クラスメイトの可愛い妹を美味しくいただきました

この体験談は約 6 分で読めます。

高2の夏休みが終わりが近付いた頃、悪友の大木と、あるクラスメートの家に行った。
理由は簡単。
そいつは竹下って言うんだけど、俺たちの宿題をやらせる為だ。
竹下はゲーマーで、そんなに友達もいないから、きっと家でゲームでもやってんだろ。
そう思って行ったら案の定。
俺達の顔を見てドキッとしてたけど、快く(?)お手伝いしてくれることになった。

カリカリとエンピツの音だけが聞こえる。
俺と大木は竹下から漫画を借りて読んでるんだけどね。
と、突然部屋のドアが開いて、「お兄ちゃん、ただいま~」って可愛い声。
声の方を見ると、これまた可愛い顔が。

「あっ、お帰り」

竹下がそっちを向いて無愛想に答える。

「あっ・・・お友達が来てたんだ・・・こんにちわ」

ちょこんと頭を下げる少女。
俺と大木は2人してとびっきりの笑顔で、「やぁ」と微笑みかける。

「じゃ私、部屋にいるね」

少女が竹下に話しかけ、扉は閉められた。

「おい、竹下!あれ、誰よ?」

ヘッドロックをかけながら竹下に尋ねる。

「あぁ・・・妹・・・」

素っ気なく答える竹下。

「お前、妹いたのかよ?」

「うん、詩織・・・中3なんだけどまだまだ子供っぽくてね」

俺と大木は顔を見合わせ、ニヤリとした。
竹下はそれに気付いてなかった。

「あーーーーっ!カルピスソーダ飲みてぇーーーっ」

「俺はスコールだな!」

大木も合わせる。

「コーラならあるけど・・・」

竹下が答える。

「馬鹿やろう!」

竹下の頭を殴りつける俺。

「カルピスソーダって言ってるだろ!」

「俺はスコールね!」

大木も続く。

「なぁ竹下!買って来てくれるよな!」

「な、なんで僕が・・・」

泣きそうな顔をして竹下は出て行った。
竹下の家から最寄りのコンビニまでは片道15分はかかる。
俺と大木は顔を見合わせ、もう一度ニヤリと笑った。

軽く咳払いをして、俺はドアをノックした。

「はぁい」と可愛い返事。

「詩織ちゃ~ん」と呼びかけると、ドアが開いた。

「なんですか?」

ちょっと訝しそうな顔も可愛い。

「僕達さ~、お兄さんに頼まれて勉強を教えてあげてたんだけど・・・」

「ところがお兄さんね・・・カルピスソーダが飲みたいとか言い出して、僕達を置いて買い物に行っちゃったんだよ」

「で、僕達も喉が渇いたし、何かないかな?と思って・・・」

「すみませ~ん・・・ホント失礼な兄で・・・」

詩織ちゃんはそう言うと、階下に駆け下りて行った。
すぐにお盆にコーラが注がれたグラスを持ち、詩織ちゃんが上がって来た。

「あっ、ごめんねぇ。重たい思いをさせて」

俺はお盆を受け取り、竹下の部屋のテーブルの上に置く。
そして詩織ちゃんも必要もないのに部屋に入ってきた。

チャ~~~~~ンス!

「お兄さん帰って来るまで、ちょっと暇だな~・・・」

「詩織ちゃん、ちょっと遊ばない?」

「えっ?遊ぶって・・・きゃーーーっ」

詩織ちゃんが着ていた白いワンピースは、男2人の手により、あっと言う間に布切れに変わった。
ブラとパンティだけになった詩織ちゃんを抱え、ベッドに放り投げる。
頭の方に大木が回り、俺は開かれた足の間に腰を滑らせた。

「やっ・・・やめてください!やめて~~~~~っ」

詩織ちゃんは泣き叫ぶが、ここまで来たらやめられない。
大木はブラの上から、まだ小さな胸を鷲掴みに。
俺はパンティの上から割れ目をなぞっていく。

「やだ~~~~~~っ!いやーーーっ!」

詩織ちゃんの泣き叫ぶ声だけが聞こえる。

「せっかく可愛い下着着てるけど・・・脱いじゃおうね」

そう言って俺はパンティに手をかける。
大木も一気にブラを外した。

「やだ~~~~~~~~~~~っ」

呆気なく全裸になった詩織ちゃんは手足をバタバタさせて抵抗する。
俺は手に自分の唾液をいっぱいつけて詩織ちゃんの股間に塗りたくる。
そして指を、すぅーーーっと・・・。

「あっ・・・やっ・・・やだ・・・」

詩織ちゃんの声のトーンが落ち、動きが止まった。
大木は大木で、まだ小さな突起に過ぎない乳首を摘んでる。

「だ・・・だめ・・・やめて・・・」

だけど手足はすっかり動きを止め、無抵抗状態。
やがてオマンコがクチュクチュと音を立てだした。

「感じてるんだ?」

意地悪く聞く俺。

「ち・・・違う・・・違い・・・ます・・・」

でも詩織ちゃんの口は、すでに半開きだった。
俺と大木は、もう一度顔を見合わせ、ニヤリと笑った。

「このままレイプしちゃおうかな?」

詩織ちゃんは真顔に戻り、「だめっ」と叫んだ。

「だって、おっぱい触られたり指入れられて随分気持ちよさそうじゃない?」

「そ、そんなこと・・・」

口ではそう言いながらも何も抵抗しない詩織ちゃん。

「レイプが嫌ならさ・・・その可愛いお口で俺たちのペロペロしよっか」

俺たちも服を脱ぎ、詩織ちゃんを挟むように立つ。

「ほらっ・・・さっさと咥える!」

しかし、なかなか口を開こうとはしない。

「じゃ、レイプだな・・・」

そう言って俺はチンポを詩織ちゃんの唇に押し付けた。

「舐めないと、やっちゃうよ」

仕方ない・・・本当にそんな顔をして、詩織ちゃんは口を少し開いた。
俺は一気にチンポを口に入れた。

「噛むんじゃねぞ!」

大木は詩織ちゃんの手を掴み、無理やり手コキをさせる。
俺は舐めさせながらも詩織ちゃんの胸を触りまくる。
少し舐めさせて大木と交代。
今度は俺が手コキさせ、大木が咥えさせる。
そんな事を繰り返してるうちに、当然ながら催してきて・・・。
小さい口の中にたっぷりと放出した俺。
無理やり飲ませた後、間髪入れずに今度は大木が・・・。
2人分の精液を無理やり飲まされ、放心状態の詩織ちゃん。
と、そこに竹下が帰ってきた。

「な、何やってんだよ!」

全裸の俺たちを見て凄い形相で部屋に入ってくる竹下。
でも俺達の敵じゃないし。
あっさりと返り討ちにして、縄跳びで机に縛り付けた。

「さ~て・・・今度は詩織ちゃんを気持ちよ~くしてあげるね」

詩織ちゃんはゴクンと唾を飲み込んだ。
大木がディープキスをしながら、詩織ちゃんの乳首を執拗に攻める。
俺は左手でクリ。
右手中指をオマンコに入れ、どっちもゆっくりと動かす。
詩織ちゃんの抵抗は、もう一切ない。
それどころか、「あ・・・ああっ・・・」とか、軽く喘いでいる。
しばらくして詩織ちゃんの体が硬直し、最初の絶頂。
すぐに体中を舐め回し、あっさりと2回目の絶頂。

「堕ちたね・・・」

大木とニヤリを笑う。
立たせて手を引き、竹下の前に連れて行く。
目の前で、すでにグショグショになったオマンコに指入れ。
四つん這いにさせ、大木に竹下のズボンを脱がさせる。

「舐めろ!」と言うと、あっさりと口を開いた。

「やめろー!詩織っ!やめろーーー」

竹下が絶叫するが、詩織ちゃんは兄のを口に含んだ。

「やめ・・・やめろ・・・やめさせて・・・」

竹下の声がだんだんと小さくなっていった。

「妹の口に出したくなけりゃ、イクときはちゃんと言えよ」

詩織ちゃんに手マンを続けながら俺は竹下に言った。

「い・・・イク・・・イキ・・・そう・・・」

やがて力なく竹下が呟いた。

「止めるなよ!」

詩織ちゃんにそう言い、竹下にも言う。

「もう少し我慢しろよ」

「で・・・出来ない・・・イク・・・イッちゃうよ・・・」

妹の口に精液を放出した兄。
兄の精液を飲み込んだ妹。
たまらんね~。
ぐったりした竹下から詩織ちゃんを引き離す。

「今度は一緒に気持ち良くなろうね」

俺の下で「アンアン」と言い続ける詩織ちゃん。
最初は痛そうだったが、すぐに慣れてしまったのか、いい声で鳴いている。
パンパンパンという肉がぶつかる音と、ギシギシギシとベッドが軋む音がする。
大木はベッドに腰掛け、手だけを伸ばして詩織ちゃんの胸を弄る。
やがて気持ち良くなった俺は、詩織ちゃんから一端離れ、抱き起こして顔にたっぷりと・・・。
大木はバックから。
詩織ちゃんは首を振り、またしてもいい声で鳴いている。
やがて大木も詩織ちゃんの顔に。
顔の精液を拭いてやり、詩織ちゃんを抱き起こして尋ねる。

「お兄ちゃんともする?」

ブルブルと首を横に振った。

「お兄ちゃんとするか、俺たちともっとヤリまくるか・・・どっちにする?」

「お、お兄ちゃんとは・・・出来ません・・・」

「じゃ、俺たちとヤリまくるんだ?」

コクンと頷く。

「俺たちとヤリたいんだね?」

そう尋ね直すと、少し間が空いたが、また頷いた。

「じゃあ、お願いしてごらん」

「し・・・詩織と・・・して下さい・・・」

「よしっ!」

それから大木と俺は3回ずつ出した。
俺と大木と竹下にとって忘れられない夏休みとなった。

タイトルとURLをコピーしました