とびきり可愛い新入社員と元旦カーセックス

この体験談は約 5 分で読めます。

今から10年近く前の、まだ厚底サンダルが流行っていた頃の話。
オレの勤務する会社に、とびっきり可愛い娘(M)が入ってきた。
制服好きのオレとしては、それもかなりそそるのだが、毎週土曜日は私服で出勤していてMの普段の姿が見ることができた。
身長こそないが、厚底サンダルを履き、デニムのミニで細い足を惜し気もなく出しているのがかなりそそられた。
それこそオレのどストライクで、完全に一目惚れだった。
これまでと違っていたことと言えば、付き合いたいとヤリたいが同時だったということw

思い立ったが吉日、早速口説きに入った。
とりあえず食事or飲みな感じで誘ったが、全くOKが貰えない。
嫌悪感を抱かれている素振りもないし、彼氏もいなけりゃ好きな人もいないのに。
理由を聞いてみると・・・。

M「相手のことを好きになってもいないうちからデートもしないし、付き合うこともできない」

正直、今まで『とりあえず付き合ってみる?』みたいな感覚で色んな女と付き合ってきたオレにとって、それは衝撃的な言葉だった。

しかし、そう言われちゃ合わせるしかない。
何としてでも近づきたいオレは考え、ある作戦を思いついた。
2人きりでは会ってくれないみたいだが、グループでならOKなはず。
ちょうど上手いことに同僚と事務所の別の女が付き合っていて、しかもMと仲がいいらしく、これを利用しない手はない。
早速4人でデートには持ち込めたのだが、やっぱり簡単には落ちない。
今どきこんな堅い女がいるだろうか?
正直こんなに苦労したのは初めてだったし、ここまで1人の女に執着したのも初めてだった。
ただ毎日見ていても惚れ惚れするくらい可愛くて、日に日に性格の良さも明らかになっていく。
実際は落ちない女を落とすことに執着していたのかも知れないが。

そんなこんなで半年が過ぎた暮れの仕事納めの日、待ちに待った言葉をMから聞くことができた。

M「大晦日の夜から初詣に行かない?」

オレ「えっ?他に誰が行くの?」

M「2人きりでじゃダメ?」

(マジか?!)

オレ「え?え?それって・・・」

M「ずっと遊んだりしててすごく楽しかったし、優しくしてくれたし・・・何よりY(オレ)の気持ちが伝わってきて好きになっちゃったみたい」

このとき初めて、天にも昇るような気持ちというのを体験した。

そして待ちに待った大晦日。
真っ白なコートに身を包んだMと手を繋ぎ、地元から少し離れた所にある神社へと車を走らせた。
実際、舞い上がっていたオレは初詣の辺りの記憶が全くないw
初詣を済ませ、ファミレスで食事をしたと思う。
しかし舞い上がり過ぎてその後のことを全く考えていなかったオレは、「少しドライブしようか?」などと言って車を走らせたが、気付けば自分たちの会社まで戻ってきてしまっていた。
時間は2~3時だったと思う。
とりあえず敷地内の駐車場の社屋の陰になっている場所に車を停め、そこで話をすることになった。
内容こそ憶えていないが、付き合いたての2人には、それこそ時間がいくらあっても足りないほどにお互いのあれこれを話していたと思う。

少し大きめの車に乗っていたオレは、明らかに広々とくつろげる後部座席にMを誘い体を寄せ合って話をしていたのだが、いつしかじゃれあうな形となり、当たり前のような流れでキスをした。
普段は活発なMだが、がっつく勢いもなく、身体を全て預けるような形でオレに抱えられ、何度も唇を重ねた。
その流れ、空気もまるで不自然なことはなく、今まさにオレの当初の願望が叶う瞬間でもあった。
しかしさすがのオレも、初詣→カーセックスの流れになるとは予想もしてなかったので多少の戸惑いはあった。
しかし、全く嫌がる素振りを見せないMを前にオレは止まることができなかった。

左腕でMを抱え、シートに持たれている状態。
舌を絡め合いながら右手をMの胸に置いてみる。

「んっ」と息を漏らして少し腰が浮く。

(あぁやっぱりOKなんだ)

心の中でそう呟き、Mのスレンダーな身体に相応しい小ぶりな胸を擦るように揉んでみる。
すると、「んんっ」とさらに大きな息を漏らし、頭をオレの首から胸の辺りに擦り付けてくる。
この可愛らしさにオレはもうフル勃起!
キャミソールの下から手を入れて、ブラの上から強めに揉んでみた。

M「ダメっ」

慌てて服の上からオレの手を押さえるが、ここまで来てダメと言われてもと、すかさず背中に手を回してブラを外した。

M「もぉ~ダメだってぇ、お外が明るくなってきてるよぉ」

そう言われて我に返り、窓に目をやると、微かにだが明るくなってきていた。
夢中になりすぎて気付かなかったが、いつの間にか朝になっていたみたいだ。
とはいえ、元旦の会社の敷地内。
いくら車の中とはいえ誰が来るわけでもない。
そうMに伝えてキスをすると、「でもぉ」と言いつつ力が抜けた。
すかさずオレはMの生乳に触れてみた。
一瞬ビクッと身体を反らせたが、すぐに全身の力を抜いてオレに預ける格好になった。
シートを倒し、優しくMを寝かせ、首筋から肩にかけてキスをしつつ小ぶりな胸を揉み、時には親指で乳首を転がしてみたりした。
そのたびに「んっ」「はぁん」と、いい反応を見せるMに、今にも射精してしまいそうなほど興奮してきた。

数時間も停車して暖められた車内は寒さを微塵も感じることはなく、オレは躊躇なくMの服を胸の上まで上げた。
空が微かに明るくなりはじめて車内も見通しがきくようになっていた。
白く綺麗な胸が露わになる。
Mに恥ずかしい思いをさせてはと思い、すかさず覆いかぶさる。
脇の下の辺りから乳首へ向かい、ジワジワと舐めていく。
声こそあまり出さないが、小刻みに身体を捩らせるのがまた可愛い。

オレの舌が頂点に達した瞬間、「あぁっ」と今日一番の声をあげ、身体を仰け反らせた。
あくまで自己満足なのだが、(下の方は溢れまくってるんだろうな)と思うほどに胸を責め続けた。
その頃になるとMもリラックスしてきたのか、オレの下半身に手を伸ばし、服の上から上下に動かしてくるようになった。
Mがオレの股間を弄るようになったのを見計らい、そろそろかなとMのズボンに手を掛け、あえて下着は脱がさないように下ろしてみた。
特に抵抗はないようだ。
ホッとしたオレは調子に乗り、右手で膝や太ももを弄り徐々に手を秘部に近付けた。

「さすがに少し寒いよぉ」

Mにそう言われて我に返り、自分の配慮のなさを心の中で責めた。
仕事で深夜になることが多く、普段から車に毛布を常備していたので、ラゲッジスペースに手を伸ばし毛布をMに掛けた。
Mはすかさずその毛布をオレにもスッポリと掛けて抱きついてきた。
若干中断してしまった感があり、しばらくその格好のままじゃれあっていた。
まあ何しろ可愛い。
気付けば車内も外もしっかり見渡せるほど明るく、完全に朝を迎えていたようだった。
オレの会社は、とある国道沿いにあり、車の行き交う音がずっと聞こえていたのだが、時計を見ると7時。
元旦とはいえ、さすがに交通量も増え、車外の騒音も増していた。
しかし、そんな事はお構いなしにオレとMはじゃれ合っていた。

そこへ国道の音とは明らかに違う車の音が近くに聞こえた。
恐る恐る窓から外を覗いてみると、1台の車がオレの車に向かって来ていた。

(えぇっ!)

元旦の会社の駐車場。
たとえ社員が国道を通りかかったとしても緑地帯の陰でオレの車に気付くはずもない。
それでもパニクるw
短い時間の中、必死に状況を整理する。
一瞬目撃したあの車は確か上司の車。

(上司がなぜオレの車に向かってくる?)

そうこうしているうちに車のエンジンが止まったのが分かった。
もう一度外を覗いてみると、数台離れた所に駐車して車から降りようとしているところだった。
Mに小声で話しかけた。

「オレらのとこに来たんじゃないみたいだよ」

「えぇ?じゃあなんでTさんがここにいるのぉ?」

そこへ足音が近づいて来た。

(ヤバッ!)

すかさず毛布を被り、2人でスッポリと姿を隠した。
毛布の隙間から明らかに車内を窺っている上司の影が見えた。
死ぬほどドキドキしたが、しばらくして上司はそのまま社屋へ向かい歩いていった。
しかし、もうここには居られないってことで、Mにズボンを穿かせて逃げるように会社を出発した。
もちろん行き先はラブホだ。

期待して読んでくれた奴、たいしてエロくなくてスマン。
ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました