同じマンションに住んでる人妻をオナホ代わりに

この体験談は約 3 分で読めます。

つい最近セフレができた。
相手は同じマンションに住む人妻。

彼女は週3回のゴミ捨ての日に、ほぼ毎回、自分と同じ時間に捨てに来ていた。
その女性は自分のゴミ出しだけではなく、ゴミステーション周辺に散かったゴミも掃除する気の利く女性だった。
最初は「おはようございます」程度の挨拶しかしなかったが、慣れてくるにしたがって世間話もするようになった。

ある日、いつものようにゴミステーションで世間話をしていると、インターネットが突然繋がらなくなったと言う。
その日は土曜日で俺も休みだったので、「良かったら見ましょうか?」と言うと、「えっ、助かるわ~、お願い!」ということで、彼女の自宅へ行くことに。
旦那さんは単身赴任で、滅多に帰ってこないことは知っていた。

家に入るとリビングにPCがあった。
さて、原因はなんだろう?とマウスを手に取った瞬間、モデムのコンセントが抜けているのを発見。
コンセントを入れてすぐに帰るのも何だったので、「ちょっと時間がかかるかもしれませんが大丈夫ですか?」と聞くと、「急がなくていいからゆっくりやってね。本当にごめんなさいね」ですって。

しばらくして、ネットでお気に入りの無修正のエロ動画をフルスクリーンにして流した。
そして、「奥さん、これはウイルスにやられてますね」と嘘をついた。
奥さんが、「このエッチなのは止められないの?」と聞いてきたので、「無理やり止めるとPCが壊れてしまいます。今、ウイルス対策のソフトを入れたので、このまま30分くらい放置してください」と、あり得ない説明をした。
しかしPC音痴の奥さんはあっさり納得したようで、「じゃあお茶でも入れますのでゆっくりしててください」とソファーに座らせてもらった。
そのあと奥さんはエロ動画に興味を持ったようで、「うあ~すごい!」とか「あら~!」とかまじまじ見ていた。

俺「旦那さんとはこういう事しないんですか?」

奥さん「全然!もういつしたのかも忘れちゃったわよ」

俺「え~、勿体ないですね!奥さん綺麗なのに!」

俺はお世辞を言った。
奥さんは、「あら、お上手ね!ありがとう!」と満更でもない感じ。

俺「今日だけ、僕とダメですか・・・?」

奥さん「ダメって・・・何を?」

俺「奥さんとこういう事したいです・・・」

エロ動画を指差して言った。

奥さん「ちょっと~!からかわないでよ~!」

俺「本気ですよ!ダメですか?」

奥さん「え、ダメでしょ・・・。旦那もいるし・・・」

俺「今日だけでいいんです!2人だけの秘密にしますから!」

俺は立ち上がり奥さんに抱きついた。
奥さんは顔を真っ赤にして、「ダ、ダメでしょ・・・」と拒否する素振りを見せたが、体は抵抗していない。
俺は何も言わず奥さんの唇にキスをした。
奥さんは最初は体が硬直していたが、すぐに力が抜けた。
俺は同時に口内に舌をねじ込んだ。

その後はもうやりたい放題。
服を脱がせ、体中を舐め回し、チンポを咥えさせた。
そしてエロ動画のバックミュージックとともに挿入。
その辺の淫乱女とは違って喘ぎ方にも品がある。
最後は騎乗位にして自分で腰を振らせてフィニッシュ。
お構いなしに大量中出しした。

それからというもの、毎日のように彼女の自宅に上がり込み、セックス三昧。
出勤前にセックス、帰宅前にセックス。
同じマンションだからオナニー代わりにセックスしまくっている。

タイトルとURLをコピーしました