りっちゃんがくれた苺パンツ

この体験談は約 5 分で読めます。

元むっつり変態少年の、小さな恋の思い出話をネタっぽく綴っていきます。
特にオチもないので、萌えなかったらすまんです。

《カニと初恋とモゲたチンチンの話》

初恋は小学校1年の夏休みのことだった。
“チンチンは弄るとたまに硬くなる”という、人体の不思議を知り始めた年頃。
夏は親の田舎で何日か過ごすのが恒例だった。

ある日、地域の子供たちに混ざって川で遊んでた。
その中に1人だけ女の子がいた。
名前はりっちゃん。
男の子から仲間外れにされがちなりっちゃんと、元々よそ者の俺。
自然に2人だけで遊ぶようになって、俺はすぐにりっちゃんLOVEになった。

俺が帰る日の前日も一緒に川ではしゃぎ回った。
りっちゃんの白いワンピース姿が可愛かった!
びしょ濡れの透け透けおっぱいと、透け透けの苺柄パンツ。
ドキドキしたけど、本当の意味で性(らしきもの)に目覚めたのは、この後だった。

大きなカニをたくさん捕まえた!
俺、ヒーロー!
そしてカニ牧場も完成!
りっちゃんが喜ぶと俺も嬉しい。
テンションが上がる。
そしたらりっちゃんが衝撃の告白をした!

「りっちゃんはね、カニにおチンチンちょん切られたんだよ」

生まれてすぐにカニに襲われて、チンチンが無いんだそうだ。
そんなバカなー!

「うそだー、女は元々何も無くて、ま、『まんこ』って言うんだよ」

反論したけど、まだ俺がまんこを見たことがないと知ると、りっちゃんはウフフと笑った。
そして苺パンツを脱ぎ脱ぎし始めた!
さらにワンピースを思い切り、おへその上まで捲った。
よく笑ってくれるから好きになったんだけど、りっちゃんは割と大人しい子だった。
それが突然、大胆なことをし始めたからびっくりした。
明日には俺が帰っちゃうと分かって、気持ちがざわざわしてたのかなと思う。

急な展開に放心して、ぼんやり座ってる俺。
そんな俺を立って見下ろすりっちゃん。
その肩幅に開いた脚の付け根を、俺は息が届きそうな距離でポカンと見つめた。
そこには・・・はっきりと肉が切れたような縦スジがあった!

俺の知識(もとい、勝手な思い込み)によれば、女の股はツルツルで何もないはずだ。
のっぺらぼうのマネキン状態のはずなんだ!
なのに・・・こんなクッキリした溝みたいになってるってことは・・・。
これはチンチンがモゲた跡か!
りっちゃんの話は本当だったんだ!
アワワ、イタイイタイ・・・。
ん?今はもう痛くないのかな。
りっちゃんのまんこの割れ目は、俺の頭の中ですっかり、チンチンがモゲた“傷跡”として認識された。

そして突然、俺のチンチンがあああ!!!
ムズムズホワホワ~と浮き上がる感じがして、腰が震えた。

あっ?
俺、今、硬いチンチン(=勃起)になってる!

でも、いつものとは感じが違うから戸惑った。
いつもの硬いチンチンはこんなじゃなくて、何となく弄ってる時にランダムに起こる現象だった。
(朝起ちは例外だけど)
でも今回のは・・・全然触ってないのに硬くなった。

(なんで?)

りっちゃんの“傷跡”を見たことと連動してるのだけは分かった。
金玉袋の奥深くが痒くなるような、このもどかしい感じは何だ???!!!

(そうか、チンチン自身が、自分がモゲるのを想像して怖がってるんだ!)

そのときの俺はそう思った。
急に、(カニ怖えぇ!)って思った。
慌ててカニ牧場の柵を崩して、カニを全部追い出しながら、りっちゃんに聞いてみた。

「りっちゃんって、本当は男なのっ?」

「ううん、女だよ」

何が何だか意味が分からなかった。
確かに見た目は可愛い女の子。
でも痛々しい傷跡は、そこにチンチンが付いてた証拠・・・。
俺は自分の中の常識に自信が持てなくなった。
俺の動揺にはお構いなしで、りっちゃんは言った。

「女だからAちゃん(俺)と結婚もできるよ。好きだよ!私、結婚したい」

『大きくなったら結婚しようね』という意味だと思ったら、そうじゃなかった。
りっちゃんはもうすぐ遠くの町に引っ越すらしい。

「今、結婚するよ!Aちゃんが来年また来ても、りっちゃんはいないからね」

そして、「チュウしたい」と迫って来るりっちゃん。

もう相手が女じゃなくても好きだからいいやって思った。
そしたらりっちゃんに、唇の外側も内側も、舌も歯も、ペロッペロに舐められた・・・。

(チュウって・・・こんななの?)

俺が思ってたチュウの常識も、りっちゃんに覆された。
りっちゃんの味と匂いが口から鼻に抜けていった。
カニとかイモリとか、川の生き物たちの生臭さも混ざってた。
変な味で、変な気分だった。

次のステージに進むべく、戸惑ってばかりの俺をリードするりっちゃん。

「一緒に裸んぼになろう」

「でも俺、あのさ、硬いチンチンって知ってる?今、そうなってて恥ずか・・・」

「えっ、Aのチンチンって硬いの?すごいね!見せてー!」

(これはすごいことなのか・・・?それならいいや)

言われた通りに俺はパンツを脱いで全裸になった。
とても恥ずかしいのに、何かワクワクしてもいた。

「うわー、棒だ、チンチンが棒だ!硬いカターイ!」

大きな目を、さらに大きく丸くしたりっちゃんが嬉しそうに指で突っついてくる!

あああ・・・、女の子にチンチン触られた、恥ずかしい・・・。
でもりっちゃんが嬉しいなら、俺も嬉しい。
硬いチンチンって嬉しい!

ニッコリ笑ったりっちゃんが、もう一度、立ったままワンピースを大きく捲った。
と思ったら、そのまま全部、頭をくぐらせて脱いだ!
りっちゃんもすっぽんぽんになった!
女の子を好きになったのも初めてなら、その子が目の前で裸になるのも初めて。
俺はとにかくドキドキしていた。

「ここにくっ付けたら結婚したことになるんだって」

これも言われるままに、俺は勃起チンチンをりっちゃんの“傷跡”に触れさせた。
チンチンはずっと自分のじゃないみたいにホワホワしてる。

「痛くないの?」

「痛くないよお、でも何かねえ、ふわんふわんする感じ、不思議ー」

チンチンが無いのに、俺と似たような感覚になってるのかな・・・不思議ー。

さらにぎゅっと押し付けてみた。
立って向かい合ってるから、すっぽんぽんの体全体が密着した。
何だろう・・・。
何とも言えない、とても幸せな気分になった。
そのままもう1回チュウした。
さっき感じた変な生臭さも慣れると平気だった。

「これで2人は結婚したよ!Aちゃん、ずっと好きだよ!」

りっちゃんは笑った。
こうしてりっちゃんは俺のお嫁さんになった。
出会って何日も経ってない、もしかしたら女じゃないかも知れない、でも大好きな相手。
そんな人と俺は結婚して、そしてお別れしたのだった。
もう会えないかもしれないという実感は全然湧かなかった。
ただ普通にバイバイしてしまった。

別れ際、濡れ濡れの苺柄パンツを結婚記念としてもらった。
ノーパンのまま、傾きかけた太陽を背にしたりっちゃん。
大きく振った手と一緒に、まだ湿ってるワンピースの裾が重たそうに揺れていた。
幼い脚線と下半身のシルエットが光に透けて浮かび上がる。
りっちゃんがとてもきれいに見えた。

すると萎みかけてたチンチンが!
またホワホワして、また硬くなった!
ムズムズホワホワな感覚は、硬いチンチンの予告なんだなと、この時に知った。

1人になると、ようやくちょっとだけ別れの寂しさがやって来た。
蝉の声がなぜか急に際立って、悲しげに聞こえる。

(俺の住所とか電話番号とか、教えとけば良かった・・・)

そんな当たり前のことを思ったのは数日後のことだった。
結婚記念のパンツは、持ち帰った記憶はあるけど、いつの間にか失くしちゃったらしい。

タイトルとURLをコピーしました