従姉のお姉さんがしてくれた極上のフェラチオ

この体験談は約 5 分で読めます。

大学に入って1年が経つ頃、いきなり従姉のサトコ姉さんから電話があった。

「今週末空いてる?東京に行くんだけど新宿とか渋谷とか案内してよー。全然わからないけん、タクミ君だけが頼りなんじゃから!」

すっかり授業にも出ずにバイト三昧の暮らしを送っていた俺は、サトコ姉さんが東京に来る理由が判らなかった。

「なんで?観光?」

「あんたみたいに優雅な気分じゃないよ・・・。院の面接と就職活動!どーでもいいけどさ、東京に行ってから何の連絡もないって冷たいんじゃない?とにかくアドレス教えてよ、詳しいスケジュールを送るから」

相変わらず自分のペースで話したいことを話して、サトコ姉さんは電話を切った。

実は俺とサトコ姉さんは1回だけ一線を越えてしまったことがある。
俺が高校3年、サトコ姉さんが大学3年の時だ。
サトコ姉さんは俺の母親の姉の娘、つまり従姉だ。
うちの一族は某中国地方の海沿いの街に固まって住んでいて、サトコ姉さんの家は隣だった。
夏休みに俺の一族はみんなでハワイに行くことになり、俺は夏期講習でパス、サトコ姉さんもクラブでパス。
つまり俺とサトコ姉さんだけが残されることになったわけだ。
夕方、俺が夏期講習を終えて家に入ろうしたときにサトコ姉さんと玄関で会った。

「勉強は捗っとる?晩御飯はどうするの?」

「適当にピザでもとろうかと思っとる・・・」

思春期の真っ只中、彼女はいてもキスもできない田舎者100パーセントの俺は、市内の大学に通っているサトコ姉さんと話すのが照れ臭くなっていた。
小・中・高とまったく同じ学校に通っていたが、2学年上にいたサトコ姉さんは学校では有名人だった。
田舎の高校生には刺激が強すぎる推定Dカップの胸、綺麗な奥二重。
俺は野球部の先輩から何回も、「お前の家に遊びに行けば、サトコさんに会えるんか」とせっつかれたもんだ。

俺が無愛想に家に入ろうとすると、「そんなん食べとったら体がもたんよ!今日はうちに来んさい。明日休みじゃけ、ご飯を作ってあげる」と言った。

「いいよいいよ」と断る俺を無視して軽自動車に乗り、近くのショッピングセンターまで買い物に行ってしまった。
シャワーを浴び、覚えたてのタバコを吸っていると家の電話が鳴った。

「用意できたけえ、はよう来んさい!」

俺は仕方なく(実は嬉しかったのだが)サトコ姉さんの家に行き、晩御飯をご馳走になった。
サトコ姉さんはワインを飲みだした。

「タクミ君は駄目よ、合格したらおごっちゃるけん」

などと言いつつ、1人でワインとチーズを楽しんでいる。
俺はナイターを見ながら、(サトコ姉ちゃん、綺麗になったよなあ・・・)と、ちらちら覗き見をしていた。

やがて俺の野球部の話になった。
その夏、俺の部はベスト4まで進み、結構盛り上がったのだ。
ガタイだけは親父の血でデカい俺は、エースで6番という中途半端なポジションだったが、サトコ姉さんも応援に来た準決勝、市民球場で18対0でコールド負けという華々しい散り方をして夏を終わらせたのだ。

「タクミ君泣いてたねえ。でっかい図体でビービー泣いとったけえ、おかしかった」

「泣いてないよ。これで彼女と海に行ける!ってみんな喜んでたって。嬉し涙、嬉し涙!」

「へー。彼女ってA短大に行ってるCちゃんでしょ?連絡がないって悩んでるらしいよー」

俺は赤面した。

「な・・・なんでそんなことまで知ってるんだよ・・・?陸上部なのに・・・」

当時の俺の彼女はサトコ姉さんの陸上部の後輩で、一足先に卒業して市内の短大に通っていた。
これだから田舎は嫌だ。
俺の周りはすっかり友達の友達で囲まれてしまっているのだ。

サトコ姉さんから奪ったワインを飲み始め、俺は上手くいっていない恋愛の相談を始めた。
話はどんどんディープになり、つい1週間前、俺と彼女がラブホに入った話になっていた。

「で?Cちゃんに断られたの?」

「いや・・・別に?」

「・・・わかんなーい、わかんないよ。タクミ君、ホテルに入って、シャワーを浴びて、ベッドに入って・・・で、なんなのよ!」

俺はワインを煽って言った。

「・・・りだったんだよ」

「?」

「生理だったの!だから出来なかったんだよ」

サトコ姉さんはケラケラ笑った。

「じゃあ仕方ないじゃないの、そこで拗ねたの?ガキじゃねー」

「怒ってねえよ・・・。ただ・・・」

「ただ?」

「あいつさ、『タクミ君ごめんね・・・。口でなら・・・してあげれるけど・・・』とか言うんだぜ!」

一瞬サトコ姉さんは俺を見て、それから爆笑した。

「いーじゃない!良く出来た彼女じゃない!!」

「・・・俺、経験ないんだよ・・・。いきなり口とかって言われても・・・。“あいつ、そんなに経験あるのかよ?”とか思うと、何か引け目つーか・・・。ただでさえあいつは大学だし、俺は高校だし・・・コンパとか・・・」

俺は最悪の愚痴モードに入りかけていた。
そんな俺を制してサトコ姉さんは言った。

「経験がないんだ・・・。わかった・・・。可愛い後輩のカップルの為にミスS高校の栄冠に輝いた私が人肌脱ぎましょう!」

「・・・酔ってる?」

「酔ってない」

「絶対に酔ってるでしょ?」

「絶対に酔ってません」

サトコ姉さんが俺に近づいて・・・いきなりキスをした。
そしてパニクる俺の耳元で・・・。

「中学2年から高校3年まで、ずーっとタクミ君のことが好きだったんだよ。知ってた?」

「・・・知らん・・・っていうか、あんたずーーと彼氏がおったじゃろうが」

「従弟と付き合えるわけないでしょ?そんな私の前でグダグダ彼女の愚痴を言うなんてどーゆーこと?」

「そんなん知らんって・・・」

すっかり体が密着している。
俺は人生最大のスタンバイOK状態だった。

「お風呂入ろ?ね?最後に一緒に入ったのはタクミ君が1年生の時だったよねーー」

「ば・・・ば・・・ばか!」

ボディソープにまみれたサトコ姉さんの指が俺のモノを丁寧に洗っていた。

「ん・・・ちょっと。俺・・・やっぱりやばいんじゃないかな・・・あ・・・」

サトコ姉さんは覚悟が決まったように、見たこともないやらしい目で俺を見ながら俺のモノを丁寧にしごく。

「大体さ、今まで好きでもない男のモノばっかり・・・誰のせいだと思ってるの?」

「そんなの・・・知らん・・・」

「で、自分は東京の大学に行くって?何それ?長男でしょ?」

「うるせえ・・・な。あ・・・あ・・・まじでやばいって・・・まじまじまじ」

俺は生まれて初めて他人の指の動きで発射した。
年上の従姉の指で。
サトコ姉さんは俺を風呂の縁に座らせ、俺の出したものを綺麗に洗い流すと、そのぽっちゃりとした唇で咥えた。

「・・・ン・・・まじ・・・サトコ姉さん・・・」

「タクミ君のせいで、そんなに好きでもない男とばっかり付き合って、年下好きを直そうと年上ばっかり選んで、こんなろくでもないことばっかり上手くなって・・・。どうしてくれるのよ?」

「俺・・・知らなかった・・・あ・・・ん・・・ふ」

「Cちゃんに口でされるなんて・・・やっぱり私、我慢できない・・・」

サトコ姉さんは次第に激しく舌と首を動かし始めた。
経験豊富と思われる美人女子大生と、スポーツバカの童貞高校生では勝負にならない。
俺はだらしなくもサトコ姉さんの口の中に2回目の発射をしていた。

風呂から上がり、俺は童貞を捨て、なおかつ朝までサトコ姉さんの体に溺れた。
大学でも続けている陸上のおかげで引き締まった体を訳もわからず弄り続け、ショートカットの髪の毛を押さえつけて乱暴に扱ったりもした。
その次の日は夏期講習を休み、朝から晩までサトコ姉さんの体に入り続けた。
今思えば怖いのだが、2、3回、中にも出した気がする。
とにかく俺は18年間の妄想を、サトコ姉さんの体を使って全部実現した。

俺の両親とサトコ姉さんの両親が帰って来ると、彼女は以前の態度に急に戻ってしまった。
俺と顔を合わせても表情も変えず、親戚の集まり以外で口を利くこともなくなった。

タイトルとURLをコピーしました