隣の奧さんに看病してもらって精気を搾り取られた

この体験談は約 8 分で読めます。

昨日、初めて隣の奥さんと結ばれました。
野獣のように貪られて、今日はもう仕事をやる気が出ないです。

相手は33歳の奥さん、オレは28歳。
8階建ての集合住宅で、オレは8階、奥さんは7階、エレベーターではよく挨拶はしてた。
引っ越してきたばかりのオレは右も左も解らないので、エレベーター内ではスーパーの場所とか、美味しい店や薬局を教えてもらっていた。

きっかけは9月8日、薬局での出来事。
風邪気味のオレは悪化するのを恐れて、冷えピタとかぜ薬を買っていた。
そこで偶然奥さんと会った。

奥さん「あらっ、風邪引いたの?熱とか出たら一人暮らしは大変よねぇ」

オレ「そうですね、誰も御飯作ってくれないですしね」

奥さん「もし風邪がひどくなったら電話しなさい、うどんくらいなら持っていってあげるから」

オレ「ありがとうございます、でもこれで治りますよ」

そこで奥さんの携帯を教えてもらった。
オレのも名刺の裏に書いて渡した。

その後、予想以上に悪化するオレの風邪。
9月10日は会社を休んだ。
寝ていると携帯が鳴って、奥さんからだった。

奥さん「風邪、大丈夫なの?今は会社かしら?邪魔になるといけないから切りますね」

オレ「いえ、今は家にいます。やっぱりこじらせちゃって今日は仕事を休みました」

奥さん「あらっ!御飯は食べたの?着替えは?薬は飲んだの?あ、ごめんなさいね、私、昔看護婦だったから気になるのよ。今はどう?うどん作って行くけれど食べる?」

オレ「はい、お願いします」

ここからは、だるい身体を叩き起こして、部屋の掃除やら風呂の掃除やら。
何を考えてるんだと思いながらも、何かを期待はしていた。

ピンポンとドアベルが鳴る。
薄い白のブラウスと紺のスカートという姿。
ブラウスの下は見せブラなのか、白い下地にピンクの刺繍の入った物で、奥さんの胸の大きさを強調するような半カップデザインだった。
紺のスカートは膝丈で白い脚がチラチラと見え隠れするが、太ももは見えない。
手は綺麗に手入れされマニキュアが塗ってあり、指先は細く整っている。
唇はグロス系の口紅でキラキラと輝き、化粧は濃くもなく薄くもなく適度な感じ。
全体のバランスとしては決して痩せてるとは言えないが、ウエストは判別できるし、尻はデカイがその事は胸の大きさでバランスがとれているように思える。
髪は後ろで一本に束ね、うなじの産毛が妙にいやらしく感じる。
茶髪ではなく綺麗な黒髪でストレートだった。

オレ「どうぞ・・・」

奥さん「悪いわね、強引に押しかけちゃって。私、具合が悪い人を見ているとじっとしてられないのよ」

香水の臭いがサラサラと漂って、正直この場で貪りつきたくなる。
しかし、ある事に気がついた。
たかが病人1人見るために、なんでこんなに化粧や香水、そして綺麗に着飾る必要があるのか?
ちょっと不思議に思った。

奥さん「うどん冷めちゃうから、早く食べなさいよぉ」

オレはお腹が空いてたからガツガツと食べた。
お腹一杯になって、(奥さん、帰るのかな?)と思ったんだけど、どうも帰る様子はない。

オレ「ごちそうさまでした。これで元気出ますよ。ありがとうございます」

奥さん「へぇ~、◯◯さんの家って綺麗なんですね、うちなんて旦那が散らかすし、全然片付かないわよ」

部屋を見回す奥さん。

オレ「ええ、奥さんが来るから掃除したんですよ」

奥さん「ダメよ寝てなきゃ、余計に具合悪くなっちゃうわよ」

オレ「いや、女性が家に来るとなったら誰だって綺麗にしますよ」

奥さん「あ、私のことを女性って見てくれるのね、嬉しいわ」

オレ「奥さんはいつも綺麗ですよね~。ナンパとかされません?」

奥さん「全然だよぉ~、主婦になってからは全然ダメ」

オレ「そうですかぁ?綺麗だから声かける人とか多いと思うんですけどねぇ~」

そのあと、「僕もその1人だったりして」と冗談ぽく言って笑ってみた。
そしたら奥さん、「そ~なの?」と素っ気ない答え。
オレ、しょんぼり。

意を決して、「僕は奥さんのこと、綺麗だなぁ~って思いますよ。けど人妻さんですし、その辺はやっぱり諦めてますよ」と、再び笑いながら言ってみた。

すると奥さん、なんだか恥ずかしそうに頬が赤くなってく。

奥さん「まぁ私だって、旦那がいたって女だから、いくら風邪を引いてるって言っても、変な人の所へは行かないし・・・」

ここで初めて、(これはいけるかな?)と思った。

オレ「暑いですね、シャワーでも浴びていきます?」

奥さん「綺麗に洗ったばかりですからw」

ハッキリ言って、前の会話からはなんの脈絡も無いことを言ってしまい、すげー恥ずかしい。
しかし!

奥さん「そうしよっかな!人んちのシャワーなんて浴びたことないし!借りますね」

奥さんがシャワーを浴びてる間にベッドとか綺麗にしたりして、なんだか妄想野郎に成り下がってしまいましたが、奥さんが「タオル貸してくれるぅ~」と叫んだときに我に返り、いそいそとバスルームへ。
そぉーっと扉を開けて片手だけでタオルを渡すと、いきなりドンッと扉が開き、全裸の奥さんが目の前に。

奥さん「もういいよね。私の気持ち、わかってるでしょ?さぁ一緒にシャワー浴びよう!」

何も言えないし、ドキドキして息が苦しいし、熱が確実に上がった感じした。

オレ「いえっ・・・奥さん・・・タオル・・・これっ」

どぎまぎしながらタオルを渡しても受け取ろうとしない。

奥さん「早く脱いでこっちいらっしゃいよ、風邪引いてるから、お風呂に入れなかったでしょ?」

内心めちゃくちゃ嬉しいのに、なんか紳士ぶってる自分に嫌気がさしましたが、2人で風呂場に入ると、奥さんは恥ずかしそうにしながらもボディーソープを手にとって、背中を流してくれた。
頭も、「ほらっ!フケとか出るとかっこ悪いよ」とか言いながらゴシゴシと洗ってくれますが、奥さんは無理に強がってる感じがあって、「ココも洗わないと遊べないぞ」とか言いながら年上の誘惑を装ってる気がしました。
股間の部分を丁寧に洗われると、もちろんビンビンに。

奥さん「おあずけだよ!」

オレ「えっ?」

奥さん「後でね、まずは綺麗に洗うのが先。それとね、今は奥さんじゃなくて『理恵』って呼んで」

なんだか昔のAVみたいな感じで笑いたくなってしまいます。

オレ「理恵さんはドキドキしないんですか?」

と無粋な質問すると・・・。

奥さん「するわよぉ~。だってこんな事したことないんだからぁ」

オレ「したことがない割には誘い方が上手いですよ」

からかってみる。

奥さん「こら!そんなこと言うと帰っちゃうからねw」

綺麗な歯を見せて笑う奥さん。
それから胸をプルプル揺らしながら全身を泡々してくれた。
シャワー終了後、タオルで拭いてもらい、いきなりベッドに行くのも気が引けたけれど、思い切って、「綺麗にしておきましたよ、ベッドも」と連れて行くと、「なんだ、◯◯君もそのつもりだったんじゃない、ずるいよぉ~私にだけ誘わせてぇ、意地悪してたな~コイツ!w」と、おでこをコツンと突いてくる。
可愛い仕草に興奮度MAX、もう我慢出来ませんでした。

「理恵さん?」と呼んで、「ん?」と言い終わるか終わらないかの瞬間にベッドに押し倒し、胸を覆っているタオルを引き剥がす。

奥さん「ちょ、ちょっと◯◯君!早過ぎるよぉ展開がぁ、ちょっ・・・」

言葉も聞かず胸の谷間に顔をうずめてパフパフしてると、乳首周辺が急に硬くなるのが感じられて、チロッと舐めると・・・。

奥さん「ダメっだって・・・もっとゆっくり・・・ちょっとダメ」

なんて抵抗する言葉は言いますが、手はオレの頭を押さえて、『もっとしなさい』と命令しているような感じ。

奥さん「ちょっと聞いて聞いて!私ダメなの、すぐイッちゃうから、ゆっくりやって」

そんな事お構いなしで暴走特急。
胸を揉み揉みしていると、「右のほうが感じるの」とリクエスト。
右側をベロベロ舐めると自然に腰が浮いてくる。

奥さん「あぁ、もっと揉んで、もっと舐めて」

オレ「理恵さんって胸大きいですね、今日のブラはやっぱりオレに見て欲しいと思って着けて来たんですか?」

奥さん「新しく買ったから・・・んっ」

説明させてるうちに股間に手を伸ばすともう熱く、透明な液体がトロトロと溢れ、ローションかと思わせるほど出て、糸を引いてます。

奥さん「クリ弄りながら指入れて!ゆっくりね、ゆっくり・・・ゆっくっ・・・ん~、ゆっくりだって言ってるのにぃ~」

ゆっくりじゃなくて速くやってしまいました。
奥さんのイキ顔を早く見たくて。

奥さん「ダメダメダメぇ~もう・・・あっ・・・」

身体は弓なりになって、奥さんは「イク」じゃなくて「来る」という言い方をしてました。

「あっ、来るよ来るよ、来た・・・ぐぅっ」

気持ちい波が来る感じがするそうでうす。
ガクガクと震える太もも、おでこのしわを寄せて苦しそうな表情。

奥さん「こ、こんなこと、いけないことだよね、いけないよね、いけなっ・・・あぁぁダメぇ気持ちいぃ~」

手の隙間からジワジワと漏れる液体。
どうやら奥さん、AVのようにピシャー!っとは吹かないようです。

オレ「理恵さんのあそこってクリが大きくてやらしいですね、こんな所に入れたら気持ちいいでしょうね」

奥さん「もうダメぇ、早過ぎるよぉ、じっくりやってよぉもぉ~、入れるの待ってよぉ」

我慢できずに挿入。

奥さん「ダメだって~、入れたらまたイッちゃうよ」

オレ「だって理恵さんのココ、すごく気持ちいいですよ、濡れてて温かくて、これじゃあ中に出ちゃいそうです」

1回抜いてゴムを装着しようとすると・・・。

奥さん「いやよ、生の感覚が好きなの。中出しはちょっと怖いからダメだけど、生ならいいよ。その代わり、ゆっくりしてよね。早くしたら、終わった後でお仕置きしちゃうからねw」

とは言われたものの、思いっきり速く正常位で打ち付けます。

奥さん「だめって言ってるのにぃ~、あぁぁ~!」

再び奥さんの体がビクビク震えて・・・。

奥さん「ちんちんが奥まで来てるよぉ、奥までぇ、あぁ!来てぇるぅ」

最後の方は言葉にならない様子。

オレ「理恵さんって、いつもこんなにやらしいセックスしてるの?」

奥さん「違うの、違うのぉ、わかってるくせに意地悪しないでぇ、ぐぅっ」

オレ「理恵さんそろそろイキそうです」

最後の力を振り絞って鬼突きしました。

奥さん「来て!奥まで、奥までぇ、あぁぁ気持ちい気持ちぃよぉ、来たよ、来た、あぁうぐぐぐっ」

引き抜いた瞬間、奥さんが起き上がってちんこをパクッ。

ドクドク・・・。

「んっ~んっ~」と言いながら貪る奥さん。

奥さん「◯◯君の美味しいwでも早くしたからお仕置きだよw」

奥さん、ちんこを咥えて離しません。

オレ「理恵さんちょっ・・・少し休憩しないと、理恵さん?ちょっと待って」

それでも離さない奥さん。
一生懸命しゃぶる奥さんに、萎えたちんちんがムクムクと。

すると奥さん、「ほ~ら、お仕置きだよ!w」と言うと、ベッドにオレを寝かせて騎乗位に。

オレを跨ぐと自分で擦りつけてちんぽオナニー。
そしていきなり腰を沈めて、「あぁ、これからぁ、んっ、お仕置きするからね、んっ」と言いながら腰を上下に振り、挿入感を楽しんでいます。

「あぁ気持ちいい」と声をあげ、時には我慢し、ゆっくりゆっくりネトネトとする結合部を自分の指で確かめ、音を聞いたりしながら・・・。

オレ「理恵さんって本当にいやらしいんですね」

右胸を下から揉みあげると腰の動きが速くなり・・・。

奥さん「ああぁ、また来たよ、◯◯君!また・・・あぁぁ」

動きに合わせて下から突き上げるとびちゃびちゃと音が鳴り、袋の方まで奥さんの液で濡れています。
穴の奥と入り口がぎゅぅっと締まり、それでも無理に突き上げると、もう限界に近い状態になってしまって・・・。

オレ「理恵さん!気持ちいいよ、出そうだよ、理恵さん!」

奥さん「私、もう何回もイッてるよぉ、1年分イッてるよ、出そうなの?まだ我慢して」

オレ「理恵さん、もう我慢なんて・・・」

そう言うと奥さんは強烈に腰を上下させ、自分では左の胸をクネクネと揉み、もう片方の手ではクリを弄り回して・・・。

奥さん「ああぁ、奥で暴れてるよぉ!すごい気持ちいいよ、私もうだめぇ、また出ちゃうよぉ、出ちゃう、あっ!」

そう言った瞬間、生温かい液体がオレの尻の方まで流れ出て、奥さんの脚はビクビク震え、「うぐぅ」と言ったかと思うと身体をピンと伸ばして痙攣してます。

オレ「理恵さん!もう出そう!」

奥さん「いいよ!中で出しなさい、いいのよ、いいのよ、来て、熱いの頂戴!」

そのままドクドク・・・。
出している間も、「ああぁ、来てるわよ、◯◯君のが来てる・・・」。
終わった後、奥さんは風呂場でしゃがんでシャワーで中を洗い流し、ニコニコの笑顔でした。

奥さん「これからも時々しようね。もうわかってたくせにとぼけて~。私が誘わなかったら何も出来なかったんでしょ?」

オレ「理恵さんには旦那さんがいるし、僕なんか相手にしてくれないと思ってさぁ」

奥さん「いいのよ、でも内緒でこれからもデートとかしよっ!エッチもいっぱいね」

昨日聞いた情報によると、奥さんは旦那と別居中とか。
子供は無し。
我ながら(まさか人妻に中出しするなんて)と思ったけど、勢いって恐ろしい。
とか言いながら今は奥さんの「お仕置き」にかなり萌えている状態。
今日も奥さんに精気を吸い取られるのかな?
長文失礼。

タイトルとURLをコピーしました