一緒に住んでいる同い年の従姉と・後編

この体験談は約 9 分で読めます。

俺は一体、何をしていたんだろう・・・。

俺「ごめん・・・。俺、調子に乗りすぎてた・・・。美麗の気持ち全く考えずに・・・本当にごめん・・・。で、でも俺・・・実は・・・」

美麗「・・・?」

俺「お、俺、実はずっと前から・・・美麗のことが好きだったんだ・・・。それで・・・美麗とやれるのは今しかないって思ったから・・・。本当にごめん・・・。俺は最低だ・・・」

そう言って俺は部屋を出ようとした。

美麗「ま、待って!」

俺「・・・?」

美麗「あの・・・その・・・本当はあたし・・・嬉しかったんだ・・・春樹と出来たことが・・・」

俺「え・・・?」

美麗「実はあたしも・・・ずっと前から春樹のこと好きだったの・・・。だからあたし、いつも春樹に構って欲しくて、わざと嫌がるなこと言ったりしてたの・・・。ごめんね・・・」

俺「ほ、ほんとに・・・?でも・・・俺・・・、美麗に無理やりあんな汚い物を飲ませたりしてしまった・・・」

美麗「でも、春樹のおちんちんも精子も、美味しかったよ・・・」

俺「美麗、ありがとう・・・。でも気遣わなくていいから・・・」

美麗「嘘じゃないよ・・・?本当に美味しかったよ・・・なんて言うか・・・癖になるって言うかw」

俺「え・・・?」

美麗「ねぇねぇ・・・、それより久しぶりにさぁ・・・」

俺「うん・・・?」

美麗「一緒にお風呂、入ってみない?」

俺「え・・・それはダメだよ・・・」

美麗「いいじゃん。昔は一緒に入ってたんだしwそれに春樹があたしに精子かけたんだから、春樹が洗うのは当然でしょ?」

俺「ご、ごめん・・・、ていうか一緒に入るの何年ぶりだっけ?」

美麗「小学校4年生まで一緒に入ってたから7年ぶりかなw」

俺「でも、なんか恥ずかしい・・・」

美麗「なんで?wもうお互い見たじゃんwww」

俺「そ、そうだけど・・・」

美麗「じゃあ、入ろっか」

俺「でもまだお風呂沸かしてないよ?」

美麗「じゃあお風呂沸かしてる間にシャワーで洗い合いっこしよ」

俺「う、うん・・・」

そして7年ぶりに美麗とお風呂に入った。

美麗「さっきから思ってたんだけど、春樹のおちんちん、すっごく大きくなったね」

俺「そ、そう・・・?自分じゃあまり分かんないや・・・w」

美麗「たぶん2倍ぐらいの大きさになってるよw」

俺「ほんと?w美麗のおっぱいもすごく大きくなってるよwあの頃は男みたいな胸してたもんねwww」

美麗「うるさい!wあたしは中学生になってから大きくなったのっ!」

俺「へぇ~w、おっぱい触っていい?」

美麗「うんwあたしはおちんちん触るねw」

モミモミ・・・。
スリスリ・・・。

俺「やっぱり柔らかいwさっきから思ってたけど美麗の体って全部柔らかいねwなんで?」

美麗「女の子だからっ!」

俺「女ってみんな柔らかいのか?w」

美麗「ん~分かんないっ!ねぇ、そろそろ洗いっこしようよぉ~」

俺「うん、そうだねwww」

美麗がタオルに石鹸を付けて泡立て始めた。

美麗「じゃあ先に春樹の体、洗ってあげるねっ!」

ごしごし・・・。

俺「あぁ~気持ちいいw」

美麗「痒い所とかない?」

俺「ちんちんが痒いwww」

美麗「ええっ!も~ぅ、しょーがないなぁ~wどの辺が痒いの?w」

俺「全体www」

美麗「じゃあ掻いてあげるっ!」

カキカキッ!!

俺「痛いっ!!!wwwもっと優しく掻いてよwww」

美麗「ごめんごめんwちょっといじめたくなったwでもちんちん勃ってきたよwwwもっといじめてあげよっか?www」

俺「ちょ、やめてっ!www」

美麗「冗談だよっ!wwwでも春樹ってMじゃない?w」

俺「いや、俺はSだぞw」

美麗「へぇ~?」

つんつんつん。

俺「ちょw、足で突っつくなwww」

美麗「だって、ちんちん嬉しそうじゃんw」

俺「ふざけんなwww・・・てか美麗、ちんちんだけ洗うの忘れてるよwww」

美麗「ああ~wちんちんだけ手で洗ってあげようと思ってw」

俺「おぉ!w早く洗えw」

美麗「洗え?そんな言い方じゃ洗ってあげれないなぁ~」

俺「すみません、洗ってください・・・」

美麗「いいよ。じゃあちょっと足開いてw」

ごしごし。

俺「あぁ・・・。美麗の手、すっごく気持ちいい・・・」

美麗「でしょ?wだから手で洗ってあげてるの」

俺「ありがとぉ~」

ごしごし・・・。

俺「み、美麗、もう十分綺麗になったよwだからもういいよwww」

美麗「え~まだ綺麗になってないよっ!あと30分は洗わなきゃね」

俺「ちょwwwもうちんちん痺れてきたし、痛いからもういいってwww」

美麗「本当にやめてもいいの?あと30分我慢出来たら、ちんちんをおまんこに挿れさせてあげるのに」

俺「え、挿れてもいいの・・・?」

美麗「うん。でも我慢出来たらねっ」

俺「でも30分も我慢できないよぉ・・・。でも挿れてみたいよぉ・・・」

美麗「じゃあ頑張ってね」

ごしごし・・・。

俺「うあああ、もうちんちん痛いよぉ~・・・もう綺麗になったからやめてぇ」

美麗「今やめたら、ちんちんおまんこに挿れられなくなるけど、それでもやめる?それともあと10分頑張る?」

俺「うぅうう・・・頑張る・・・」

ごしごし・・・。

美麗「・・・よしっ!ちんちん綺麗になったよっ」

俺「うぅ・・・ちんちん痛い・・・」

美麗「よく頑張って耐えたね。ご褒美におまんこに挿れさせてあげるっ!!」

俺「ちょっと待って・・・、今はちんちんの感覚がない」

美麗「え、大丈夫・・・?」

俺「ん~・・・、たぶん時間が経てば治ると思うけど・・・」

美麗「ちんちん真っ赤になってるwwwごめんね、ちょっとやり過ぎたねw・・・じゃあ、あたし自分で体洗うから、ちょっとお湯に浸かって休んでて」

俺「えぇ・・・でも俺が洗いたい・・・」

美麗「う~ん・・・じゃあ背中だけ洗ってくれる?他は自分でやるから」

俺「背中だけ?他も洗いたい・・・」

美麗「後でいっぱい触らせてあげるから・・・ね?」

俺「分かった・・・。じゃあ背中向けて」

ごしごし。

俺「終わったよぉ~」

美麗「ありがとっ。あとは自分で洗うから休んでてっ!」

ごしごし・・・。

美麗「・・・よしっ!じゃああたしも一緒に入るねっ!w」

俺「でも2人で入ったら狭いwww」

美麗「いいじゃんwwwちょっと春樹、足どけてよw」

俺「も~う狭いなぁwww」

美麗「じゃあ足を横に伸ばしてよwあたしが足の間に座るからw」

俺「しょ~がねぇなぁ~w」

美麗「よいしょっ!これであたしは足を真っ直ぐに伸ばせるね」

俺「お前せこいぞw」

美麗「えへへwその代わり足でちんちんマッサージしてあげるっ!www」

俺「ちょwwwやめてwww」

美麗「ちんちん痛いの、まだ治ってないの?」

俺「いや、ちょっと治ったけど・・・、そんな事したらまた痛くなるよw」

美麗「ならいいじゃん。優しくするからw」

スリスリ。

美麗「・・・どう?www気持ちいい?www」

俺「う、う~ん・・・なんか変な気分・・・w」

美麗「変って・・・?」

俺「足でやられてるからw」

美麗「あたしの足でやられるの嫌なの・・・?」

俺「い・・・、いや、そういうわけじゃないよ・・・。むしろ嬉しいよ・・・」

美麗「足でやられて嬉しいなんて変態だね。・・・もっとやって欲しいの?」

俺「う、うん・・・もっとやって・・・」

美麗「じゃあ、ちゃんとお願いしてよ」

俺「そ、その綺麗な足で、俺の汚いちんちんをマッサージしてください・・・」

美麗「しょうがないなぁ~w特別にやったげるwお礼は?」

俺「ありがとうございます・・・」

美麗「いい子いい子」

スリスリ。

俺「あぁ~・・・気持ちいいwww」

スリスリスリ・・・。

美麗「・・・よしっ!ちんちんマッサージ終了!」

俺「え、もう終わり?もっとやってよぉ~・・・」

美麗「もう足が疲れちゃった・・・w今度はちんちんであたしの足マッサージして」

俺「どうやってやるんだよ?www」

美麗「ええっと・・・wちんちんを足に強く押し付けてwww」

俺「こ、こう・・・?w」

ぐいぐい。

美麗「あー気持ちいい~」

俺「たぶん俺の方が気持ちいいわwww」

美麗「も~ぅ春樹ずるいっ!w」

俺「へへへwねぇ、美麗の体、もっと触っていい?」

美麗「もう暑くなってきたから、そろそろ上がろっかw後であたしの部屋に来てwその時に好きなだけ触らせてあげる」

俺「うん、分かったw」

・・・コンコン。

俺「入っていい!?」

美麗「どうぞ~」

俺「お邪魔しま~す!!」

美麗「待ってたよぉ~!さぁこっち来て!あたしのベッドで一緒に寝よう~。あ、その前に服脱いでね」

俺「うんwww」

美麗「よしっ!じゃあ、あたしの体、触っていいよぉwどこに触りたい?」

俺「舌で美麗の舌を触っていい?w」

美麗「キスしたいの?wwwいいよ」

ペロッペロッチュッチュゥ~~ッ!

美麗「あはっ!wちんちんもしごいてあげるっ」

シコシコシコ・・・。

俺「あぁ、気持ちいい~・・・ねぇ、次はおっぱいでちんちん挟んでよ!」

美麗「いいよっ!w挟めるかなぁ?wえいっ!!」

俺「うおぉすげぇwwwおっぱいに挟まれてちんちんが隠れちゃったwww」

美麗「今度はおっぱいでしごいてあげるねっ」

ごしごし・・・。

美麗「ねぇ、あたしのおっぱい気持ちいい~?w」

俺「やばい・・・気持ち良すぎるよぉおおお」

ごしごし・・・。

俺「ああッ・・・イキそう!!」

美麗「えぇ!wじゃあお終~いwww」

俺「ちょ・・・やめないでよ・・・せっかくイキそうだったのに・・・」

美麗「だって、もうイッちゃったら面白くないじゃんwww」

俺「お願いだからイカせてよぉ・・・」

美麗「ダ~メッ!www」

俺「もう我慢できないって!頼むからイカせて!」

美麗「ダメって言ってるでしょ?」

俺「本当にもう我慢できないよ・・・。死にそう・・・」

美麗「じゃあ、あと5回、寸止めで我慢できたらイカせてあげるっ」

俺「いいから早くイカせてよ!」

美麗「も~ぅw、そんなにイキたいの?w」

俺「うん!!!」

美麗「しょうがないな~。じゃあ、春樹のちんちん、あたしのおまんこに挿れていいよっ」

俺「いいの!?でも出す時はどうするの?」

美麗「本当は中に出して欲しいけど・・・、でもそれはマズいから口に出してくれる?」

俺「え、飲んでくれるの?」

美麗「うん!wだって美味しいも~ん。早く飲みたいなぁ~www」

俺「わ、分かった・・・。じゃあ足開いて・・・」

美麗「はいっ・・・いつでも挿れていいよ・・・」

俺「へへへぇwじ、じゃあ挿れるよぉ~・・・?」

美麗「うん・・・」

ぬちゅっ、にゅるっ!

美麗「ぁ・・・ああんっ!」

俺「み、美麗のおまんこにちんちん挿ったよ・・・。すごいよ、この感触・・・」

美麗「は、春樹・・・、春樹のおちんちんであたしのおまんこ思いっきり突いてっ・・・!」

俺「うん・・・、分かった・・・。いくよ・・・?」

パンッパンッパンッ。

俺「おっぱいも揉んであげる」

モミモミモミ・・・。

美麗「あぁああんッ!いいッ・・・!気持ちいいぃいい~~ッ!」

俺「俺も気持ちいいよ、美麗・・・」

美麗「うんっ!もっ、もっと、もっと激しく突いてぇ!!」

パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!パンッ!

美麗「いやんッ!あっ、あっ、す、すごぃ・・・あんッ!!き、気持ちいぃよぉ春樹ぃ・・・ぃやぁんっ!!もうダメぇ・・・!」

俺「み、美麗・・・、もっと激しく突くよ!!」

美麗「ダメぇ!!これ以上激しくしたらぁああんッ!!おかしくなっちゃうよぉ!!」

パンッ!!パンッ!!パンッ!!

美麗「あぁんっ!!あっあぁあんっ!!もうダメぇ!!」

俺「俺もそろそろやばいっ!」

美麗「イクぅううううううううううう!!!ああぁんっ!!!・・・はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

パンッ!!パンッ!!パンッ!!・・・。

俺「ああっ!俺も出そうっ!!美麗、口開けて!!」

美麗「あぁ~~~ん」

ドピュッ!!!ドピュッ!!ドッピュ!ドッピュ・・・。

美麗「んぁ~・・・ごくりっ!ああんっ、美味しいい・・・」

俺「はぁ・・・はぁ・・・美麗のおまんこ・・・すごく気持ち良かった・・・」

美麗「は、春樹のおちんちんもすごく良かったよ・・・。あたしの方が先にイッちゃった・・・」

俺「良かった・・・満足してもらえて・・・」

美麗「ねぇ・・・ちんちんに付いてる精子も舐めてあげるっ」

ペロッペロッペロッ。

美麗「ん~、もっと飲みたいなぁ~www」

俺「ね、ねぇ・・・美麗、お願いがあるんだけど・・・」

美麗「うん?」

俺「あと1時間したらお母さんが帰って来るから、それまでの間、一緒に寝てくれない?」

美麗「もちろんいいよっ」

俺「ただ一緒に寝るだけじゃなくて・・・、美麗のおまんこにちんちん挿れたまま、向かい合って寝てみたいんだけど・・・いい?」

美麗「うんっ!それ、あたしもやってみたいっ!www」

俺「じゃあ、挿れるね・・・」

にゅるっ!

美麗「あぁんっ・・・」

俺「美麗・・・、俺、本当に美麗のことが大好きだよ・・・!」

美麗「う・・・、うん!!!あたしも春樹のことが大好きっ!!!」

俺「美麗・・・」

美麗「春樹・・・」

チュッ・・・。

それから美麗と抱き合ったまま、わずかな時間を過ごした。

俺「そ、そろそろ・・・お母さんが帰って来るから・・・」

美麗「うん・・・」

俺「み、美麗・・・」

美麗「うん・・・?」

俺「また・・・俺とエッチしてくれる・・・?」

美麗「うん、もちろんっ!でも、その前に宿題を終わらせなきゃね!w」

俺「あっ!・・・忘れてた・・・どうしよう・・・」

美麗「大丈夫!あたしが教えてあげるからっ!!」

俺「あ、ありがとう美麗・・・でも今日はもう疲れたね。そろそろお母さんも帰って来るし、もう寝ようか・・・?」

美麗「そうだねぇ~、あたしも疲れたw」

俺「うん・・・、今日は色々と本当にごめんね」

美麗「全然いいよっ。気にしないでっ!」

俺「ありがとう・・・。じゃあもう寝るね・・・」

美麗「あ、待って!」

俺「・・・?」

美麗「最後にね・・・」

俺「うん・・・?」

美麗「もう1回、ちんちん触らせてっ!www」

俺「はぁ~?wwwもう十分触ったじゃんwwwww」

美麗「だって・・・次に春樹のちんちん触れるの、いつになるか分かんないじゃん・・・」

俺「も~ぅwしょうがねぇなぁwww」

美麗「やったぁ~!じゃあ、ちんちん出そっか」

そう言ってパンツからちんこを引っ張り出された。

美麗「あはっ」

すりすり・・・。

俺「くすぐったいよ~ww」

美麗「えへへwこれで手に春樹のちんちんの匂いが付いたよっ!w今日はこれを嗅ぎながら寝るね」

俺「お前、変態にもほどがあるぞwww」

美麗「うるさいな~www春樹もおっぱい触ってきなよ~www」

俺「俺はもういいよwww」

美麗「いいから触れ!!触らないとちんちん触ってあげないよ~?」

俺「わ、分かったよwwwww」

モミモミモミ・・・。

美麗「きゃあっ!ヘンタ~イ!!wwwww」

俺「お前が言うなっ!www」

美麗「えへへっwじゃあ寝よっかぁ~w」

俺「うん。じゃあ、お休み、美麗っ!」

美麗「うん!お休み、春樹っ!」

その日以来、親が家に帰らない日は美麗と一緒に寝ています。

タイトルとURLをコピーしました