同僚の人妻を淫乱痴女にした・前編

この体験談は約 6 分で読めます。

会社の同僚で人妻の聡美さんを淫乱痴女にしてしまいました。

僕は22歳で、今の会社には中途採用で入りました。
男女半々くらいの構成で社員がいまして、聡美さんは28歳。
既婚、まだ子無し。
作る意欲はあって努力もしているそうだけど、面倒くさがり屋さん。
旦那さんの方も、出したら『任務終了!帰還します!』ってタイプらしい。
飲み会じゃなく、職場の休憩場所でコーヒーを飲みながら、素面でそんな話をしてくれます。

「旦那が私の中に出した子種を出来るだけ活用したいから、逆さになって子種が畑になるべく多く届くようにしている」
「旦那が離れてから指で広げて早く中に流れ落ちるようにしている」
「旦那が離れる時、指で旦那の根本を絞って、中に残っている精子をマンコの中に流し込んでる」

なんてことを笑いながら言うので、どこまで本当なのかわからないけど、「想像すると、かなりエロい姿でマジ勃起しそう」と言うと・・・。

「私なんかで勃つの?なんか嘘でも嬉しい」

なんて言ってくれます、みんなの前で・・・。
冗談合戦みたいな雰囲気で聡美さんに、「私が妊娠したら、生で中出しさせたげるからね」なんて言われて、「僕が妊娠させてあげるから中出しさせて~」とお願いすると、「あなたの子を旦那に養わせるのって酷くない~?」と、またまた笑います。

「じゃあ妊娠しないように、やる?」

と言うと・・・。

「意味ないじゃん、あなた、私とヤりたいの?」

と切り込んできます。

「はい、ヤりたいです」

半分本気でお願いするのですが、シチュエーション的に冗談だと思われているようでして・・・。

「じゃあ、私とそういう流れになりました。あなたは私にどんなことをして下さるの?私はマグロかも知れませんよ~」

笑顔で聞かれました。

「まずはキスします。服を脱がせながらですが・・・。オッパイを触り、揉んで、乳首を吸います。下腹部に指を移してクリトリスを触り軽く擦りながらマンコの中に指を入れます。指は2本か3本入れて、互い違いにバラバラに動かします。この時もキスしてます。マンコの具合が出来上がりましたらマンコにキスします。マン筋に舌を這わせて汁を舐め、吸います。自分でチンコを握って大きく硬くしてから聡美さんの膣の入り口に宛てがい、聡美さんの顔を見ながら挿入します。一度、奥に届くまではゆっくり入れます。奥に当たったらゆっくり抜いて速く突きます。聡美さんの顔を見ながら続けます」

そこまで言うと聡美さんが遮り・・・。

「やだ、もう止めてよw聞いてるだけで感じちゃうよw私のパンツ、酷いことになってるw替えなきゃw」

笑顔を見せながら女子トイレに行ってしまいました。
ちょうど休憩終わりになりそうな時刻で、やっぱり聡美さんって賢いなぁって思いました。
仕事終わりの時間帯になり、就業日報を記入していると聡美さんが来て同じように日報を書きながら、「パンツ、グチョグチョだったよ。誰のせいだよ」と僕に聞こえるように囁きました。
日報は各職場のリーダーだけが書くので、そこには僕と聡美さんしかいません。

「僕のせいならお詫びします。何でもしますから言ってください」

他の職場仲間が、「お先に~っ」とか「失礼します」「おやすみなさい」などとパーティションの向こうから声だけをかけて帰宅していきます。
その声に返事をしながら見送ると、聡美さんが・・・。

「じゃあ戦う姿勢と武器を見せなさい。もし、あなたが物凄い武器を持っていたら戦わずに降参するから。私にも勝てそうな貧弱な武力なら私も戦うわ」

「意味不明~っ。それは端的に言うと、『まずはチンチンを見せなさい』ってことですか?聡美さんが見てくれるなら今でも見せますよ」

半分冗談に聞こえるように本音を言いました。

「いいから、度胸があるなら見せなさい」

笑顔をさらに緩ませながら近づきます。

「聡美さん、目はいい方ですか?」

「普通かな?視力1.2くらい」

聡美さんは回転式の事務チェアに座っていたので、右に90度回転させて僕の方に身体を向けました。
僕が立ち上がって聡美さんに近づき、聡美さんの両足を僕の足で挟み、ベルトのバックルを外し、前のファスナーに指を掛けました。
焦った顔をして聡美さんが・・・。

「うそ~っうそ、嘘だから。見せなくてもいいから」

僕の手を握り、指の動きを止めようとしました。

「ダメです。僕は覚悟を決めたんです。見ていただきます」

ファスナーを全開にしてズボンを下げました。

「いや・・・見られないよ・・・怖いよ・・・」

僕は聡美さんの両足を挟む力を強くして、椅子に座る聡美さんが逃げられない状態にしてからブリーフを下ろし、両手を聡美さんの頭に乗せ、聡美さんが視線を逸らすことを防ぎました。

「ちゃんと見て下さい」

低い声で言いました。

「マジ~っ、なんで勃起してんの?」

あれほど嫌がった聡美さんが僕のチンコをガン見しています。
その聡美さんを見ていたらチンコに血が集まり、ほぼ100%の勃起率になりました。

「勃ち過ぎて痛い。聡美さんに見てもらうだけでこんなです」

そう言うと聡美さんが・・・。

「ホントに、さらに膨張って感じだね・・・まだ見てていい?」

そう言って僕の顔を見つめました。

「いくらでも見て下さい」

聡美さんの頭を引き寄せると理解したようで・・・。

「えっ?何?見るだけじゃないの?」

見ていて分かるほどのうろたえぶりです。

「恥ずかしいのを堪えて、聡美さんが見たいとおっしゃったのでお見せしただけです。別に何も強要はしませんが、勃起し過ぎて痛いんです・・・」

「困ったなぁ、これでも私、人妻だからね・・・」

「僕は誰にも言いません」

「これって舐めろってことだよね?咥えろって・・・。私さぁ、下手だよ・・・旦那しか知らないし、旦那のも結婚が決まる前に何度か舐めただけでさ、ホントにヘタだよ、恥ずかしいくらいに」

そう言うと僕のチンコを握ってくれました。

「ここまで言ったから言っちゃうけど、あなたのって旦那より2回りは大きい・・・だから怖いんだよね」

僕のチンコを擦りながら見ていました。

「ここにチュッてキスしたげる。それじゃダメ?」

「じゃあ聡美さんの手でイカせて下さい」

「手で・・・?イカせられるかな?ホントにあまりしたことないんだよね」

「じゃあ僕がしますから、僕がイクとこを見てください」

「私は見てるだけでいい?」

「はい。射精の直前が一番大きくなるはずですから、出る瞬間を逃さないように見てください」

「うん、わかった。ごめんね、見るだけで」

僕は聡美さんの前で竿を握り締め、激しくシゴキました。
擦れる音がして、間近で見ている聡美さんが、「凄い、こんなに激しいんだ・・・」と言いました。

「もっと近くで見れます?」

聡美さんを近づけました。

「もうすぐ、ここの溝のところの穴から出ますから見ていて下さい」

そう言うと、さらに顔を近づけてくれました。

「まだ、もう少し掛かりますから、先っぽだけでいいのでキスしてもらえません?」

お願いすると、聡美さんはチンコの鈴口にキスしてくれました。
僕は、この瞬間を待っていました。
聡美さんの頭を引き寄せると射精させました。
大半は聡美さんの唇や顔にかかりましたが、一部は聡美さんの口の中に入りました。
そして射精に驚いた聡美さんが口を開いた時を狙ってチンコを入れました。
入れたまま両手で聡美さんの頭を押さえて余韻を楽しみました。
聡美さんは僕のを咥えたまま・・・。

「はふひへ、ふひへ・・・」

と言いながら僕の腰を押していました。
僕のチンコが完全に収束し、聡美さんの口からそっと抜きました。
抜く時、聡美さんが唇をすぼめて僕のチンコを軽く舐めて清めてくれました。
意外と聡美さんはエロいのかも知れないと感じました。

「ちょっとぉ・・・やっぱし、デカ過ぎぃ・・・顎がキツいよ・・・慣れるのに時間が掛かりそう・・・てか、旦那のが貧弱なのがわかっちゃった・・・顎だけじゃなくて、ハートもキツかったし・・・。ん、気持ちはいいんだよ・・・旦那のに慣れてたからビックリで新鮮・・・。も~、離れられなくなったらどうしてくれんの?」

言い方はキツいけど、顔と目は笑っていました。

「こんな事して・・・ペナルティを出すしかないね。オナニー禁止、他の女との接触禁止。私が相手するだけ・・・しないけど。文句ないよね?」

僕のチンコを力強く握りながら言いました。
タマを手のひらで包んで、「守れなかったら潰しちゃうぞ。こっちも食いちぎってやる」と、収まっていたチンコを咥えました。

「じゃあ聡美さんが旦那さん以外と・・・」

「私にペナルティはないっ。私は自由よ」

そう言ってケラケラ笑いました。

「もう・・・髪も洗って乾かして帰らなきゃなんないし・・・、あなたとは会社じゃしないからね」

聡美さんは怒ったふりをして帰っていきました。
翌日、以前と変わらない態度で僕とも他の人とも接する聡美さんを見ると、(もしも他の人ともやってたとしてもわかんないなぁ)と素朴な感想・・・。
一度、腹を割って話をしなきゃと思いました。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました