娘の入浴シーンを拝んだ後で母親に射精

この体験談は約 5 分で読めます。

俺は覗きを通り越し、侵入したことが一度ある。
お気に入りの女子中学生の家は、春先から晩秋まで1週間に3日は覗きに行った。
もちろん浴室がターゲット、たまにトイレも。
窓は閉まってるので、音だけ聞いてはおかずにしてた。

2ヶ月くらいで誰が何時に風呂に入るか、だいたいわかってきた。
夜8時前後は親爺、9時~11時は娘と姉、深夜12時~2時は母親だ。
というわけで俺の出動は9時からの2時間。

ある日、誰も入ってない時に、風呂場の窓を小刻みに上下に振動させてみた。
なんとロックが外れて開いた。

(まじか、これで拝める!)

高鳴る心臓を抑えきれずにいると、風呂の電気が点いた。
娘たちはほとんど夏場はシャワー、そっと2センチくらい窓を開けてみた。
しばらくしゃがんで気付くかどうか様子見。
どうやら窓が開いたことは気付いてないらしい。
チャンスとばかりに外壁の側面に顔を付け、片目だけで見てみた。
後方斜めのアングルだ。
これなら大丈夫かもと、あと2センチ開けてみる。

う~ん、よく見える。

が、これって姉貴だ。
髪も染めてなくてまじめな女高生なんだが、いいー!!!
ぽっちゃりだが、シャワーの雫が弾けるように流れている。
腰の肉が2段になってるのが少しあれだが、乳の盛り上がりはかなりある。
角度的に乳首は見えない、マン毛も。
残念だが仕方ない。

シャワーの下側にあるシャンプーを取って髪を洗い始めた。
もう少し窓を開けると、シャンプーの香りが伝わってくる。
今度はボディーシャンプで全身を洗い始めるが、手だけで洗ってる。
変なの・・・。
少しガニ股になり、股に手を入れて念入りに洗ってる。

自然と手コキをしていた。
外で手コキなんて初めてだ。
1分も持たないで大量発射。

震える手と足をなだめてから窓を少し閉めた。
このまましゃがんで、お目当ての妹の入浴を待つ。
1回出したのに、いつまでも勃起したまま。
連続発射もできるぞ。

(早く来い来い、千恵美ちゃん)ってとこだ。

なかなか来ないので、勉強部屋の電気を確認に行く。
まだ点いてる、勉強中かな。
仕方無しに浴室の下で小さく座って待っていた。

すると、パッと浴室の明かりが点いた。
千恵美だ。
シャワーの音がしない、風呂に入ったようだ。
これじゃ見れない。
さっき確認したが、風呂に入ってるとこちらの窓が斜め前方に位置するので、下手をすると見つかる。
風呂に入る向きが逆なら見えない位置だが、これだけは運任せ。
確認するのは極めて危険だ。
バスタブから出て洗うまで待つしかない。

バスタブを出る音がした。
1センチくらい窓は開いている。
もう少し開けてみる。
さっきと同じように片目だけで見てみる。
姉貴と同じ方向を向いて、椅子に座って洗い出した。
窓を5センチほどまで開ける。
うん、よく見える。

中2の体ってまだまだ幼児体型なんだね。
千恵美が股を少し開いて、あらわな姿で洗ってる!!!
乳と陰毛を、どうしても見てみたい!!!
座ってるので乳の膨らみ加減も全くわからん。
すると少し腰を上げ、まんこを洗い始めた。

たまらん、見てみたい!!!
おおー、立ち上がってシャワーに手を伸ばした。

(乳・・・無い)

姉貴とは対象的なスリム体型に膨らみを求めてたんだが・・・。
わずかに盛り上がり(?)が確認できる程度だ。

年の割に成長が遅いんだな。
顔も幼いから、まあこんなものか。
もしかして、陰毛はまだ無いかも。
こんな疑問がふと湧いた。

シャワーを止めたので、すっと隠れる。
浴室から出た様子だ。
今日はこれで終わりか。
何か物足りないかったな。
ちんちんはそれなりに勃起してるが、ここで再度手コキってほどでもない。

不完全燃焼ながら、ひとまず帰還した。
部屋で横になりながら、千恵美の母親でも覗いてみるかと思いつつ、うっかり寝てしまって、目が覚めたのは深夜3時だった。
おっと、母親の入浴時間はとっくに過ぎてる。
ダメ元で千恵美の家に向かってみた。
やっぱり浴室は真っ暗。
でもでも・・・1階の居間の明かりが煌々としてる。
(千恵美?)の思いに、庭に回って侵入。
四つん這いで静かに居間に近づいてみる。
網戸とレースのカーテンは閉まってるが、これなら簡単に侵入できそう。
昔の田舎は無用心。
俺の家もこんなもんだけど。

そっと頭を持ち上げ、部屋に人がいるのか確認する。
いるいる。
ソファーで寝てて、砂の嵐状態のテレビの音も聞こえてきた。
角度的にすぐに母親だとわかった。
ぽっちゃりだが顔はまあまあで、“見て損はないおばさん”って感じだ。

網戸に手をかけて、少しだけ開けてみる。
音もなく滑る感じで開く。
これなら侵入しても気付かれないだろう。
本当に少しずつ開けていく。
慎重に慎重に。
とりあえず頭だけ入れて、しばらく様子を窺うと、時々いびきが聞き取れる。
これなら侵入可能と判断し、侵入開始。
そして侵入完了。
だが、一歩踏み出したら、床がミシッと音を立てた。

(やばい)

直立不動で固まった状態だった。
数十秒はそのままで、母親の様子を窺う。
相変わらずいびきが漏れてる。
大丈夫のようだ。

また四つん這いになり、そっと接近を始めた。
母親の足の方向からの接近になる。
スケスケではないが、膝丈で薄ピンク色のネグリジェ。
一旦ソファーの裏に身を隠し、興奮したちんこをジャージから出した。
這ったまま母親の足先まで顔を持っていき、思わず匂いを嗅いでしまった。
・・・無臭。
しばらくそのまま、音を立てずにシコシコ。

ふいに母親の片足の膝が立った。
俺の位置から太ももがバッチリ見える。
40歳くらいのおばさんでも、白くて柔らかそうな太ももには興奮させられる。

頭の位置を若干動かし、パンティーが見えるか確認。
パンチラ程度だが、薄い水色の化繊生地と思われる部分が見える。
陰毛が生えてる辺りには、フリルというか刺繍みたいのがある。
マンコの部分をバッチリ見たいのに・・・。

(もっと足を開いてくれ!)

そんな願いも届かぬまま数十分が経過した。
メインイベントを見るまで出してはならないと、軽い手コキを続けていたが、なかなかメインが見えない。
太ももをずっと凝視していたが、視線を上に移すと平らな胸。
ノーブラだから横に乳が流れているのだろうと思いつつも、乳首の突起だけはネグリジェの上からでもわかる。
小じわも確認できるが、おばさんにしては鼻筋が通ってて比較的綺麗な顔立ちだ。
口が少し開いてるから、(俺の唾液でも垂れ流してやろうか)なんて考えが浮かんだ。

ソファーの裏を這って頭の前方から顔を上げてみた。
シャンプーの匂いが漂う。
髪に触れるか触れないかの距離で再度匂いを嗅ぐ。
たまらん、大興奮。
興奮と緊張の為か唾液が出ないし、なかなか溜まらない。
仕方ないから、ここで発射してフィニッシュにすることにした。

発射を何度もこらえて、それなりの時間、興奮状態を維持し続けたのもあって、髪の匂いを嗅ぎながらピストンのスピードを上げると、本当にすぐに発射してしまった。
流石に2回目だから大量ってわけではないが、何度も我慢してたせいか、結構のドロドロなのが手のひらに発射された。

一気に興奮が冷めてきたが、開いた母親の口に精子を慎重に流し落とす。
上唇と鼻の間に着弾しつつ、調整を繰り返し、やっと口の中へ。
その瞬間、母親の口が動き、唾を飲み込む動作。
無意識のうちに飲み込んだって感じだ。
また興奮してきたが、長居すると危険なので、こっそりと帰還した。

タイトルとURLをコピーしました