虚実入り混じった妻の寝取られ話が現実になった日

この体験談は約 2 分で読めます。

「ねぇ、いつもの頼むよ」

僕はパソコンの画面に向かって妻におねだりする。
画面上の妻は、僕のお気に入りのパンティ1枚の姿になり、脚を広げて恥部を弄る。

「今日ね、隣のアパートのオタクっぽい大学生が、私のことをいやらしい目で見てたんだよ」

僕は、妻から聞かされるこの手の話が一番興奮する。

「そいつ、美奈のことをいやらしい目で見て、夜のオナニーのオカズにしているんだぞっ!」

「そうかもね。私の洗濯物も盗まれちゃうかもよ?どうする、あなた?」

「ああ・・・、そいつに美奈のパンティを盗まれたら興奮しちゃうよ」

「あなたの大好きなこのパンティを盗まれたらどうするの?」

「ああ、美奈!そのパンティだけはだめだよ!俺のだから!」

新婚で単身赴任の夜、寂しい身体を妻とのスカイプで慰める日々。
妻の虚実入り混じった話に興奮して射精を迎える擬似セックス。

「あなたのいないときに浮気しちゃおうかな。いいわよね?」

それは妙に実感のこもった言葉だった。
単身赴任から半年、妻はチャットセックスにもなかなか応じてくれなくなった。

「ごめん、今日は体調が悪いの」
「ごめん、今日は生理だから」
「ごめん・・・」

何となく嫌な予感がした。
良心の呵責もあったが、探偵に調査を依頼してみた。

調査結果は予想通りクロ。
大学時代の元彼とセックス三昧だった。

「だってあなただって、このほうが興奮するでしょ?」

現実を突きつけた日、妻は開口一番こう言った。

「毎晩あなたのオナニーに付き合ってあげたんだから、たまには私もいいんじゃない?」

捨て台詞のようにこう言い放った妻。

結局、夫婦生活は2年で破綻した。
風の噂では、元カレの妻に収まったと聞いている。
そして僕は単身赴任から戻ってきも、別れた妻を思ってオナニー三昧だ。

ああ・・・美奈。
美奈と思いっきりセックスがしたい!

タイトルとURLをコピーしました