M性感の女の子にドM体質を見抜かれて

この体験談は約 5 分で読めます。

風俗店、主に箱ヘルだけど、時々行くようになって、女性主体のエッチなことが好きになった俺。
でも、30分という短い時間の箱に飽きだし、かと言って高額なソープには行けなかった。
デリヘルかエステで悩んだ俺。
でも1人でラブホに入るのは恥ずかしいし、自宅に女を招くのは抵抗があり、ルームのあるエステを利用することにした。

ネットで見つけたのは、“M性感”を謳った店。
痛いとか熱いはないと知り、早速電話。
指定のマンションに指定時間通りに行くと、可愛い声が出迎えてくれた。

名前はまゆちゃん。
女子高生スタイル(ブレザー)に萌え。
赤いチェックのプリーツミニに萌え萌えの俺。
年齢は22歳で、Dカップ。
なかなか可愛い子で、当初は60分を予定していたが90分に変更した。
まずカウンセリングからスタート。

「オプションは何を付けますか?」

俺が選んだのは、無料だった拘束と、+2Kのトップレス。

「マッサージ重視ですか?エロ重視?それともエロのみでいきます?」

もちろんエロのみで!
シャワーを浴びて部屋に戻ると、早速ベッドで仰向けに。
まゆちゃんは俺が横になるや早々と服を脱ぎ、トップレスに。
プリーツミニのみのまゆちゃんが俺の横に寝そべると、わざと胸が顔に当たるようにして手を拘束。

「90分間、た~っぷり楽しみましょうね♪」と、にこっ。

手枷に太い鎖って感じで、動かすと重く、ジャラジャラという音。
両足もその後に拘束され、身動き取れないわけではないが、起き上がることはもう無理。
目隠しをされて、いよいよプレースタート。

腰に巻いていたバスタオルを解き、「ご開帳~」と言うまゆちゃん。

「へ~っ・・・こんなチンコしてるんだ~」

早速の言葉責め。

「こんなんどう?」

チンコの先を指で弾くまゆちゃん。
思わず、「うっ」と言ってしまう俺。
ベッドに人が上がる気配がして、直後にチンコの上に座られた感触。
胸にローションをたっぷり垂らされ、「性感帯のチェックするね~」と明るく言われる。
そして、いきなりビンゴの胸をさわさわ。

「え~っ・・・いきなり当たっちゃった?」

その後重点的に胸を触られ、俺のチンコはMAX状態。

「あたしのパンツ汚したらお仕置きだかんね~」と、早々と射精管理。

でも弱点の胸を触られ、股間に乗られてたら俺、もうダメ。

「イキそう・・・」

思わず告げると、「まだまだ!」と厳しいお言葉。
一旦離れたまゆちゃんにコンドームを被されて、その根元をゴムで・・・。

「サービスだかんね」

そう言ってまゆちゃんは、チンコをさわさわしながら胸をペロン。
思わず、「あ~ん・・・」と言ってしまう俺。

「女の子みたい」と笑うまゆちゃん。

「どこが気持ちいいの?」と聞かれ、「胸」と答えるとダメ出し。

「おっぱい」と言うまで、チンコをお預けされてしまった。

やがて訪れた絶頂だが、開放感がなくてただ苦しい。
痙攣する姿を、「きゃはは」と笑われる俺だった。

またまゆちゃんが俺から離れた。
何やら引き出しを開ける音がして、足音が近づいてくる。

(何されるんだろ?)とドキドキ。

右胸に何かを当てられ、その後きゅーっと吸い込まれる感覚に、「あぁ~っ」と言ってしまう俺。
しかし責めはまだまだ続き、吸い込まれた根元に圧迫感が・・・。
それを左胸にも施し、「おっぱいが出来ちゃった」と嬉しそうなまゆちゃん。
ひとしきり互いの乳首を擦り合わせ、その後両胸をローターで弄られる。
片側は押さえつけられ、片側は乳首周りを。

俺が「ひぃひぃ」言い出したところで、再びまゆちゃんがチンコ上に座る。

「イキそう・・・」と告げると、「『イッちゃう~』って可愛く言ってよ」と促され・・・。

「イッちゃう~」

絶叫した俺。
でもイケない・・・。
俺から下りて、居なくなったまゆちゃん。
俺、しばし1人放置状態。
落ち着きを取り戻し、目隠しのままきょろきょろすると甲高い笑い声。

「寂しい?相手して欲しい?」

「は、はい・・・」

情けない俺。

「『僕ちんのおっぱい、またさわさわして』って言ったら触ってあげていいかも」

情けないけど、言うしかない・・・。
目隠しは解かれたが、まだ手足は拘束されたまま。
胸を見ると、根元をリングで締められ、異常に隆起した乳首があった。
それを舌で転がされるだけで、「あはぁ~ん」と口から漏れる。
しかもしつこくされるもんだから、とうとう喘ぐだけの俺。
またしてもイキそうになった俺。
しかし、「イッちゃう~」と言う前にお預けを喰らってしまう。

(なんで?)って顔してまゆちゃんを見ると・・・。
俺を跨ぐように立ったまゆちゃん。

「ジャンジャジャーン」と言いながら、パンツ脱いじゃった。

そして脱いだパンツを俺の顔に被せて、「可愛いから犯しちゃおう」って・・・。

プリーツスカートの中に消える、まゆちゃんの手と俺のチンコ。
やがてチンコはヌルッって・・・。
まゆちゃんは俺の乳首を指で触りながら、腰を激しく上下させる。
俺は何度も、「イッちゃう~」って言ってるのに、全然射精出来ず・・・。
まゆちゃんがイクまで2人のアンアン言う声が室内に響いた。
程なくまゆちゃんはイキ、俺の上にぐったり。
でも俺のチンコは硬いままで・・・。

復活したまゆちゃんは俺から離れ、再度引出しを開けた。
出てきたのはパールバイブ。
それにコンドームを被せ、「これをお尻に入れるよ」って。
力を抜くように言われ、肛門周辺を指でさわさわ。
指とは違う感触があり、そしてそれがゆっくり・・・。
ある程度入ったところでスイッチが入れられて、俺悶絶。
チンコのゴムとコンドームを外され、シコシコされた途端・・・。
溜まりに溜まったものが大噴火。

「いっぱい出てるよ~」

なんて言いながら、まゆちゃんは手を止めません。

乳首の同時責めで、5分しないうちに2回目の発射。
それでも止まらない、まゆちゃんの手。
頭の上に回り、右手はチンコで、左手は左胸。
そして右胸を舌で転がされ・・・。
俺は顔の上にあった、まゆちゃんのおっぱいをペロペロしながら、すぐに3回目の発射。
お尻にバイブを入れたままの俺を少し離れて見てるまゆちゃん。
ニコニコしながら。
手足を拘束された俺は、(助けて~)と目で訴えるが・・・。

「オナニー見せてくれたらバイブ抜いてあげる」って言われて・・・。

右手のみ拘束を解かれ、若い子の前でシコシコする情けなさ。
でもすっかり敏感になってた俺は、自分でやっててアンアン言ってるし。
それを見て、「変態だ」とか「キモイ」とかって言葉責めするまゆちゃん。
乳首責めのお手伝いを受けると、すぐに発射。
腹上に放出したザーメンを腹や胸に塗りたくられ、やっとアナルからバイブを抜かれた。
手足の拘束を解かれても、しばらく動けなかった。
どうにかこうにかシャワーを浴びて室内に戻ると、「お疲れ様」と笑顔のまゆちゃんがお出迎え。
しばしのティータイム。

「本番・・・したよね?」
「特別よ」

「なんで?」
「会った瞬間のインスピレーションかな?反応が可愛かったら、しようかなって・・・」

「はぁ・・・」
「ドMだね?」

「そうかな?」
「ドMだよ」

「プライベートじゃ・・・Sだもん」
「いや、絶対にドMの素質あるよ」

俺の小遣いでは月に1度がやっとですが、その都度まゆちゃんに犯されてる俺です。

タイトルとURLをコピーしました