流れるプールでJCに勃起を見せた

この体験談は約 4 分で読めます。

息子とプールに行った時の話です。
夏休みも終わりに近くなり、息子を連れてプールに行きました。
私は、見せることにすごく興奮してしまう人間で、過去にもそういうことをして、痛い思いもしてきました。

平日ということもあり、プールは結構空いてました。
まずは更衣室で、子供連れの家族を探します。
まだJCくらいの娘さんを連れた家族が着替えている隣へ行き、娘さんと目線が合った瞬間に、娘さんに見える位置でおもむろにズボンとパンツを下ろします。

そのまま水着を探すフリをしてブラブラさせます。
もう娘さんはチラチラ、顔と私のアレを交互に見ています。
目が合った時に軽く微笑み、目線を私のアレにやります。
そうすると、たいていの娘さんはまたアレに目をやり、また私の顔を見ます。
その時に娘さんが微笑み返してきたら、その日のターゲットは決まりです。

その娘さんも微笑み返してきました。
照れながら。

その家族の後をつけ、彼らが陣取る場所の近くに私達も陣取り、その娘さんを逃がしません。
もう娘さんはチラチラと振り返りながら私を見ています。
先にプールに息子と入り、息子には勝手に泳がせて、1人でゆっくり流れるプールを歩きます。
その時、さっきの娘さんがプールサイドを走ってきて私のちょっと先へ行き、私と目が合いながらも水中メガネをつけて入ってきました。
そして、ゆっくり歩く私の前で止まっています。

(あ、もうこの娘さんは見たくてしょうがないんだな)

そうと判れば、近づいていきながら紐を緩め、擦って大きくさせておきました。
私が近づくと、娘さんは大きく起きを吸って水中に潜りました。
私は少しずつパンツを下ろしていきますが、全部はまだ見せません。
陰毛あたりまで下げると、サッとパンツを元に戻しました。

水中から顔を上げる娘さん、見つめる私。
焦れったくした娘さんの口元が可愛く、また急いで泳ぎ、私の先に行って待っています。
見たくてたまらないようです。

水面の高さは私の腰あたりです。
まともにパンツを下ろしたら周りにバレてしまいます。
私は腰を落とし、水中でしゃがむ形を作り、チンポを勃起させて娘さんに近づきました。
すると娘さんは息を深く吸って水中へ・・・。
そこで私はパンツのゴムの所を両手で掴み、ゆっくり下げていきました。
膨張したチンポを出したまま、潜っている娘さんの前を通りすぎます。

慌てるように顔を上げる娘さん。
さっき更衣室で見た時のとは全く違う私のチンポに驚いた様子です。
驚いたけど、もう見たくてしょうがない様子で、しきりに私の前をキープしています。
でも、そう簡単には見せることはしません。
焦らして焦らして、興味をもっと引き出します。

やがて10分の休憩になり、家族のもとに戻っていきました。
そっと様子を見ていると、親に言う素振りもなく、体育座りでじっと私を見ています。
また見せられると、確信を持って思いました。

休憩が終わり、またプールに入りました。
娘さんはプールの縁を片手で持ちながら、水中に顔をつけています。
私はまた硬くなったチンポをパンツからゆっくり出して、どれだけ硬いのか、チンポを指で下に下げて返ってくる反動を見せてやりました。

もう娘さんは興奮状態。
私は1人で笑ってしまっていました。

また私の先に行き、プールの縁を持って私を待っています。
私もプールの縁を持って娘さんのすぐ後ろに行き、同じ速さで一緒に流れました。
娘さんは私の方を向きながら、プールに顔をつけています。
その状態のまま、またチンポを見せました。
ブハっと息つぎで顔を上げると、すぐに顔をつけてまた見るんです。
もう娘さんの頭は私のお腹に当たったまま、その状態で一緒にプールを流れていきました。

私は思い切って、娘さんに声を掛けてみました。

「すごいでしょ?もっと見たい?パパに内緒にしてくれるなら、おいで」

そう言ってプールを上がりました。
思ったとおり、娘さんはついて来ます。
私は先に歩いて更衣室に向かいました。
カーテン付きの着替え場に入り、手招きしました。
娘さんが小走りに入ってきました。

名前と年を聞き、「絶対に内緒だよ」と約束させました。

娘さんは、「こんなこと言えないよー」と言っていました。

チンポが真ん前にいくように娘さんをしゃがませ、ゆっくりとパンツを下ろしました。
わざとチンポの先をパンツに引っ掛けながら下ろし、脱いだ時に跳ね返りを見せてやりました。
いつも、この瞬間が一番興奮します。
ビンビンなチンポをすごい近くで見ています。
ゆっくり皮を剥き、頭を見せて、どうすると男は気持ちいいかを見せてあげました。
娘さんは、もじもじしながらもチンポから目を逸らさずにいます。
すぐに射精感が来たので何も言わずにビュルビュルと白濁液を目の前で出しました。
娘さんはそれを見て、「すごーい!!」と小さな声で言っていました。

最後にもう一度、「内緒だよ」と言って、それからは普通に遊びました。
仲良しになって、その後を楽しむためです。
学校名も聞いたので、これからが楽しみになりました。

タイトルとURLをコピーしました