欲求不満な妻のために雇った助っ人ホームレス

この体験談は約 5 分で読めます。

私は45歳。
妻は43歳、155cm、67kgの小太り体形で子供はいません。

3年ほど前、私は交通事故で勃起不全になってしまいました。
その頃、会社でも少し問題があり、それも原因の一つだと思いますが・・・。
1年くらいは我慢していた妻でしたが、だんだんと小さなことでもイライラしだし、その度に私が手やバイブを使って発散させていました。
もともとセックスは好きなほうで、そんな妻を気に入って結婚した私は、ただただ申し訳ないと思っていました。

そんな妻と話し合い、誰か助っ人の男性を探すことになったのです。
私達夫婦のことを知らない男性。
それを条件にネットでも探してみましたが、ネットに出てくる男性は何か一癖ありそうで怖いのです。
そこで目をつけたのが公園や河川敷で生活しているホームレス。
その中の何人かに目をつけ、日頃の生活を観察し、1人に絞り込みました。
最初は私1人でそのことを話に行き、報酬を払う代わりに条件をつけました。
最初はビックリしていた男性も話をしているうちに納得してくれて、後日、妻を連れて会うことにしました。

彼は『卓』と言って48歳。
結婚をしていたが、事業に失敗して離婚。
4年前からホームレス生活をしているそうです。

卓をラブホテルに連れて行き、体を綺麗に洗ってもらいました。
卓も日頃の垢を落とすこと1時間、着ていた服はみんな捨てて下着は新しい物に、上着は私のお古を渡して着てもらうことにしました。
最初は妻を交えてビールで乾杯。
緊張していた妻も世間話をしているうちに打ち解け、卓の体をちらちら見るようになりました。
あまり飲んで酔ってしまわないうちにと思い、妻にシャワーを浴びるように言い、卓に報酬とコンドームを渡しました。

卓には原則、妻に挿入のときは必ずコンドームを付けること。
妻に痛いことや嫌がることはしないこと。
そして妻を満足させることを言っておきました。

そこへ妻が緊張した面持ちで体にバスローブを着けて入ってきました。
妻はそのままベッドに入り、私はソファに座って見ていることに。
卓はすぐに裸になり、妻がいるベッドに入っていきました。
卓の裸を見た妻、と言うよりも、勃起しているペニスを見た妻は目が虚ろになっていました。
体中を愛撫された妻は早くも卓の逞しいペニスを欲しがり、自らペニスを頬張っていきました。
その間、卓も妻の股間を舐め、妻がイキそうになると体の向きを変えて素早くコンドームを付け、妻の中に逞しいペニスを挿入したのです。

「ああ・・いい、これが、これが欲しかったの」

妻は大きな声で叫び、早くもイク体勢になっていました。
卓も久しぶりの女体らしく爆発寸前で、腰を激しく妻に打ちつけると・・・。

「ああ、イクイク・・・」

「俺もイクよ、奥さん。ああ・・・」

呆気なく発射していました。
その間、たったの5分。
普段の妻なら艶かしい顔で睨むのですが、お互いにセックスは久しぶりとあって、挿入したまま抱き合っていました。
それでも小さくならない卓の逞しいペニス。
それから2時間余り、妻にキスをしながら体中を愛撫し、妻も卓のペニスを咥えたりしごいたり、時には妻を駅弁スタイルで抱えたり、ひっくり返してバックで抱いたりして何度も妻をイカせていました。

もちろん私はずっと、そんな妻と卓を見ていましたが、一向に硬くならない股間に嫌気をさしてAVを観はじめました。
やっと終わったかなと思ったのも束の間、妻は食事を頼み、それを卓と仲良く食べるともう1回戦。
すでに、ホテルに入って6時間以上が経っていました。

以来、妻は卓のことを気に入り、月に1回は抱かれるようになりました。
私はというと、手や口やバイブを使って妻の機嫌を取り、卓との性行為をただ見つめるだけでした。

妻が卓に何度か抱かれた夏、毎年妻と行っているキャンプに卓もついて来ました。
浜辺のキャンプ場にテントを張り、2泊3日をのんびりした気分で過すのです。
その年は仕事が忙しく、お盆過ぎのキャンプになってしまいました。
さすがに卓はいつもキャンプのような生活をしているためか、テントを張るのと火をおこすのに慣れていて重宝しました。

妻はこの日のために買ってきた水着を卓に見せびらかし、卓と海に入って楽しんでいました。
浮き輪に掴まっている妻に背後から卓が抱きつき、ぷかぷか浮かんでいるのです。
それを私は砂浜から望遠鏡で見ていました。
時たま妻が後ろを振り向き、卓とキスをしています。
卓はと言うと、妻の背後にしがみつき、どことなく腰を振っているようなそんな動きを見せるのです。
肩から下は海の中に浸かっていて見えないのですが、妻は後ろから卓のモノを入れられているに違いありませんでした。
その証拠に、警備のボートが2人に近づくと卓は慌てたように妻から離れ、浮き輪に掴まっているのです。

夜はバーベキューをしながらビールを飲みました。
いつもは星をじっくり見ている妻も、卓がテントの中に入ると一緒に入っていってしまいました。
しばらくすると妻の悩ましい声がテントの中から聞こえてくるのです。
中を覗いてみると、2人とも真っ裸で、バックで卓が腰を振っていました。
妻は大きな声を上げないように、口にタオルを入れられていました。
しばらくすると私も眠たくなり、狭いテントの中に入っていきました。
もうその頃には2人の性行為も終わっていましたが、それでも妻と卓は裸のまま一つの寝袋の中に入って眠っていました。

朝、私が目を覚ますと、2人は69でお互いの性器を舐め合っていました。
私が2人を無視してテントから出ると、それをいいことに卓は妻を四つん這いにして、後ろから妻に挑んでいました。
そんなことが2晩続いて、家に帰る途中でラブホテルに入ったのですが、2人はお風呂に入ると早速ベッドで抱き合っていました。
妻はテントの中で出せなかった大きな声を出し、必死に卓にしがみ付いていました。

夏のキャンプ以来、妻と卓が変わったように思います。
9月に入り、まだまだ暑い日が続いていたので、卓が野外で妻を抱きたいと言ってきました。
野外と言っても私以外に見せる露出ではなく、誰も来ない露天でということで、妻もそれには賛成しました。

その日、妻と卓を車に乗せ、朝から誰も来なさそうな山道を走っていました。
国道から県道に入り、その脇道、またその脇道とだんだん道が狭くなり、ついには行き止まりになってしまいました。
私は車を停め、卓にGOサインを出しました。
卓は突然、助手席に座っていた妻の背後から手を伸ばし、妻の胸を揉みだしスカートの中に手を入れ始めたのです。
妻は最初こそ嫌がっていたのですが、それは振りだけで、卓にリクライニングを倒されてキスされると、もうなすがままになっていました。

「ご主人、これから奥さんを犯しますので外で見ていてもらえませんか」

卓にそう言われ、私は渋々車外に出ました。
車の中では妻が足を大きく開き、パンツ越しに卓に股間を舐められていました。
妻は妻で、卓のズボンの前から手を入れて、逞しいペニスを握っているのです。
しばらくすると卓は我慢できなくなったのか、妻のパンツを剥ぎ取ると四つん這いにし、後ろから挿入しました。
妻はシートの背もたれを持ち、お尻を高々と差し出しているのです。
車が大きく揺れ、妻の喘ぎ声が聞こえ始めました。

「ああ、嫌、嫌、堪忍して、お願い、帰して、誰にも言わないから。ああ、嫌っ!」

まるでレイプでもされている女の役を必死でこなしている感じです。
するとなんと、そのシチュエーションに私の股間がだんだん反応しだしたのです。

「へへ、奥さん。誰も来やしないぜ、諦めるんだな。ほら、もう俺のモノがこんなに深く奥さんの中に入っているぜ」

「嫌、嫌、抜いて。堪忍して。帰して、お願い」

2人は完全に役に成りきり、卓の腰が妻の尻肉をパンパンと打っていました。
嫉妬のあまり股間が硬くなってきて、私はズボンの中から出してしまいました。

「ああ、奥さん、イクぞ、たっぷり中に出してやる」

「ああ、そんな、堪忍して、中に、中だけはやめて」

そんなことを言いながら2人は一気に絶頂に向けて走り出したのです。
私の股間は、ただ軽く擦っただけで射精してしまいました。

妻と卓はあれだけ激しいセックスをしたにも関わらず、後部シートで抱き合い、キスを楽しんでいます。
私は国道に出ると、そんな2人のために、いえ、自分のためにラブホテル探しました。

タイトルとURLをコピーしました