姉ちゃんに見られながらオナニーしたらいっぱい出た

この体験談は約 3 分で読めます。

オレにはねーちゃんが2人いる。
下のねーちゃんとオレは年子で、一番上のねーちゃんとは3つ違い。
これは、オレが中2で下のねーちゃんが中3のときの話。

部活で汗だくになって帰って来たオレは家に着いて速攻で風呂に行った。
脱衣所のドアを開けると、ねーちゃんが風呂上がりで体を拭いてる途中だった。
オレ、マジで焦った。
謝ってすぐにドアを閉めたんだけど、ねーちゃんのマン毛がしっかり生えていたのを見てしまって、台所で座ってもねーちゃんのマン毛が頭から離れなかった。
オレと1歳しか違わないのに、オレはまだ不揃いに生えていた程度。

(1歳しか違わないのに、あんなにビッシリと生えているんだなー)

ますます頭から離れなくなっていった。
風呂から出てきたねーちゃんが、「◯◯(オレの名前)、許してやるからコンビニ行ってきて」と言って、事は無事終了したかと思っていた。

晩飯を食い終わって宿題をやっていたら、上のねーちゃんが部屋に来て、「◯◯、お前▲▲(下のねーちゃん)の風呂を覗いたんだって?」とニヤニヤして話しかけてきた。

オレ「違う違う、知らなかっただけ」

と、オレは相手にしなかったのだけど、何だか必要以上にしつこく聞いてくる。

オレ「なんで?別に見たくて見たわけじゃないからいいでしょ。ねーちゃんも許してくれたし」

オレは早く出て行って欲しかった。
が・・・、何を言い出したかというと、「お前が見たんなら、私たちにも見せる義務がある」とか、訳わからんこと言い始めて、「▲▲~!ちょっと来て~」と、下のねーちゃんをオレの部屋に呼んだ。

上の姉「ねー、◯◯が裸になってお詫びするってよ」

下の姉「???」

オレ「な、バカ、なんでオレが裸にならなきゃいけないんだよ」

上の姉「当たり前だろ、早くズボン脱いで▲▲に謝れ」

オレ「なんで脱ぐんだよ?ねーちゃんにはちゃんと謝ったし、許してもらったぞ!」

上の姉「そ~かな~、▲▲、許してあげたの?」

オレ「◎◎ねーちゃん(上の姉)には関係無いじゃんよ」

そのとき、信じられん言葉が下のねーちゃんから出てきた。

下の姉「許すわけないじゃん」(←含み笑い付き)

オレ「・・・ぁあああ?」

上の姉「ほらみろ!さっさと脱いで謝れ」

なんだか訳わからなくなってきたオレは、脱げば許してもらえるなら早いとこ脱いで忘れてもらおうと思い、ズボンを脱いだ。
が・・・、ズボンを脱いだ瞬間、さっき見たねーちゃんのマン毛を思い出して急にムクムクと大きくなってきた。
まさか勃起したチンコを出すのも嫌だったので、「明日でいい?」と言ったら、上のねーちゃんが、「何立ってんだよ?いいから早く脱げ!」とオレのパンツをズリッと下ろした。
天井を向いてるチンコが姉2人に見られていると思ったとき、チンコの先から汁がちょろっと出てきた。
それを見た上のねーちゃんが、「お前、オナニーとかしてる?」と聞いてきた。

オレ「そんなの別にどうだっていいだろ」

そう答えると、上のねーちゃんが、「ここで出せ」と鬼のようなことを言い始めた。
下のねーちゃんは何も言わずに、ただオレのチンコを凝視しているだけだった。

上の姉「ちょっと、擦ってみてよ」

オレ「絶対に嫌。もういいだろ、勘弁してよ」

上の姉「どうしようかな・・・。▲▲、どうする?」

下の姉「◯◯の年で、もう精子って出るの?」

オレ「ちょ、ちょ、ねーちゃんまで何訳わかんねーこと言ってんだよ、もう勘弁してくれよ」

下の姉「ちょっと、見たかったりして」(←含み笑い付き)

(マジで鬼だ・・・なんでオレがこんな目に遭うんだ・・・)

上の姉「見たい見たい、早く出せ!!!」

でも、ちょっとねーちゃん達に見られているのが嫌じゃなくなってきていたオレは、(どうせ後で今のことを思い出してシコるんだろーなー)と思い、(どうせなら今抜いちゃうか)と、ねーちゃん達の目の前でオナニーを開始した。
今まで想像すらしなかったシチュエーションに興奮して、オレはねーちゃん達が見てる前でシコって、ほんの1分くらいでイッてしまった。
なんか今まで味わったことがない快感で、すんごい量が出たのを覚えている。

上のねーちゃんは、それを見て1人で喜んではしゃいでるし、下のねーちゃんは何も言わずにイッた後のチンコを眺めているし、イキ終わったオレは足がガクガク震えてるし・・・。
とにかくさっさとねーちゃん達に部屋から出て行って欲しかった。

その後、ちょっと喋って上のねーちゃんが部屋に戻り、下ねーちゃんがオレに、「ゴメンね~、でもちょっと面白かったかも」って言って帰ってったのをよく覚えてる。

タイトルとURLをコピーしました