開放的な河原の混浴露天でラッキースケベ

この体験談は約 3 分で読めます。

それは、4年くらい前の秋のある日でした。
私は、バイク仲間2人(1人は女性)と、群馬のある露天風呂に出かけました。
林道の入り口に頑丈なゲートがあって、車両の通行は出来ません。
温泉へ行くにはバイクを置いて、少し歩かなければなりません。
どうやら先客がいるようで、ゲートの所にバイクが2台停まっています。
連れの女性は少し警戒したらしく、少々腰が引けていましたが、とりあえずなだめて連れて行くことにしました。

林道をトコトコと歩いて行くと、こちらの方に歩いて来るカップルが・・・。
たぶん入り口に停めてあったバイクの2人だろうなと思いつつ、軽く会釈してすれ違う。
女性の方は、まだ若い感じだった。
ちょっと残念・・・。

程なく温泉に到着。
幸いなことに自分たち以外に人はおらず、河原の露天風呂は貸し切り状態。
ラッキー!
脱衣場もなんも無い温泉なので、河原で服を脱ぐ。
連れの女性は準備がよろしく、頭からすっぽり被るポンチョみたいなものを持参。
なんかゴソゴソやってる。

「じゃあ、先に入るわ~」

男2人はタオルで前を隠しつつ、湯船にざぶん!
露天風呂最高!
すぐに彼女も入って来るが、当然のように水着着用・・・。
しかもスクール水着みたいなラインのワンピース・・・。
今どきそんな水着どこで売ってるのだろうと疑問に思ったが、あえて突っ込まない。
彼女、スタイルはいいので隠すことも無いだろうが、本人曰く・・・。

「恥ずかしい」
「人様にお見せするようなものでない」

とのこと。
3人でのんびり湯に浸かっていると人の気配がした。
見ると、さっきすれ違ったカップル。

(あれ、帰ったんじゃなかったんだ)

先に男の方が入って来た。
軽く挨拶を交わし、お話すると、1度下見に来て、風呂道具を取りにバイクの所まで帰っていたらしい。
ご苦労様です。

連れの女性はなかなか入って来ない。
河原でなんかゴソゴソやってる。
色々と準備があるんだろうと思っていたら、なんと全裸にハンドタオル一丁で登場!
あっさり全裸にタオルで入浴してきた彼女。
あまりにも堂々としているため、こっちが逆に恥ずかしくて、目線をつい逸してしまう。
もちろん彼氏もいるし、こちらも連れに女性がいるので、あまり露骨にじろじろ見るわけにもいかないのだが・・・。

そんなこんなで、生殺し状態で混浴タイムが過ぎていく・・・。
私は、ややのぼせ気味になって来たので、腰にタオルを巻いて湯船を出て、河原で体を冷やすことにした。
連れの女性も湯船を出て、河原で水遊びをしている。
タオルを腰に巻いた姿で私も水遊びをする。
たぶん脇や後ろがポロリしているんだろうが、どうせ見られても減るものでもないので気にしないで、童心に帰って遊んでいた。

しばらくすると先程の全裸姉ちゃんも湯舟から出て、河原に下りて来た。
一応、前は申し訳程度にタオルで隠してはいるけど、濡れたタオルは体にぴったり密着。
しかもスケスケ。
少し子供っぽい、くびれの控えめなボディや、お椀型で程々の大きさの乳房を、しっかり拝ませて頂きました。

その後も、こちらに背を向けて景色を眺めたりしているのだけれど、後ろ側はまったくノーガード。
太もものお肉がかなり控えめなため、かなりきわどい所まで見てしまいました。

タイトルとURLをコピーしました