口の中に出すようにした。
しかしそのぶん挿入時間が短くなって妹が満足出来ないので、結果2回3回することになる。

性欲がマックスになる排卵日から3、4日は過ぎると安全日になる。

「じゃあ中に出しても平気かな?」と俺が言うと、妹も「中に出して」と言っていた。

しかしなかなか思い切れず、しばらくは中に出せなかった。
しかしあるときバックでやっていて、俺の動きに合わせて妹が自分で腰を振ってるのを見たときに、たまらなくなって思わず中に出した。
急に中出ししたので妹もびっくりしていた。

それからは安全日には時々中に出すようになった。
毎回じゃないのは、俺が妹の口に出すのが好きだったからw
本当は顔にぶっかけたいんだけど、髪についたり周りに飛び散ると面倒なので。

中出しするようになると射精する最後の瞬間までピストン出来るから、妹がその1回で2、3日は満足するようになった。
まず指や口やローターでイカせて、チンコを入れるとすぐにイッて、ゆっくりピストンしてるとさらに何度もイッて、最後に俺が射精するために激しくオマンコを突くと、その激しさでまたイク。
イッてる最中に中に出されると、もう訳が分からなくくらい気持ちいいんだそうだ。

妹は高2くらいからさらに可愛くなり、身体つきも女らしくなった。
ぱっと見は清楚系なんだけど、俺とヤリまくってるからか妙なフェロモンが出てるような感じで、前からモテていたけど、よりモテるようになった。
前はその中から彼氏を選んで付き合っていたけど、俺とやるようになってからは、「しばらく彼氏はいらない」と言っていた。
結局、妹は高校の間は彼氏を作らなかった。

妹は短大に入ったので授業がタイトで忙しそうだった。
俺も就職して一人暮らしをしていたので平日はほとんど会わなかったが、金曜の夜や土曜の夜になると俺の部屋に来て泊まっていくこともあった。
余程性欲やストレスが溜まっているのか、夜に2回、翌朝に2回、中に出してチンコでイカせまくったときでも、その夜にまた2回はしないと気が済まないようだった。

俺も人並みに性欲はあるけど妹ほどではなく、この頃から平日の仕事の疲れもあって、妹に求められるままにセックスしていたら体が持たないと思うようになった。

「彼氏を作ったら?」

そう言ってみても、時間をかけて新しく男を作るより、手っ取り早く、かつ十分気持ち良くさせてくれる俺とやる方がいいみたいだった。
それで俺は、なるべく労力をかけないで妹を満足させるやり方を工夫するようになった。
まず大人のオモチャを使ってみた。
高校生の時はバイブは嫌がったが、大学生になると少し好奇心が広がっているようだったのでちょっと試してみた。
オマンコに指やチンコ以外の物を入れるのは少し抵抗があるようだったが、前戯でイカせて挿入をねだってきたときに、「ちょっとだけ、ちょっとだけ」と言いつつ入れてみたら、初心者用の細いバイブだったけど結構感じていた。

で、だんだんバイブにも抵抗がなくなってきたようなので、そこそこ大きくて、同時にクリトリスも刺激出来る本格的なバイブを買って試した。
前戯でイカせて、「入れて」とおねだりしてきたらバイブを入れて、出し入れはあまりしないでスイッチを入れて中をグイングインかき回しつつクリトリスも刺激する。
そうやって何度かイカせると、「お願い、早く本物を入れて」と懇願してくるので、それでも焦らしてバイブでイカせる。
さんざん焦らしてから本物を挿入すると、すっかり妹のオマンコは出来上がっている。
俺が十分楽しんだ後、仕上げに激しく出し入れすると、妹は気が狂ったように感じまくるので中にたくさん出してやる。
そうすると1回でも満足するようになった。
というより、体力を使いすぎて、もはやセックス出来る状態ではなくなるので体を拭いてやって後は寝るだけとなる。

しかしローターは毎回使っても大丈夫なのに、バイブは毎回使っていると「飽きた」と言い出す。
使っても気持ち良くならないわけではないのに毎回使うのはダメらしい。
あるとき、「バイブは使わずに生チンコでイキまくりたい」と、ノーバイブデーを設けることを宣言された。
ノーバイブデーは妹の気分で一方的に宣告されるので、俺の意志は反映されない。
しかし生チンコだけで妹を満足させるのは俺が大変すぎる。
そこでバイブを使わない日のために新たな工夫が必要になった。

妹は、普段は偉そうな男は嫌いだけど、セックスしてるときは若干Mになる。
時々言葉責めを欲しがるし、バックの時に軽く尻を叩いてみると、その度にオマンコが締まる(ただし強く叩きすぎると怒る)。
時々、イメージプレイを要求するときがあって、大体俺が学校の先生や先輩になって、生徒や後輩である妹を無理やり襲ってレイプするという設定であることが多い。
また言葉責めでは、妹の体がいやらしいとか濡れまくっているとか、そういう言葉も効果的だけど、声が大きいから隣の人に声が聞こえるとか、窓を開けて外を歩いてる人に見せてみようかと言うと、「ダメダメ」と言いつつ凄い感じたり、言葉だけでイッたりする。

そこで妹のM気質を刺激しようと思った。
まず手首を拘束してみた。
これはそこそこ効いた。
次に目隠しをしてみた。
これは拘束との組み合わせでかなり効いた。
ちょっと焦らしてやるとすぐにイクし、物を扱うみたいにピストンしてやるとレイプ願望が満たされるのか、異様にイキまくった。
そうやって強引に責めて、最後は目隠しを外して抱き合ってイチャイチャしながらフィニッシュすると、体をガクガク痙攣させてイキまくった。

次に羞恥プレイを試してみた。
外食で駅前まで行く時にノーパンで歩かせてみると、それだけでびしょびしょに濡れて、座るとスカートに染みが広がりそうなので、店に入った途端トイレに行ってパンツを穿いた。
店を出るときはトイレで脱がせてから店を出た。
いつもはしっかり前戯をするけど、そういう時は俺も妙に興奮していて、前戯もそこそこに挿入してしまう。
興奮のままにオマンコを突きまくってすぐに出しても、妹は茫然自失でぐったりして、十分満足してくれた。

タイトルとURLをコピーしました