フェラチオ好きな黒髪メガネの地味娘

この体験談は約 6 分で読めます。

僕が中学生のときの話。
相手は同級生の藍ちゃん(仮名、15歳)。
愛ちゃんとは同じ運動部で、どうしてエッチをするほどまでに仲良くなれたのかはよく覚えてないけど、いつも話していてデートも何回かした。

彼女は年相応の童顔で小柄な体型。
細すぎず太すぎずで、肩にちょうど届くくらいの黒髪で眼鏡をかけていた。
肌はどちらかというと色白で、部活動の時の体操服から伸びる綺麗な手や生足にはいつも興奮してた。
顔は中の上くらい。
クラスのマドンナって感じでもないし、超美少女ではないけれども、素朴な可愛さがあって、見た目は地味系だけどよく見たら結構可愛いタイプ。
ゲームが好きで若干オタク寄りってこともあって、女子の友達より男子の友達のほうが多かったと思う。
男子からはとても人気があって、みんな彼女が好きだったと思う。
もちろん僕も彼女のことが好きだった。

そんな彼女と仲良くなったきっかけは、誘われて始めた無料のインターネットゲーム。
今みたいにスマホなんて持てなかったから、そのゲームのメール機能で毎日のように話をしていて、どんどん親密な関係になっていった。
ときどきエロい話もした。
なんでこういう会話になったのか経緯は覚えていないけど、内容だけは覚えている。

『今度、抱き締めてみてもいい?』

そう僕はメールで送った。
彼女とかなり仲良くなっていて、好奇心や冗談、からかいも多少あったと思うけど、でも本当に好きだった。

『いいよ』

すぐに返事が来てびっくりした。

『布団の中で抱き締めてもいい?キスもしたい』

今考えると気持ち悪いと思う。
この時点で僕はかなり勃起していた。

『いいよ~///』

本当にこんな感じだった。

『キスしたら気持ちよすぎて射精しちゃうかも。そうしたらごめん』

僕はすかさずこう送信したのだけれども、このときだけは流石にやっちゃったなと思った。
散々キスだの抱き締めるだのほざいておいてって思うかもしれないけども、当時この“やっちゃった感”はすごく覚えている。
キスだけで射精するわけがない。
ただ、純情で可愛い彼女に『射精』というエロい言葉を聞かせてみたくて、どういう反応をするのかが楽しみで、そんな動機でメールを送った。
悪質でタチが悪いけれど、スカート捲りに近い感覚。
好きな女の子にちょっかいを出したい感じ。
当然罪悪感もあったし、嫌われるかもと思ったけれど、優しい藍ちゃんなら受け入れてくれるかもしれないという期待もあった。
それから5分くらい経って・・・。

『仕方ないよ・・・男の人が気持ち良くなっちゃったら』

ちなみに彼女は付き合っている人はいないし、当然僕は彼女の恋人でもない。
あと、この後のメールの内容は覚えていない。

同じ部活動の仲の良い男友達2人とクラスメイトの男1人と、藍ちゃんと僕。
放課後に5人で僕の家でスマブラをやった。
親も家にいたけど、途中で妹と一緒に出かけていなくなった。
みんなとのスマブラも夕方の4時くらいで切り上げて、各自解散してもらった。
もちろん藍ちゃんは除いて。

「あれ、藍さんは?」

男友達をとりあえず玄関まで送って扉を開けたとき、彼らにそう聞かれた。
僕は適当に「先に帰ったよ」と言って、男友達を帰るよう促した。
でも藍ちゃんはリビングの横の部屋にまだいる。

「ふ~ん。そうかぁ。じゃあまたな」

連中はそう言って帰った。
なぜこんな適当な言い訳で帰ってくれたのかわからないけど、本当にこのときは彼らに感謝した。
この後、藍ちゃんとベッドの中でイチャイチャして、彼女に射精することで頭がいっぱいだったからだ。
ものすごく興奮して、大好きな藍ちゃんと2人きりになれて幸せだった。

みんなが帰った後で彼女に「帰ったよ」と言うと、彼女ははにかんで「えへへ」と笑った。
ペタンとリビングの床に女の子座りをして、長袖から若干出た白い指先で前髪を分けて下を向いて笑っていた。
僕はすでにムラムラしていて、このまま彼女を抱き締めたかった。
いつも教室や部活で僕の前を通り過ぎるときに香る彼女のいい香り。
それが今、この部屋に満ちている。
甘ったるい果物みたいな香りだった。
もう誰も邪魔をする奴がいないわけだから、欲望のまま抱き締めて、痛いほど勃起したペニスを彼女に擦りつけたかった。
でも、とりあえずベッドまで我慢することにした。

ベッドがロフトタイプだから、狭くて高い階段を上がってもらって座ってもらった。
頭が天井につきそうなくらい狭くて窮屈だったけど、以後、月に一度はこのベッドで藍ちゃんとエッチをした。
家に親がいるときは、デパートや映画館とかの個室トイレでエッチをした。

ベッドの上でもやっぱり彼女はペタンと女の子座りをしてニコニコ嬉しそうにしていて、恥じらっているようにも見えるが満更でもない感じ。
彼女の方から積極的に来てくれるわけもなかったので、とりあえずお互いに服を脱いで、キスから始めた。

キスをした後は、僕は遠慮しつつもギンギンになったペニスに彼女に見せつけた。
僕はベッドの手すりにもたれて、藍ちゃんは寝転んで若干上体を起こして、その可愛い顔を僕の股間に埋めた。
インターネットゲームのメールでは、『キス』だの『抱き締める』だの言っていたが、この日はフェラチオをしてもらって、がっつり口内射精した。
フェラチオの涎でテカテカになったペニスを手で扱いて、彼女の目の前で見せつけたりした。
彼女もエッチな気分になっていて、ときどきアソコをグチュグチュと弄っていたし、可愛い吐息も漏れていた。
彼女の股から溢れる愛液の匂いに興奮した。

彼女はすごく一生懸命に咥えてくれた。
顔を上下に動かしてもらったり、舌先でアイスキャンデーを舐めるみたいにペロペロしてもらった。
どちらかというとおとなしめの女子中学生の藍ちゃんからは想像ができないほどフェラチオは積極的で、眼鏡をかけた黒髪地味娘の風貌とのギャップに悶絶した。

いつも教室でみんなと話している藍ちゃんの口。
柔らかくて小さい彼女のプニプニの唇が、勃起したグロテスクなペニスをねっとりとしゃぶっている。
ペニスの皮をしっかり剥いて、剥き出しになった亀頭をベロベロと舐め回す藍ちゃん。
普段と異なりすぎる、そのメスの姿に倒錯して、あっという間に射精しそうだった。

もちろんフィニッシュは藍ちゃんの口の中。
藍ちゃんは嫌な顔ひとつしない。
僕が、「このまま口の中に出してもいい?」と聞くと、目を閉じてフェラチオを続けながら黙って頷いていて、僕もそっと彼女の頭を押さえて射精の体勢に入った。

ちなみに、藍ちゃんはかなりのフェラチオ好きで、ザーメンジャンキーだったと思う。
これとは別のときに、「(精液を)かけられるのと飲むの、どっちが好き?」と聞くと、「飲むー」と即答だった。

この、ちょっと小生意気でマセた黒髪眼鏡のちょい美少女に思いっきり射精したい。
ドロドロの濃い精液を大量にぶちまけて、藍ちゃんが泣くほどに汚したい。
嗚咽を漏らすような量の精液を彼女の口内に流し込んで、彼女を征服したかった。
だからこの日のために僕はオナ禁をして精液を溜め込んだ。
精通した時みたいにドロッドロの黄ばんだゼリーみたいな大量のエグい精液を、彼女がゲップするくらい飲ませてみたかった。

「あぁっ!藍ちゃん、藍ちゃん・・・!出る、出るよ・・・!我慢して溜めた濃いのをたくさん口に出すよ・・・!」

藍ちゃんは一瞬顔を歪ませ、「んぅ~」と唸りながらも根元まで咥えて、僕の腰を両手で押さえてくれた。
僕も遠慮なく彼女の頭を抱え込んで思いっきり射精した。
ビクンと身体が跳ねて、ポンプのように大量に発射した。
ペニスの根元からズクンと響くような射精だった。
太い精液が尿道をゆっくり通過しながら、ビュグン、ビュグンと発射されたのがわかる。
相当に濃い精液が出たと思った。
彼女の口内を大量の精子で埋め尽くすのは最高の感覚だった。
でも、僕がどれだけ力んで精液を流し込み続けても、藍ちゃんは涼しい顔で精子を飲んでいた。
精子が出なくなってもしばらくは咥えたままペニスを離さず、「んー、んー」と言いながら、鈴口からちょろっと漏れた精子をすすり上げていた。
出し切った後、一応彼女を気遣ってティッシュを差し出すと・・・。

「全部のんじゃった///」

藍ちゃんが笑顔で言った。

彼女は口内に発射されても、精液臭くなった口を水とかですすぐことをあまりしなかった。
そんなエロい彼女が可愛くて、エッチの後は必ず抱き締めてイチャイチャした。
この日以降も、デパートの個室トイレや映画館、人気のないマンションの階段とかでフェラチオしてもらって口内射精を堪能した。
ズボン越しにペニスを触らせて、少し臭うペニスを藍ちゃんの顔面に突き出すと、すぐに咥えてくれた。
そういう場所では他の人に見つからないように亀頭だけ咥えさせて、僕が急いで竿を扱いて射精して、藍ちゃんの口に精液を流し込んでいた。
藍ちゃんは若干困り顔で『本当にここでするの?』という表情をたまにすることもあるけど、結局いつも、僕の変態行為を受け入れてくれる。
そんな彼女のことが大好きだけど、同時に性欲の捌け口のように扱ってしまう。

藍ちゃんに初めて口内射精したあの日以来、僕はほとんど、彼女とのエッチを妄想してオナニーしていた。

タイトルとURLをコピーしました