僕の悲惨な初体験とその後の話

この体験談は約 3 分で読めます。

僕の悲惨な初体験と、その後に起きたことを話そうと思う。

まず僕はペニスが異常に小さい。
しっかり生殖機能はあるが発育不全のようである。
普通の時で約2cm。
当然仮性包茎だったが、勃起すれば自分で剥くことができた。
ただ勃起しても7cm弱、太さも1cmちょっとしかない。
中学生の時はとても悩んだが、こんなことはとても相談できなかった。

高校生になってテニス部に入り、2年のときに同級生のマネージャーの彼女ができた。
仮にN子としよう。
付き合って3ヶ月ぐらいして、ほんの些細なことから大喧嘩になった。
僕は別れたくなくてN子に必死で謝った。
N子は不満げだったが許してくれた。
そして、そのままエッチする空気になった。

僕は悲惨な目に遭うことになった。
童貞だった僕は無我夢中で前戯を頑張ったが、N子の感じるところを一つも見つけられなかった。
先程のこともあってN子は完全に冷めきっていたが、初体験の興奮で僕は気付けなかった。
パンツを脱いで、下半身を出して、ゴムを付けた。
ゴムは自慰で試したことがあり、スムーズに付けれた。
いざ挿入しようとしたが、童貞だったため上手く入れられなかった。

「早くしてよ」

苛立ったようにN子に言われ、さらに焦った。
そして挿入。
N子は非処女だった。
しかし僕は童貞で、挿入前にも擦ってしまっていたため、1ミリも動かないままイッてしまった。
そして小さくなって、自然に抜けた。

僕が、「ごめん、イッちゃった」と言うとN子は驚いた顔で『え?』という顔をして、一拍置いてから、「てか、入れてたの?」と聞いてきた。

N子は小声で、「・・・くそ・・・」と言って、その後大声で、「下手くそ!!マジ最低!!どんだけ下手くそなの!!」と叫ばれた。

僕は初めて聞くN子の大声に茫然としていた。
見たことのない怒った顔とすさまじい勢いでN子は言った。

「童貞でもあんまりじゃん!!前戯は全く感じないし!ちょっとは感じさせてもいいんじゃないの!?挙句の果てには勝手に入れて勝手にイッてるし!極めつけに、何そのちんこ?包茎の上にめちゃくちゃ小っちゃいし!てか、入れた感触ゼロだったし!!」

N子は言い尽くすと僕を部屋から追い出した。
僕は服を着て帰っていった。
僕はただただ茫然とするしかなかった。

その夜N子からメールが来て、『言い過ぎた。ごめん。明日うちに来て』と書いてあった。

N子が好きだった僕は翌日、N子の家に行った。
今となっては行かなければよかったと激しく後悔している。

翌日、N子の家に行くと部屋に案内された。
N子が出してくれたお茶を飲むと、激しい睡魔に襲われた。
30分ほどして目が覚めた。
僕は全裸にされていた。
さらに手足をガチガチに拘束されていた。
何が起きているか判らなかった。

そこにN子がやって来て、「これは仕返し。昨日、あんな最低なエッチをされたから、今日はあんたの前で本物のエッチするから」と言い、続けて、「あんたに内緒でセフレとエッチしてたの」と言った。

僕はそれだけで衝撃を受けたが、それ以上に衝撃受けたのが、やって来たセフレというのが部活の親友Aと後輩Bで、後輩のマネージャーのY実も一緒だったこと。
どうやら2対2でやるようだった。

入って来るなり3人は俺を見て、「ちんこ、ちっちゃ」と言い捨てた。
猿轡をされていた僕は反論できません。
そして3人は服を脱いだのだが、AとBのちんこのサイズがとても大きかった。
2人とも、まだ勃起してないのに皮はズル剥けで、カリは太く赤黒い。
大きさ、太さともに僕の勃起状態よりかなり大きかった。
僕が打ちひしがれていると、Y実が定規で僕のサイズを測りだし。

「2cm」

みんなで爆笑してた。

Bに、「先輩、これで女とエッチしようなんて百年早いですよ」などと言われたりもした。

エッチが始まると、N子もY実も感じまくっていた。
見せつけるように僕の真ん前で前戯をしていた。
そして2人とも前戯だけでイッてた。
挿入も僕の真ん前。
腰を振りまくってた。
N子もアンアン鳴きまくりのよがりまくり。
僕は1日中、その光景を見せられた。

その後、僕は部活も辞め、1人で別の町に移った。
今でもあの光景は忘れられない。

タイトルとURLをコピーしました