放課後の猥談

この体験談は約 7 分で読めます。

20年前のこと。

放課後になってもいつまでも帰らずに、用もなく残ってる奴っているよね。
小学生の頃の俺がそうだったんだが、俺の他に女の子が二人、いつも教室に残ってた。
それまで特に話をするわけでもない俺達だったが、6年の2学期あたりから俺とJちゃんとMちゃんで猥談をするようになって、そのうちに異性の性器が見てみたいという話をするようになっていた。

はじめは絵に描いて図説するだけだったが、俺はそれでも十分に興奮して、いつもチンポを勃たせていたが、当然、それとバレないようにしていた。
ところがある日、いつもはただ話を聞くのみで、自分からはあまり話をしないMちゃんが、「生理が近づくと、ムズムズするよね」と言い出した。

大人しいMちゃんから『生理』という言葉が出ただけでかなり衝撃的だったが、「毎回、生理が近づくとシャツで乳首が擦れて、すごく感じちゃって困るんだ」と続けたのを皮切りに、JちゃんとMちゃんのオッパイ談義が始まってしまった。

J「じゃあ、もうMもブラしなきゃ」

M「でも、まだそんなに膨らんでないし・・・」

J「ちょっと見せて・・・ああ、でも乳首もちゃんと成長してるじゃん」

M「あ!やぁっ!・・・もう!敏感なんだって言ってるじゃん!」

J「膨らんでなくても、乳首はもう大人の形になってるじゃん。ちょっと摘んだだけでそんなに感じるなら、やっぱブラつけたほうがいいよ」

M「どんな感じの着けてるの?見ていい?・・・あ、こういう可愛いのならいいな・・・それにしてもJは胸でかいよね。桃くらいあるよね」

完全に置いてけぼりにされてる上、お互い襟元から覗き込んでいるので俺には見えなかったが、服の上からMちゃんの乳首を指先で転がすJちゃんと、それに感じて息を荒げるMちゃんの姿は、はっきり言ってそれまで見たこともないエロい光景だった。
迂闊なことにその日俺は、掃除の時間にジャージに着替えたままのカッコでいた上、そんな光景を目にしてしまったので、充血した股間を隠すことなど到底無理な話だった。

そんな俺に、ついにJちゃんが気付いてしまった。

J「あ・・・勃起してる・・・」

M「え・・・?やだ!あたしたち見てそうなっちゃったの?」

J「ねぇ、見せてよ。いいでしょ?他に誰もいないし」

俺は焦った。
当時俺は仮性包茎で、勃起するとちゃんと亀頭が顔を出していた。
その姿は自分で見てもとても醜いものに感じていたので、これを女の子に見せるなど、とんでもないと思っていた。
でも、その一方でこれはチャンスかもしれないとも思っていた。

俺は“これは賭けだ”と思いながら、「じゃぁ、お前らのマンコも見せてくれるか?」と聞いてみた。

Mちゃんは「うん・・・おちんちん見せてくれるなら・・・」と言ってくれたが、Jちゃんには「え・・・ダメ。あたし生理だから・・・」と断られた。

それは、俺にとっては好都合だった。
その時の俺は、なんとなく『性器を見せるなら相手にも性器を見せてもらう』というのがフェアであって、『性器の他におっぱいも見せてもらう』のはアンフェアな気がしていたのだ。
かといって、普段プールの時など、男は胸を晒しているのだから、ここで『胸も見せ合おう』と言っても絶対それは通らないという、今思えばよくわからない理屈が頭の中にあったからだ。

ところがJちゃんは股間を見せることができない。
ならば、代わりに胸を見せてもらうことができる。

Mちゃんはまだあまり膨らんでいないが、Jちゃんは小学生としてはかなり立派な胸なのだ。
だったら胸はJちゃんの方を見たい。

俺はチンポを見せる条件として、先にJちゃんに胸を見せてもらうことにした。

JちゃんはTシャツとスポーツタイプのブラを捲り上げた。
大きな(と、当時は感じた)おっぱいが、ぽよんと目の前に現れた。
ただ見せてもらうだけの約束だったが、俺は了解も得ず、右の乳首を口に含み、左の胸を揉んで、乳首を摘んだ。

「あっ・・あん!!すごぃっ!」

それなりに声は抑えていたが、Jちゃんは明らかに感じていた。

(俺も、大人と同じことしてるんだ・・・!!)

そんな事を考えながら、俺は夢中で乳首を吸い続けた。
たぶん、僅か1~2分だったと思うが、俺にはずいぶん長い時間に感じられた。

Jちゃんが俺の頭を両手で胸から放し、そのまま引き寄せてキスをしてきた。

「んあぁ・・・すごかったぁ・・・。こんなの初めて」

そう言って、横に目をやる。
そこには、真顔でゴクリと生唾を飲み込むMちゃんが・・・。

「ねぇ、すっごい気持ちいいよ。あんたもやってもらったら」とJちゃん。

俺は“ラッキー!!!”と内心で喜んで、Mちゃんのシャツをたくし上げた。

Jちゃんが言っていた通り、Mちゃんの胸はまだ膨らみこそ僅かだったが、乳首も乳輪も、Jちゃんほどではないにしろ、それなりに大人のそれに近づいていた。
Jちゃんの立派な胸も素敵だが、それ以上にJちゃんのいかにも発育途中の胸は、見るまではバカにしていたが、実際目にするととても甘美でエロティックなシロモノだった。

想像してみて欲しい。
肌よりほんの僅かに色づいた乳輪と乳首。
その質感は柔らかく滑らかで、舌で舐め上げると乳首の根本からクニュっと上向きに曲がるのだ。

俺はJちゃんと同じように、Mちゃんの胸を弄んだ。

「んっ・・・んんっ!!あ!ん、んあ!!ん!!!」

Mちゃんの感じ方は凄かった。
声は極力押し殺しているが、その表情と息遣いはとても普段見る同級生のそれではなく、正真正銘に女の悦びを感じる大人の顔だった。
生理前だから感じるというのはこのことか!!と俺も感動した。
自分の口と手が、女の子をこんなにしてしまうということに驚いた。

Jちゃんは「ね!ね!すごいでしょ!!自分じゃこんなに気持ち良くできないよね!!」とMちゃんに話し掛けていたが、Mちゃんは返事どころではない様子だった。

それでも切れ切れの言葉で「んあ・・きもち、あ、いい!!きもち・・・いいよぉ!!」と喘ぎながら首を何度も縦に振った。

Jちゃんは「約束だよ、見せてもらうからね!」と俺の股間に手を伸ばすと、過去最大級にハイパー化しているチンポに触れ、「カチカチだぁ」と言いながらジャージとパンツを下げた。

俺の醜いチンポがその姿を曝け出す。

「すごい・・・皮、剥けてるんだ・・・」

そう言うとJちゃんは腫れ物に触れるかのようにそっと両手でオレのブツを包んだ。
ひんやりした手の感触とは逆に、Jちゃんは「うわ、あっつーい。なんでこんなに熱くて硬くなるの~?不思議~」と言いながら、玉を転がしたり、亀頭を撫でたりしていた。

俺はMちゃんのデニム地の青いスカートの中に手を伸ばし、股間を触った。
恐らく割れ目があるだろうと思われるところに指を当てると、パンティが湿っていることがわかった。
何とも言えない柔らかい感触に感動を憶えながら割れ目を何度か擦り、続いてパンティの中に手を入れて、直接マンコを触った。
指の腹でクリトリスと思しき突起とその先にある割れ目を擦り続けた。

「すごっ・・・すごいよっ・・・やん、だめっ、ほんとにすごい!」

乳首と割れ目への愛撫にMちゃんは顔を真っ赤に紅潮させて喘いでいた。

「ねぇ、精子出るの?」

そう言うとJちゃんは、俺のチンポをしごきだし、俺はあっという間に果ててしまった。
正直、初めての射精だった。

Jちゃんは「キャッ」と声をあげ、ベトベトになった掌をあろうことかMちゃんの胸にぬりたくって乳首の愛撫を始めた。

俺はしばらく腰から腹にかけてガクガクと痙攣していたが、落ち着きを取り戻すとチンポの先に残っていた精液をハンカチで拭き取り、胸への愛撫をJちゃんに任せ、両手でMちゃんのパンティを下げた。

Mちゃんのアソコは、割れ目の手前の部分に薄っすらと毛が生えているようだった。
剛毛ではなく、赤ちゃんのおでこの生え際のような柔らかい毛がふわっと生えている、という感じだった。
俺はMちゃんを机の上に座らせ、中をもっとよく見せて欲しいと頼むと、Mちゃんは紅潮させた顔で頷き、自分で割れ目を広げて見せた。

「女ってのは顔は可愛いが、マンコはまるで爬虫類のように不気味なんだ」

・・・俺は友達からそう聞かされていたのだが、Mちゃんのそれを見たときの印象は、ただただ神秘的で、美しいというものだった。

横からJちゃんが「処女なんだからね!膣に指入れちゃダメだよ!」と警告した。

「わかってるよ!」

そう言いながらも、俺はどさくさに紛れ、Mちゃんのマンコにクンニをした。
当然、後でフェラチオをしてもらえたらいいな~という下心あってのことだ。

「ひあっ!!ダメ!!すごすぎ!!これすごい!!」

Mちゃんのマンコはオシッコの匂いがしたが、風呂に入ったばかりではないのだから、それは当たり前だった。

Jちゃんは「うわ~信じらんない!!舐めてるよ~!!」と驚いていた。

時間にして、5分あるかないかだろうと思う。
俺はMちゃんを丹念に刺激しながら、十分に女の構造を観察させてもらった。

「ダメ・・・!!もうダメ!!やめて、おねがい、ほんとにもうダメ!!」

真っ赤な顔で涙を流しながらお願いされたので、俺はMちゃんにパンティを渡そうとしたそのとき、廊下の最も端にある教室から、「ほら、もう帰れよ!」という見回りの先生の声が聞こえた。

俺は慌てて、先生が窓の鍵を閉めるために次の教室に入ってのを見計らって教室の目の前にあるトイレの個室に駆け込み、外の様子を窺った。
心配なのは、俺自身初めて嗅いだ精液のあの匂いが教室に充満していては、先生に怪しまれるのではないかという事だった。

しかしそこは「いま着替えしてまーす。入ってこないでくださーい」というJちゃんの機転で「じゃあ、30分後にまた来るから、それまでに帰ってろよ!」と、不純異性交友の露見という最悪の事態は避けられた。

射精したときに精液を垂らしてしまったらしく、パンツの中が冷たくて不快だったが、我慢して衣服の乱れを直して教室に戻ると、そこにはもう二人の姿はなかった。
家に帰る途中、ズボンの中に異物感を感じた。
ポケットを探ると、中からMちゃんのパンティが出てきた。
Mちゃんに渡そうとしたときに先生の声が聞こえ、慌ててポケットに突っ込んでトイレに駆け込んでしまったのだ。

翌日以降、俺達3人はその時のことはもちろん、二度と放課後に猥談をすることはなかった。
俺の愛撫でシミのついてしまったそのパンティは、どう処分するでもなく自宅の机の引き出しの奥にしまったまま、高校生になって初めて彼女ができたとき、両親と兄弟の留守に、庭の隅で燃やして捨てた。

4年前、小学校の同級会があり、懐かしい顔ぶれが揃った。

しかしそこに、Jちゃんの姿はなかった。
何でも子供が生まれたばかりとかで、出席できなかったそうだ。
Mちゃんは来ていたが、とんでもなくキレイな女性に成長していた。
あの頃、小さかった胸もちゃんと発育し、人並みの女性らしい胸になっていた(ダミーかもしれんが)。

その席で、「小学校の時の一番思い出深い事は何?」という話題になり・・・。
もちろん俺にとってはJちゃん、Mちゃんとのあの出来事が思い出深いわけなのだが、さすがにアレは公表できんわな、と思いながらふとMちゃんのほうへ目をやると、Mちゃんも笑いをこらえるようなイタズラな表情で、上目遣いに俺を見ていた。
だからと言ってその後俺達がどうにかなったわけではないのだが・・・。

あれから20年。
俺も何人かの女性と付き合って一通りのことをして、結婚して子供も3人いるオヤジになったけど、Jちゃん、Mちゃんとのあの日の事以上の官能を味わったことはありません。
俺のこれまでの、いや、たぶんこれからも含めた人生の中で、最もエロティックな出来事でした。

おしまい。

長文に付き合ってくれた方々、どうもありがとう。