妻に出された他の男の精子を飲むのが日課になった

この体験談は約 7 分で読めます。

今から6年前。
他の男に妻を抱かせたい欲望が日に日に募り、妻にそのことを言うと断られたが、諦めきれずにセックスの最中に何度も頼んだ。
ある日、セックスの最中に妻がイキそうになったとき、チンポを抜いてお願いした。
いつも通り初めはだめだったが、4回、5回と寸止めを繰り返すと根負けして渋々了承した。
善は急げで、チンポを挿した状態でテレクラに電話をさせた。
出たのは20歳の吉沢君だった。
恥ずかしそうに妻が話し始めた。

吉沢「こんばんは、初めまして」

妻「こんばん・・・わ」

吉沢「20歳の学生だけどいい?」

妻「・・・はい、初めて電話するの。どうすればいいのか判らなくて・・・」

吉沢「話をして気が合えば会ったりするところだよ」

妻「会ったこと・・・あるの?」

吉沢「あるよ」

妻「会って何するの?」

吉沢「色々だけど、話したり、食事したり」

妻のおまんこをチンポで突いた。
そして小声で、「エッチしたことはあるか聞け」と僕が言った。

妻「それで・・・エッチとかもするの?」

吉沢「はっきり言ってエッチが最終目的だけど、エッチしたいの?」

妻「主人に『エッチして来い』って・・・言われてるの」

吉沢「お~、いいね~。で、今、旦那さんはいるの?」

妻「いるけど・・・どうして?」

吉沢「ちなみに旦那さん以外とエッチしたことはあるの?それと旦那さんと代わって」

妻「主人以外は知らないけど・・・代わるわね」

僕「初めまして、よろしく」

吉沢「初めまして。本当にいいんですか?なんか希望はありますか?あ!それと旦那さんが一緒に来るのはだめですけどいいですか?」

僕「妻を連れて行ってお渡ししたら帰りますよ。それでいいですか?」

妻は不安な顔で聞いているが、股間から液体が溢れんばかりに出てきていました。
もう彼に抱かれることを観念した状態でした。

僕「私の条件ですが、最低2回は妻のおまんこに精液を吐き出して欲しいんです。大丈夫ですか?」

吉沢「たぶん4回は出せますよ。奥さんをドロドロにしてお返ししますよ。それに僕のは大きいので奥さん何度もイキますよ」

携帯の番号を交換し、会う場所を決めた。
それと簡単なプロフィールを交換した。
僕は話しながら喉がカラカラになってきた。
妻は僕以外の精液が膣内に出されることに興奮しているのか、目がトローンとしてきて、口が半開きになり、そして僕のチンポを締付けた。

とりあえず途中でエッチをやめ、シャワーを浴びて待ち合わせ場所に行った。
妻のシャワー中、妻のバックにボイスレコーダー(7時間の録音が可能)をセットした。
吉沢君は先に来ていたが、バイクだったので、僕の車でモーテルに連れていった。
車の中では3人とも緊張して会話が弾まなかった。
モーテルに着いて妻が車から降りるとき、「楽しみなさい」と声を掛けると震えながら小さく頷いた。
そして吉沢君とモーテルに消えた。

あの青年に今から妻が抱かれると思うと、僕のチンポはいきり立っていた。
待つ身は辛い。
色んな妄想が膨らんで、悶々としながら電話を待った。
モーテルに入って6時間後、携帯電話が鳴った。

吉沢「今終わりました。お迎えお願いします。奥さん、とても良かったですよ」

僕「ありがとう。今から迎えに行く」

携帯を切った。
心臓が飛び出そうだった。
モーテルに向かい、入口で待った。
2人が出てきた。
妻は吉沢君にしがみついていて、まるで恋人同士のようだ。
出口のところで熱いキスを交わして目を合わせた。
そして2回目のキス・・・。
妻は完全に吉沢君の女になっていた。
服の上から胸を揉まれても、しなだれて喜んでいるように見える。
嫉妬で胸が熱くなった。
車のライトを点け、2人の前に車をつけた。

2人は後の席に座り、抱き合っていた。
吉沢君は僕に見せつけるように妻とキスをした。

吉沢「奥さん、最高でした。これからも貸してもらえますか?いいえ、奥さんを僕に下さい」

僕は返す言葉を失って、ただ頷いていた。
それを見て妻が、「嬉しい」と言った。
ドキッとした。

(どんなセックスをしたのか?)

見知らぬ男にわずか6時間で落とされた妻・・・。
僕は早く録音を聴きたくて仕方なかった。

彼を送って妻と2人で家に帰った。
帰るなり、妻を裸にして隅々まで調べた。

(あ!)

股間の毛が綺麗になくなっていた。
胸や首筋には無数のキスマークが付けられ、股間からは彼の精液が垂れてきた。
嫉妬した僕は妻のおまんこに口をつけ、彼の精液を全部吸い出すように思いっきり吸った。
口の中に栗の香りが広がった。
興奮のあまり、飲み込んでは吸い、飲み込んでは吸いを繰り返した。

妻「ああ、彼の言う通りになったわ」

妻が言った。
いきり立ったチンポ(といっても勃起時に11cmで皮被り)を妻のおまんこにねじ込んだ。
ジュボジュボと抵抗なく入っていった。

妻「あなたのせいよ・・・。彼の賭に負けたわ。もうこれで私は彼の物・・・」

僕は何のことか判らなかった。
妻と吉沢君は賭けをしていた。。
僕とのセックスの最中に妻は言った。

妻「彼とのセックスで私、初めて深くイッたの。凄くいいの。吉沢君と毎日でもしたい・・・」

イク前には、「吉沢君、好きよ。優子は吉沢君の物よ」と叫び、「中に出して!」と今までにない乱れ方で、妻と僕は同時に果てた。

セックスのあと、妻は深い眠りに就いた。
僕は妻のバックからテープを取出し、逸る気持ちを抑えてテープを聴いた。
愕然とした。
賭けの内容はとんでもないものだった・・・。

モーテルの階段を上がる音。
吉沢君が妻をリラックスさせようと声を掛けた。
聞き取れた内容はこんな感じ。

吉沢「奥さん綺麗ですね。こんな綺麗な人が来てくれるなんて幸せですよ」

妻「そんなことないわよ。でもありがとう、凄く恥ずかしいわね」

吉沢「服のセンスも僕にぴったりです。頑張りますね」

妻「え~怖いわ。私、主人しか知らないし、どうしたらいいのか・・・お願いね」

部屋に入るなりゴソゴソと音がした。
彼が妻を抱き寄せている感じ(?)。

吉沢「奥さん綺麗だ」

そう言いながらチュッチュッと音がする。

妻「アッアッ」

妻の声が途切れ途切れに聞こえ、あちこち触られてるみたいだ。
そのうち、「奥さん、こんなに濡れてる」とピチャピチャと聞こえてきた。

妻「もうだめ、立てないの」

吉沢「休憩しますか、少し話しましょう」

妻「はい」

吉沢「僕、脱ぎますね」

妻「はい。電気消していい?」

吉沢「だめだよ。綺麗な体をちゃんと見たいから」

妻「わかったわ・・・」

服を脱ぐ音が聞こえる。
妻の裸を今から吉沢君に見られるんだと思うとチンポが起ってきた。

吉沢「僕はA志と言います。20歳の大学生で、大学までは電車で通ってるんだけど、部活とかしてないから暇なんだよね」

妻「私は優子です。年は37歳。専業主婦。恥ずかしい・・・。A志さんの大きいのね、それが入るのね。なんか怖い感じ」

吉沢「優子さん、触ってみる?」

妻「はい・・・凄い硬い」

吉沢「優子さん、舐めてみて」

妻「大きくて口に入らないわ」

チュウポ、ジュポと舐めている音がして、「大きい、凄く大きい」と妻の上擦った声が聞こえ・・・。

吉沢「優子さん吸って、玉も舐めて。・・・いいよ、気持ちいいよ優子」

妻「A志、大きい。A志、凄い」

吉沢「僕も舐めてあげるから向きを変えるよ」

ゴソゴソと音がした。
69の体勢になっているのだと思う。
妻の秘所を僕以外の男に簡単に見せているんだと思うと嫉妬心と興奮でいっぱいになった。

吉沢「もう凄く濡れてるよ、旦那さん以外の男性としたかったんだ?」

妻「興味があったけど・・・主人には言えないでしょ。結婚してるのよ・・・あ~いい。そこが気持ちいいの」

そのうち妻から、「ああ~~いいの~あ~もうだめ~いいいい~。ああ~イク、イク~~、入れて、A志~入れて」と哀願の声が聞こえてきた。
妻は完全に女になっていた。
今日初めて会った男に求める妻の声が僕の体全体に響く。
その後、もっと驚くことが・・・。

吉沢「優子、僕のチンポが欲しい?」

妻「お願い、入れて~~ああ~入れて」

吉沢「ちょっと入れるからな」

妻「嬉しい。A志~好きよ。ああ~凄い入ってる~。A志の入ってる・・・ああ~こんなの初めて。凄いの奥まで入って、ああ~凄く感じるの。熱いわ熱い」

妻が大きな声で喘いでいた。
5分くらいして「イク、イク、イク」と聞こえ、イクなと思ったとき・・・。

妻「あああ~、A志抜かないで。イキたいの、入れて、入れて、入れて!」

妻が叫んだ。

吉沢「優子が僕の女になってくれるなら入れてやるけど、どう?」

妻「そんなの出来ない・・・出来ない・・・出来・・・入れて欲しい、でも主人が許さないわ・・・」

吉沢「旦那さんはMだから大丈夫だよ。でなければ他の男に優子を抱かせたりしないよ」

妻「そうなの?」

吉沢「それに、優子のおまんこに精液を沢山出して欲しいなんて言わないだろ。賭けてもいいよ。旦那さん、僕の出した精液を優子のおまんこに口を付けて舐めるから」

妻「ウソ。絶対しないわよ、そんなこと。もししたらあなたの女になるわ」

吉沢「旦那さんが精液を舐めたら僕の女になれよ」

妻「わかったわ・・・だからA志、早く入れて」

妻は・・・というか、僕も完全に彼の思い通りになっていた。
そして僕は、事もあろうに彼の精液を妻のおまんこから吸い出して飲んでいたのだ。
賭けに負けて彼の女になる妻。

妻が、「僕が悪い。僕のせいだ」と言った訳がやっとわかった。

吉沢「わかった、絶対だからな、入れるぞ」

妻「早く入れて、イカせて、A志の凄くいいの。ああ~気持ちいい。もっと激しく突いて~、ああ・・・いいの~」

妻は今までにない声で喘ぎ、立て続けに2回イキ、3回目にイクときは、「A志の中に出して!」と大きな声でよがりまくり、2人は同時に果てた。

妻「中が熱い、凄く熱い、私の中にA志の精液がいっぱい入ってる」

うわ言のように妻が叫んだ。
そして3度目のセックスのあと、妻はおまんこの毛を吉沢君に剃らせた。
それと同時に妻は彼の女になった。
4回目のセックス中に妻は、「あなたの女になる。だから沢山抱いて」と言うようになっていた。
そして、「捨てないで」とまで言っていた。

その後、妻と吉沢君は約2年間続いた。
夏休みや春休みにはほとんど家に来て抱き合い、僕の前でセックスをした。
僕は興奮して、妻の中に出した彼の精液を飲み干してから、自分のチンポを妻に差し込むのが日課になった。

タイトルとURLをコピーしました