吉原ソープで脱童貞!3発もイケました

この体験談は約 6 分で読めます。

脱童しようと思ったきっかけは、現在25歳で来月には26歳になってしまうから、きりの良いところで卒業しようかなと。

んで、ネットで色々な知識と勇気をもらったので、1週間かけて自分なりに色々とリサーチしてみた。
第一に考えたのは、どうせ脱童するなら高級店にしようってこと。
最終的に行き着いたのは、120分、65Kの店(吉原)。

何人か候補があって最終的に2人残った末、選んだ嬢は顔モザイクありだが、爆乳の方。
店、嬢ともにネット上の評判はまあまあだったが、中にはネガティブなコメントもちらほら。
けど、誰もが納得するパーフェクトな店なんてあるわけないだろうと腹を括り、前日ケータイで予約を入れた。

仕事で営業をしているせいか、妙にペコペコした口調で予約を入れる。
対応した店員はぶっきらぼうな感じ。
こういう部分で強気になれないのは童貞のせいかガッデムと心で思いつつ、「では、よろしくお願いいたします」と予約完了。
どちらが店員なのかわからんw

オナ禁は3日間。
前日にはコンビニで売っているDHCのサプリで亜鉛を含んでいるマルチサプリとマカを馬鹿みたいに飲んでおいたw

さあ舞台は整った。
やらいでか!とテンションもギンギン。
入れ込みすぎなのと緊張で、何度もうぇっうぇっと吐き気を催したw

で、寝る前にもう一度、嬢の写真を見ておこうと思いHPを見たら・・・。
あれっ!『お休み』になっとる・・・。
なんじゃこれーーーーーーーーーー!
居ても立ってもいられず店に再TEL。

俺「あのー、明日で予約した童貞なんですが・・・」

店「ああ、申し訳ありません。予約されてた嬢が体調を崩しまして・・・」

俺「そうなんですか・・・、それじゃ仕方ないですよね。他に空いてる嬢はいますか?」

ってな流れになり、運よく最後まで迷っていた嬢がOKだったのでチェンジしてもらう。
実は、全体的な雰囲気ではこの嬢(顔モザありだが)のほうがいいなと思ってた。
一抹の不安を感じながらも就寝。

翌日、悶々としながら予定時間まで時間を潰す。
送迎地点の駅に行くまで、すれ違う女がすべて風俗嬢に見えてしまう自分に笑ったw
で、着き、店が提示した確認時間にTELを入れる。

俺「あ、今日予約している童貞です」

店「ありがとうございます。何時頃お迎え場所に着きますか?」

俺「あー、もういます」

店「え?(少し驚いた感じ)。・・・では、嬢もあと1時間で入店しますので、予定時間より早めに始めますか?」

俺「じゃ、それでよろしく」

店「では今から迎えに参ります」

正直、確認TELはどこですれば良いか判らなかったw
(まあ、早くなるならいいか)と思い、迎えの車を待つ。
程なくして迎えが来て、いざ店へ。

そして戦地に到着。
店の雰囲気は高級店らしく、狭いながらも落ち着いた感じ。
待合室に入れられて60Kを前払い。
そして予約した嬢のモザなし写真を見る。
予想図とほぼ変わらず、とりあえず安心。
部屋には俺だけだったが、あとから2人入ってきた。
1人はフリー、もう1人は予約の様子。
しかし2人とも、俺よりも先に案内される。
なんかフラグが立っているような気がして違う意味で緊張したが、3~40分して準備完了の声がかかった。

嬢とついに対面。
想像していたよりも若い!
30代前半かなと思ってたんだが、恐らく20代後半。
顔はきつめだけど物腰は柔らかそう。
かなり好み。

「よろしくおねがいします」と声を掛けられ、そっと手を繋ぎ部屋へ。

途中、「ソープ初めてなんですよー」「じゃあ緊張するでしょー?」みたいな会話をしたが、もう緊張しすぎて顔が引き攣ってたと思う。
で、部屋に入る。

「じゃあ今日はよろしくお願いしますね」と声を掛けられ、カミングアウトは今しかねぇ!と思い・・・。

俺「あのぉ、実は自分、童貞なんですよ。だから今日は色々教えてください」

嬢「えっ、そうなんですか!?」

嬢はしばらく考えた様子で・・・。

嬢「じゃあ今日はお姉さんが色々教えてあげるね!講習みたいになっちゃうかもよw」

俺「全然いいですよ!よろしくお願いします」

嬢「んー、じゃあとりあえずフェラは後にして、ベッドに行こっか」

ってな感じでプレイ開始。
最初はディープキスから。
本かネットで『歯茎を舌で舐めるのも良い』とか書いてあったので試してみる。
嬢が、「ディープキスはしたことあるの?上手だよー」と褒めてくれる。
お世辞でも嬉しいもんだ。

嬢「じゃあ次は色々な場所を愛撫してみて」

とりあえずオッパイを揉む。
しばらく揉んでると・・・。

嬢「手だけじゃなくて口でも色々と舐めてあげるんだよ」

そう言いながら、俺の指を乳首に見立てて、嬢が口で舐めたり歯で噛んだりしてくれた。
で、それをお手本に再度チャレンジ。
嬢が、「んっ、そうっ、上手だよ」と声を掛けてくれる。

嬢「次第に胸から下の方に舐めたり愛撫していくんだよ」

そうアドバイスされ、下の方を攻めていると・・・。

嬢「ちょっと指貸してみて」

おもむろに自分の手をとり手マンへ。

嬢「いきなり入れないで、ゆっくりゆっくりね。中の方に行くと上側にザラザラした部分があるでしょ?そこがGスポットなの。そこを優しくされると女の子は気持ち良くなるんだよ」

なんて、ちょっと喘ぎながら講義までしてくれた。

嬢「じゃあ交代しよっか」

声を掛けられ、フェラへ。
フェラは過去にピンサロで一度しか経験がないので比較対象が貧しいが、テクは中の上ぐらいかなーと思った。
でも、嬢の表情がエロい!
なんか幸せだった。
んでチンポがギンギンになり、ちょっとイキそうになったので声をかけたら・・・。

嬢「じゃあ本番してみようか!」

NSの雰囲気でちょっと抵抗があったので・・・。

俺「あの、ゴム付けでもいいですか?」

嬢「ん?ああ、早くイキそうなんだよね。じゃあゴム付けようか」

ちょっとニュアンスが食い違ったけど、とりあえずゴムを付けてもらい本番へ。
最初は正常位から。
チンポをマンコに入れようとしたが、いざとなるとなかなか上手くいかない。

(やっぱりオナホと生身の女の子は違うよな・・・)

とか思ってたら、嬢が誘導してくれて挿入成功。
コメントでよく『大して気持ち良くない』なんて見かけるけど、俺の場合は違ったかな。
確かに入れた直後は正直言って気持ちとかっていう感情は湧かないけど、(今、この人と一緒になってるんだなー)っていう一体感のようなものはあったよ。
手淫やオナホじゃ絶対に味わえないことだと思う。

で、ぎこちない腰使いで何度か抜けつつアンアンしてたら、「じゃあ私の足を持ってみて、ほら、もっと奥に入るでしょ?」とか「焦らなくていいから、自分の気持ちいいように動いていいんだよ」とか、時折違う体位のやり方や、気遣いの声を掛けてくれる。
で、次第にチンポが熱くなり発射。
無事に脱童貞。
久々に大量に出た。

嬢も「やったね!おめでとう!」と声を掛けてくれた。

で、休憩になり、ドリンクを飲みながら話してたら・・・。

嬢「次はNSでやってみる?」

俺「んん~・・・実は失礼な話かもしれないんですけど、病気とか怖いんですよね」

正直に話した。

嬢「そうだよねー。初めてだとそういうことも怖いもんね。でも月2回病院で検査してるし、血液検査もしてるから大丈夫だよ。それに生だと感覚も違うよ」

正直、迷ったけど、嬢の人柄と好奇心が勝り、2回戦目はゴムなしですることに。
2回戦目はマットの予定ぽかったが、嬢が思いついたように、「もう一度ベッドで色々な体位をしてみようか?」と提案。
俺も賛同し、再度ベッドへ。
その前に気を遣ってくれたのか、嬢がチンポをイソジンで洗ってくれる。

で、2回戦目。
今度は嬢が攻めるスタイルで開始。

ディープキス→フェラ→M字騎乗位→騎乗位。

一度イッいるせいか、チンポの反応がちょっと鈍い。
(でもギンギンではあるw)

途中、「バックからしてみたいんですけど」と提案したら快くOK。
(突きまくるぞー!)と意気込んだものの、なかなか上手く入らないし、抜けがち。
またまた嬢が気を遣ってくれて、椅子を台にするなどして挿入の高さや角度を調整してくれる。
それでも上手くいかないので、再び正常位に。
2度目とあって動きは少し慣れたので、徐々に激しくして、中出しフィニッシュ。
やっぱり生だとチンポの体感温度が違った。
こちらのほうが気持ちいい。
まあ、考えは人それぞれだと思うけど。

で、シャワー。
嬢が全身を使って体を洗ってくれる。
これは気持ちいいというより、なんかすごい癒された。
浴槽に入り、潜望鏡をしてもらう。
これは視覚重視って感じかな。

3回戦はマットプレイから開始。
AVで観たプレイの連続で、気持ち良さに加えて楽しさがあった。
そこからゴムを付けてもらって本番開始。
初めは嬢が上で攻めてくれて、次に俺が正常位で攻め。

嬢「時間も少なくなってきたから、このままベッドに行っちゃお」

2人、ヌルヌルのままベッドへ。
俺はローション好きなので、思わぬ展開でちょっと嬉しかった。
さすがに3回目ともなるとイキにくくなってきたが色々と攻めた。
それでもイキそうにないので、再度ゴムを外して、最後は正常位でフィニッシュ。
まさか3回もイケるとは思わなかった。
頑張ったな俺。

嬢も、「すごいイッたねー!やっぱ若いねー。でもいいもの持ってるよ!エッチの素質もあるよ」と労ってくれた。

脱童の相手が彼女で本当に良かったなと思った。

自分で書いてて恥ずかしいぐらいの童貞っぷりw
ソープにハマる予感はしないけど、金が貯まったら、今回の嬢にはもう1回会おうかなと思ってます。

タイトルとURLをコピーしました