出会い系で知り合った美人女子大生と生で!

この体験談は約 3 分で読めます。

僕は直輝。
高校2年生の時出会い系を始めた。
男子校だったから出会いがなく、セックスも未経験・・・。
でも友達はどんどん卒業していく。
だから出会い系をした。
ほとんどはサクラだったが、中には本物もいた。
出会い系をしていることは誰にも話さなかった。

数ヶ月経った頃。
僕は出会い系で23歳の大学生と知り合った。
処女ではなかったが可愛い系。
話をして僕が童貞でセックスをしたいと言ったら理解してくれた。

数日後に会った。
駅から近くの人通りが少ない駐車場で会うことにした。
すっぽかしとか不安だったが、ちゃんと来てくれた。
黒い軽に乗ってきて、僕を見つけた。

「直輝君だよね?私が愛莉よ」

美人だった。
少し松井愛莉似だった。

「こんばんは・・・」

僕は緊張した・・・。

「じゃあ乗って」

僕が車に乗ると愛莉さんは聞いてきた。

「すぐにホテル行く?それとも何か食べたりする?私はどっちでもいいよ」

僕はセックスがしたかった。
車に乗ったときから勃起していた。

「じゃあホテルで・・・」
「分かった。ゴムは持ってきた?」

「すみません持ってないです・・・」
「まぁいいよ、私持ってるし」

しばらくしてホテルに着いた。
そのホテルは駐車場から直接行けるホテルだった。
安心した。

部屋に入ると愛莉さんがシャワーを浴びると言ってバスルームに行った。
僕は緊張と興奮でいっぱいだった。
愛莉さんが僕を呼んだ。

「一緒に入ろうよ!洗ってあげるから」

僕は裸になって入った。
女性の前で服を脱いだのは初めて。

「じゃあアソコから洗うね」

愛莉さんは僕の勃起したペニスを手で洗った。
洗うと言うよりしごいてる。

「あっ」

そのまま僕はイッてしまった。
愛莉さんは笑顔で、「スッキリした?」と聞いてきた。
洗い終えるとベッドに移動した。
愛莉さんは僕の前で股を大きく広げた。
マンコには毛がたくさん生えてて濡れていた。

「先に舐める?それとも胸から?キスでもいいよ?」

僕は体を股に入れた。
そしてキスをした。
胸を揉んだ。
舌を口に入れた。
乳首をしゃぶった・・・。
愛莉さんを見ると顔が真っ赤だった。

「もう入れて・・・我慢できない!」

僕はゴムをしようとしたが、付け方が判らなかった。

「貸して、私が付けてあげる」

愛莉さんは僕のペニスを持ってゴムを付けた。
それだけで、もう出そうだったが我慢した。
ゴムを付けると愛莉さんは股を広げた。

「入れて・・・」

僕はビンビンに勃起したペニスを愛莉さんのマンコに入れた。
入れた途端、出そうになった。
なんとか我慢して腰を振った。

「はぁんーあ!はぁ」

愛莉さんの顔を見ると手で口を押さえていた。
僕は激しく腰を振ると、壊れたみたいに喘ぎまくっていた。

「出る出る!」

僕は出した・・・。
愛莉さんもヘロヘロだった。
アソコから抜いてゴムをとった。
ゴムを捨てようとすると・・・。

「待って飲みたい・・・」

僕は驚いたが、言われるままゴムを渡した。
愛莉さんはゴムに入った精子を飲んだ。

「美味しい・・・捨てるなんて勿体無いよ」

またしたくなり、僕が新しいゴムを付けようとしたら。

「いいよ、生でも」

「いいんですか?生で・・・」

僕は嬉しくなり愛莉さんのマンコに入れた。
さっきよりも気持ちよさそうな顔をしていた。
腰を振りまくった。
またすぐにイキそうになったが我慢した。

「イク!もう・・・ダメ!」

僕は中に出した。
そして出した途端、眠たくなった。

「どうだった?初体験は?」

「最高でした。でも大丈夫ですか?中に出して・・・」

「いいよ、今日は」

少し話をした後、ホテルを出た。
車で駅まで送ってくれたが、まったく話はしなかった。
着くと車を降りた。

愛莉さんは、「じゃあね、バイバイ」と言って行ってしまった。

それ以来愛莉さんに会ってない。
でも最高の初体験だった。

今は大学生で彼女もいる。
でも愛莉さんのことを忘れたことはない。
もし、また会えるなら会いたい。

タイトルとURLをコピーしました