セクハラマッサージの広告を出したら意外にも大収穫

この体験談は約 3 分で読めます。

私は趣味で女性相手のマッサージをしています。
以前は口コミなどで連絡をくれた女性を相手にしてたのですが、それだとなかなかエロい展開にならないんですよね。
常連さんになると、そうなることもあるのですが、まず無いと思った方がいいです。

半年くらい前に『◯◯の痴漢日記』というブログに『セクハラマッサージします!』って広告を出したんです。
あまり期待してなかったのですが、問い合わせは月に数件あって、会ってくれる女性はいるんですよね。
だいたい月に1~2人。
しかも、最初からセクハラを条件にしてるから、ヤレる率も高い。
これまでに5人の方とそういう関係になりました。

その中でも記憶に残っているのが、31歳の人妻さんです。
セミロングの髪で、スラリとした細身なのにしっかり胸があり、かなりキレイな人でした。

駅前で待ちあわせしてからラブホに入り、マッサージをはじめました。
最初は首や肩、腰などを指圧してたのですが、その間もお尻や横乳などをさりげなく触りつつ、硬くなったモノを押し付けたりとセクハラ三昧。
これで感じさせていやらしい雰囲気に持っていければ、やれたも同然。
ここまではいつものパターンです。

でも彼女はセクハラされていることを楽しんでるようで、自分から股を広げたり、お尻を突き上げたり、脇の下が見えるのよう腕を上げたり、『性感帯はここよ』とばかりに、「◯◯はくすぐったいから触らないで」とか言ったりして。
だったらこっちもと、思いっ切り露骨に触りまくって、乳首もアソコも触りまくりました。

で、チンポを直接押し付けて、必殺“肉棒圧”なんてことをしていると、彼女の手が股間に伸びてきて握ってくるんです。
こんな女性は初めてでビックリしました。
もちろん最終的にはセックスという考えはありましたが、女性の方から手を出してきたのは彼女だけ。
まさに肉食系って感じです。
他の女性は、「約束だから」とか「押しに負けて」とか「感じちゃったから」とか、そんな感じでしたが、どうも彼女は最初からヤルのが目的だったみたいです。

「ああ、もう我慢できない。さっきから変な気分になってきちゃって」

どうやら、こっちからチンポを押し付けた時から我慢できなくなってたみたいで、いきなりしゃぶりついてきました。
シックスナインで股間を押し付けてくるから、私もパンティを引きずり下ろして舐めまくりました。
すっごいヌルヌルになってて、ワレメを開くとどんどん溢れてくる感じで、思いっ切り吸いまくりました。
それに合わせて彼女もチンポを吸ってくるので、思わずイキそうに!

「生でいいから早く」

こっちももう限界だったんで、もちろん生で入れちゃいました。
子供を2人産んでるとか言ってたけど、すごい締め付けで、あっという間に中出ししちゃったんだけど、「あん、もっと」なんて言ってまたしゃぶりついてきて、勃起した途端に跨がってきて騎乗位で。

「今度は私がイクまでイッちゃダメよ」

すっごい腰の動きで、イッたばかりだったから大丈夫だったけど、1回目だったら秒殺されちゃうくらいエロい動きなんです。
なんていうか、人間の動きと思えないような感じでした。

このままではまたイカされると思って、彼女を四つん這いにしてバックで突いて、なんとか自分のペースに持っていきましたが、「もっと、もっと奥まで!」ってすごく貪欲。
最後は正常位で突きまくって・・・。

「ああ、いい、それいい。イッちゃう、イッちゃう」

ラストスパートで猛烈に突きまくって、なんとか彼女をイカせることができて、また中に出してしまいました。

頑張った甲斐あって、今でも月に2~3度会ってセクハラマッサージを楽しんでます。

タイトルとURLをコピーしました