絶対に好きになってはいけない社長の奥さんと禁断プレイ

この体験談は約 6 分で読めます。

絶対に好きになってはいけない熟女妻(Rさん)との、変態でエッチな体験を告白します。

その人との出会いは10年前。
僕は24歳、お相手のRさんは43歳。
僕はまだ独身で、Rさんは僕の勤め先の雑貨屋の本社の社長の妻だった。
(以下、Rさんのことを『奥さん』と書かせていただきます)

社長夫婦には僕と同い年くらいの息子さんが2人いて、高級住宅街でセレブ生活という感じだった。
奥さんと会うきっかけは、社長が息子のために買った柴犬のポンタ。
ポンタは当初、社長の自宅で飼われる予定だったが、あまりに吠えるため近所からの苦情に耐えかねて、僕が勤務する支店に住むこととなった。
ただ散歩や餌やりの世話は奥さんがすることになっていて、毎日欠かさず店に顔を出していた。

奥さんは松下奈緒と松嶋菜々子を足して2で割ったようなスレンダーで美人で有名だったが、僕は入社当初は何も思わず、奥さんのことは犬の飼い主という見方しかしていなかった。
社長はとても包容力のある男らしい感じの人で、僕も頻繁に飲みに連れていってもらったり色んな相談を聞いてもらったりしていて、大好きな社長だった。
奥さんもたまにお土産や差し入れをくれたりバレンタインの義理チョコをくれたり、とても優しかった。

そんな生活が8年くらい続いたある日、朝出勤するとポンタが横になって動かなくなっていた。
わずかに息はしているが苦しい表情だった。
僕は慌てて奥さんに電話して、駆けつけた奥さんと一緒に動物病院に連れて行くことになった。
ちょっと緊張しながら奥さんの運転する車で隣町まで走った。
奥さんは僕に気をつかってか、我が子に話すように優しく色々な話をしてくれた。
それが恋愛感情だったかどうかはわからないが、僕は美人でやさしい奥さんのことが大好きになっていた。

ポンタは入院することとなった。
ポンタが入院して初めて、支店で奥さんに会えないことが寂しく感じてしまった。
ただその時は自分の心に蓋をしようと、違う女性のことを考えるようにしていた。

それから数ヶ月後、突然奥さんが来て、「またポンタを預かって欲しいんだけど頼めるかしら?」と言ってきた。

僕は二つ返事で「喜んで!」と応えた。
内心はポンタじゃなく奥さんにまた会える喜びでいっぱいだった。

夏のある日の夕方、ワンピースでポンタの散歩に来ていた奥さんは傘を忘れていたため、帰って来た時にはゲリラ豪雨でずぶ濡れ、困った様子で店先で雨宿りをしていた。
僕はすかさずタオルを渡しに行った。
その時、僕の中の禁断の蓋が完全に外れてしまった。
奥さんの濡れた薄いブルーと白のワンピースは50代とは思えないスタイルの良い肉体に密着し、色白の肌と薄ピンクの下着を剥き出しにしていた。
僕は見ていないふりをしながらも無我夢中でその姿を脳裏に焼き付けていた。

心の蓋が完全に無くなってしまった僕は、その日初めて奥さんをオカズに自慰行為を行なった。
罪悪感で余計に興奮して3回もシコってしまった。
今まで見たことないくらい大量に出た。
背筋がビリビリして、チンポの裏がドクドク波打って、天にも昇る気持ちよさだった。
それからはもう奥さんをオカズにすることしか考えていなかったように思う。
もはや一度も二度も同じという犯罪者の心理。

奥さんは昔からスポーツ万能で、地域のママさんバレーチームに所属していた。

(奥さんの画像が入手できれば、もっと充実したシコシコライフが・・・)

ネットでググりまくり、そのバレーボールチームの集合写真や選手の写真をゲット。
拡大印刷して奥さんの顔にザーメンぶっかけた。
ポンタのために奥さんが置いていった脱ぎたてのトレーナーも拝借して、クンカクンカしながらシコシコ。
奥さんの散歩用のスニーカも最高の匂いだった。
もう罪悪感はどこへやら、僕は最低な変態野郎に成り下がっていた。
奥さんはもう僕の専用オナペットだった。

それからも奥さんは夏になると膝くらいの落ち着いた色のスカートを穿いてくることもあった。
その時はポンタの餌の器を洗っている時股のガードが緩くなる!
世間話をしながら近づいて、正面からパンツに穴が開くくらい覗き込んだ。
なぜか奥さんをオカズにすると、いつもの2倍くらいザーメンが出た。
ホントはとかも盗撮したかったけど、それだけは本気で犯罪になると我慢した。

そんな事を半年くらい繰返していたある日、奥さんに「ポンタの定期検診について来て欲しい」と頼まれた。
こんなチャンスは2度と無いかもしれない。
意気揚々と奥さんの車の助手席に乗り込み、運転する奥さんをじっと見つめていた。
当然いつもオカズしている女性にチンポが反応しないわけがない・・・。
僕は奥さんの横でフル勃起してしまっていた。
さすがにやばい・・・。
しかし、焦れば焦るほどカチカチになって手で隠しながら前屈みになっていると奥さんが・・・。

「大丈夫?お腹でも痛いの?」

その声を聞いただけで我慢汁が出てしまう。
どう考えても苦しんでいるように見える僕の姿に奥さんはただ事ではないと思ったらしく、病院に行くと言い出す始末。
それは大丈夫だと何とか阻止して、大きな公園の駐車場で休憩させてもらうことに。
僕は自分が情けなくなり泣き出してしまった。
もう終わったと悟り、奥さんにゆっくり事情を話した。
毎晩オカズにしていること、もうエロい目でしか見れなくなっていること・・・。
これでもう会社もクビだし、奥さんとは2度と会えないと思った。

すると奥さんはケラケラ笑いだして・・・。

「可愛い。男なんだね~、息子と同い年だからついつい子供扱いしてごめんね。でもアタシ、オバサンだよ?でも◯◯君がそう想ってくれてたら嬉しい」

僕が黙っていると・・・。

「良かったら、ちょっと見せて?」

奥さんは僕の手を優しく両手で握り、テントのようになった僕のチンポをズボンの上から撫でてくれた。
僕の心臓は飛び出るくらいにドキドキして顔が熱くてしょうがなかった。

「ごめんごめん、ここじゃダメだよね」

奥さんはそう言って町外れのラブホ街に僕とポンタを乗せて行った。
改めて奥さんの大人のエロスに感動したと同時に、(もうどうなってもいい)・・・そんな気持ちだった。

僕が馴れた様子でラブホに入って行くと奥さんは、「え~、今の若い子ってこんな感じなの?」と驚いた様子。
奥さんから見れば子供かもしれないが、もう30のオッサンだぞと内心思った。
奥さんはもう何十年もラブホには来ていなかったらしく、最新のラブホに感動していた。
社長には愛人がいて、もう何年も肉体関係が無いとか・・・。

少し安心しつつ、いざ裸で向かい合うと、毎日オナペットにしていたにも関わらず緊張のあまり全く立たない。
焦ってあたふたしていると、奥さんが右手で優しく擦ってくれた。

奥さん「痛かったら言ってね」

痛いはずがない!
いつも僕がどんなに激しくシゴいているか、奥さんは知らないんだ。
そこからも鮮明に覚えている。
奥さんは両手を添えて軽くしごきながら口でチンポの先っちょをチュパチュパベロベロしてくれた。
僕のチンポが熱いのか、少しヒンヤリと感じた。
ホントは先にキスしたかったけど・・・奥さんはおばさんとベロチューは嫌だろうと気を遣ってくれたようだった。
嫌なはずがないのだけど。

もうフェラの時点で半分イッてたけど、一度緊張が解れたらいつものペースで下半身がムクムクと本領発揮!
あっさりイッてしまうのも悔しいので、「奥さんのも舐めたい」って言うと、急に「アタシは大丈夫(汗)。ありがとうね、臭いから・・・」って。
熟女が言うとクソ可愛かった。

とりあえず押し倒して、奥さんの唇を舐め回し、舌をこれでもかというくらい絡めた。
奥さんの口は無味無臭で、よっぽど同年代の元カノの口の方が臭かった。
キスしてるだけでもダラダラと我慢汁が流れ出てきて、それを楽しそうに奥さんが指に絡めていた。
いよいよ奥さんのマンコを見てゴクリ・・・。
ホントに子持ちの50代か?
奥さんのそれはビラビラは薄っすら黒っぽいものの全体的にはサーモンピンク!
指で上部だけなぞってると、どんどん穴の奥から湧水のごとく無味無臭の透き通った愛液が溢れ出てくる。
たまらず舐め回す。

(美味しい・・・愛の味・・・)

すぐにも突っ込みたい気持ちを抑えてシックスナイン。
聞けば旦那さんともしたことのないプレイだとか。
俺は何て罪深いんだと思いながらも後には引けず、奥さんの愛液に溺れそうになりながら舐め尽くした。
奥さんのそれはふやけてプルプルしていた。
僕はもうすでに1回、奥さんの口に我慢できない気持ちを放出してしまっていた。

少し休憩して第2ラウンド。
マッサージ器で奥さんのクリトリスを刺激。
50代ってまだまだ女なんだと感心させられる。
飲み尽くしたはずの愛液が再び溢れてくる、無限の泉だ。
正常位でゆっくり、いよいよ生挿入。
可もなく不可もない入れ具合だったが、背筋がゾクゾクした。

奥さん「あっ、いっ・・・ゆっくりして・・・」

奥までゆっくり突っ込んだ。
もう死んでもいいと思うくらい気持ち良かった。
経験したことない挿入感。
包み込まれて湯タンポみたいだ。
正直、三擦り半でイッてしまいそう。
我慢我慢!
ゆっくりゆっくりピストン運動をした。
奥さんの吐息とわずかな喘ぎ声とピチャピチャクプヌプヌチョヌチョという卑猥な音が部屋に響き渡っていた。
生意気にバック、騎乗位、立ちバック、仁王立ちフェラをリクエスト。
さすがにお互い汗だくでヘロヘロだったけど、奥さんはずっと嬉しそうだった。

最後はなんと、奥さんのリクエストで中出し!
出し切ってから奥さんのヒクヒク震える股をマングリ返しすると僕の濃いザーメンがトロリ。
最高の気分だった。
奥さんは何も言ってないのにお掃除フェラまでしてくれた。
僕はそのフェラの最中にまたムクムク。
結局3回もしてしまった。
時刻はいつの間にか夕方の5時を回っていた。
ポンタの検診は諦めて慌てて帰宅(苦笑)

車から降りたら奥さんは、「絶対に秘密だよ」って・・・言えるはずがない。

その後、僕から誘う勇気もなく、向こうからの誘いもなく、これまで通りの関係に戻っていった。
僕はその一件以来、ますます熟女にハマってしまい、奥さん似のAVを探したり、あの日のことを思い出して1人で処理しています。
きっと今後も奥さんをオカズに生きていくんだと思います。

タイトルとURLをコピーしました