僕のお嫁さんになってくれた母さん

この体験談は約 5 分で読めます。

母さんは34歳、父さんと結婚して今年で14年目。
名前は悦子。
僕は亮治、13歳。
妹が1人いる。

母さんにチンコの皮を剥いてもらったのと、オナニーの仕方を教えてもらったのは8歳の時。
毎日、朝起きたら母さんの前でオナニーして、母さんの両手に精子を出す。
母さんは精子の臭いと味で僕の体調を確かめてくれる。

お風呂では毎日、母さんが全身洗ってくれるんだけど、特にチンコとお尻の穴は念入りに洗ってくれるから気持ち良くて射精しちゃう。
僕もお返しに母さんの身体を洗ってあげるけど、オマンコとお尻の穴は石鹸で洗う前に舐めるように言われている。
母さんの匂いがギュッと詰まった感じで美味しい。

初めてフェラチオしてくれたのは10歳の時。
朝、いつものオナニーをしようとしたら、「今日からお母さんがお口で直接確かめてあげる」と言われた。
母さんの口の中は温かくて、舌がウネウネ動いてくるし、ジュボジュボといやらしい音を立てて吸われて物凄く気持ち良かった。
出来るだけ我慢するように言われたけど、全然我慢出来なくて、すぐに母さんの口の中に射精しちゃった。
母さんはモグモグと口を動かして精子を味わってるみたいだった。
それからはお風呂でもフェラチオしてくれるようになって、身体を洗いっこする前に洗い場でシックスナインをするようになった。

10歳の誕生日、父さんが寝た後で母さんが僕の部屋に来た。

「さっき上げたプレゼントはおまけ。こっちが本当のプレゼントよ」

そう言って母さんは服を脱いで僕をベッドに押し倒した。
お風呂以外でシックスナインするのは初めてだった。
シックスナインで射精しそうになったけど、途中で母さんが僕の上から下りてパイズリフェラに変わった。

「母さん出してもいい?」

「まだダメよ、我慢しなさい」

「もう出ちゃいそう」

「いっぱい我慢してから射精した方が気持ちいいのよ?」

「もう無理だよぅ」

「ほらほら、頑張って!もう少し頑張ったらオマンコにオチンチン入れさせてあげるから」

「オマンコに?」

「そうよ、お母さんとセックスして子供を作りましょ」

「僕、頑張る!」

「良い子ね」

僕は母さんのパイズリフェラを何とか耐えきった。

「頑張って偉いわ!約束通りお母さんとセックスしましょ」

初めては母さんが教えてくれると言って、僕の上に跨がった。
母さんはチンコを左手で握って固定すると、先っぽをオマンコの入り口に押し付けて、そのままゆっくりと腰を下ろしていった。
ヌルヌルした狭い穴の中を無理やりチンコが通っていく感じ。

「あぁっ!出ちゃう!」

母さんが腰を下ろし終わるのと同時に射精しちゃった。

「あんっ・・・入れただけで出ちゃったのね。そんなに気持ち良かった?」

「あぁぁ・・・気持ち良過ぎだよぅ・・・」

「うふふ・・・まだ硬いままだし、今夜は朝まで何度でもたっぷり出していいからね」

「頑張ってたくさん出すよ!」

僕がそう宣言すると、母さんは上下前後左右と腰を激しく動かし始めた。
オマンコもチンコをキュッと締め付けてきたり、優しく包み込んできたり、気持ち良過ぎて何にも考えられなくなった。
気付いたら僕も夢中で腰を振っていた。

「あら?亮治も腰を振ってくれるのね、お母さん嬉しいわ~」

僕が二度目の射精をした後、今度は母さんが下になって僕からチンコを入れるように言ってきた。
母さんの両手の人差し指と中指で広げられたオマンコにチンコを入れる。
どうやって腰を振ればいいか分からなかったけど、一生懸命腰を振ったら母さんが物凄くいやらしい声を出し始めた。

「ああ~!いいの!もっと激しく!亮治のオチンチンでお母さんのオマンコをメチャクチャにして~!」

「母さん!こう?これでいいの?」

「いいわ!そうよ!あっ・・・あっ・・・あぁぁ~!」

「また出ちゃいそうだよ!出すよ!」

「来て!オマンコに亮治の精子をちょうだい!」

3回目の射精の後は一旦休憩して、次は母さんが四つん這いになったので後ろからチンコを入れた。
母さんのお尻の穴がヒクヒクしてたから、右手の人差し指を入れたら喜んでくれた。

「ひゃうっ!お母さんの尻の穴まで気持ち良くしてくれるの?お母さん嬉しい!」

「これ、気持ちいい?こうした方がいい?」

「中でグリグリされるのも、オチンチンと一緒に激しく出し入れされるのも気持ちいいわ!」

「それじゃあチンコを入れても気持ちいいかもね?」

「亮治が嫌じゃなかったらお尻にもオチンチン入れて!」

母さんのリクエストだからオマンコからチンコ抜いて、喜んでお尻の穴にチンコを入れ直した。

「うわぁ~!お尻の穴も気持ちいいよ、母さん!」

「あ・・・あぁ・・・いい・・・これで全部亮治の物になったのね・・・お母さん、嬉しい・・・」

「母さん?泣いてる?」

「だって・・・やっとぜんぶ亮治がお母さんの物になったのよ。凄く嬉しいわ・・・」

「え?まだだよ?だってお尻の穴には射精してないじゃん?」

「そうだったわね・・・オチンチンを入れてもらえただけで浮かれちゃったわ」

「じゃあ、今からお尻の穴の中にも精子を出すね!」

「来て!でもお尻じゃ子供は作れないから、今日はお尻に出すのは1回だけね」

「わかった!うっ・・・出る!」

お尻の穴に精子を出したら、すぐにオマンコに入れ直す。
何度射精してもチンコが硬いままだったから朝まで母さんとセックスした。
途中で喉が渇いたから母さんとキッチンに行き、水を飲んだ後はそのままキッチンでもセックスした。
キッチンを出たら母さんに手を引かれて、父さんと母さんの部屋に連れて行かれた。

「お父さんは1回寝たら朝まで起きないから、お父さんの隣でお母さんを犯して」

「大丈夫?」

「大丈夫よ」

「入れるよ?」

「あぁぁ・・・亮治のオチンチン・・・あなた・・・あぁ・・・今・・・私・・・亮治とセックスしてるのぉ・・・」

「父さんが起きちゃうよ・・・!」

「平気よぉ・・・ほら見てぇ・・・亮治のオチンチン・・・ずっぽりオマンコに入ってるのぉ・・・気持ちいいわぁ・・・」

「母さんってば・・・」

「亮治もお父さんに何か言ってみて」

「と・・・父さん?えっと・・・僕、今母さんとセックスしてます・・・さっきから何度もオマンコに精子を出してます」

「お尻も犯してくれたしねぇ?」

「うん・・・あ・・・また精子出そう」

「あなた、今から亮治が私の中に精子を出してくれるのよ!亮治来て!妊娠させて!」

「母さん!出る!」

「まだ抜かないで・・・そのままキスしましょ?」

「いのかな?父さんの隣で・・・」

「うふふふ・・・今更何を言ってるの?それ以上のことしてるじゃない」

「それじゃあ・・・母さん・・・大好き・・・」

「亮治・・・お母さんも亮治を愛してるわ」

母さんがねっとりと舌を絡ませてきて、寝てる父さんの横で長いキスをした。
それで母さんの気が済んだみたいで、僕の部屋に戻ってまたセックス。
薄っすらと外が明るくなってきたので、少しだけ母さんと抱き合って寝た。
起きてからベッドを見たら、汗とオマンコの汁と精子でシーツがベトベトだった。
僕と母さんの身体もベトベトだったので一緒にお風呂に入った。

「子供、出来るかなぁ?」

「大丈夫、予定日だったし、あんなに沢山精子を出してもらったからね!それにこれから毎日セックスするし!」

「え!?いいの?」

「何言ってるの?昨日だけだと思ったの?」

「誕生日プレゼントって言うから・・・」

「ああ・・・プレゼントはお母さんよ。だから毎日セックスしてくれないと・・・お母さん泣いちゃうわよ?」

「する!毎日いっぱいセックスする!」

「それならすぐに赤ちゃん出来るわよ」

「あっ!」

「どうしたの?」

「子供を作るんだったら・・・母さんは僕のお嫁さんってことだね!」

「そうね!そうなるわね!」

「母さん、今日から2の時は、悦子って呼んでもいい?」

「もちろんよ!」

母さんを抱き締めてキスをした。
そしたら母さんが我慢できなくなっちゃって、そのままお風呂でもセックスをした。

嬉しいことに、すぐに母さんは妊娠した。
しばらくオマンコでセックス出来なくなったけど、代わりにフェラチオやお尻の穴でセックスしてくれたから我慢出来た。
父さんは「いつの子供だ?」って悩んでたけど、母さんがちょっと強引に納得させてた。
本当は僕と母さんの子供だけど、僕の妹ってことにして産んだ。
今、妹は2歳。
母さんが僕に教えてくれたみたいに、妹が大きくなったら僕が色々教えてあげるんだ!

タイトルとURLをコピーしました