ED夫に不倫欲求な熟妻の浮気宣言

この体験談は約 3 分で読めます。

私は45歳、妻は42歳、共働きの夫婦だ。
最近は妻の身体に興味がなく、ろくに妻を誘うことがない。
それだけではない理由もある。
めっきり立ちが悪くなり、EDになったことが原因だ。

そんな時、私はある変化に気付く。
ポータルサイトの検索ワードに文字を入れるとキーワードが何個も出てくるが、やけに変な言葉が目についた。

『出会い』『相席』『不倫』『寝取られ』『人妻』『熟女』『勃起』・・・。

パソコンで色んなサイトを見るのが好きで、結構際どいものも見ていたらしい妻は、履歴にエッチネタの数々を残していた。
見知らぬ者同士が出会う居酒屋や出会い系。
その他にも熟年女性たちの赤裸々なハメ撮り写真があった。
ふくよかでお世辞にも綺麗とは言えない女たちの写った姿。
大きいが垂れ下がった乳輪の大きな乳。
ボウボウの毛を蓄えた性器。
人気のいない公園での露出。
そして、いきり立つデカチンの数々・・・。

妻はそこで、あることに気付く。
後に聞いた妻の話が、こうだった。

私の方がいけてるんじゃないかしら?
こんなおばさんでも男に求められてる。
オッパイを触られて、クンニされて、気持ちよさそう。
男の人って、女だったら誰でもいいのかしら?
フェラで勃起させてしまえば私でも?

妻と同年代の女性が、夫か誰か知らないけれど、たくさんの人にセックスされてる。
妻は夜な夜なネットに釘付けになり、男たちのコメントを読み漁っていた。
そしてある日、妻から告白を受けることになった。

「私、不倫してもいいかしら?あなたは全然かまってくれないし、愛してくれないんだもの」

中世の西洋画のような肉付きのいいその体を持て余した1人の女性は、堂々と夫に浮気宣言をした。
大きな尻とオッパイ。
いつでも恥ずかしくないように買い揃えられた新しいランジェリーを武器に、妻は男探しを始めた。
妻は恥ずかしげもなく太ももをチラつかせるスカートでデカ尻を強調し、足を見せつける。
40代の女でも好む男はいるようで、ミニスカートを穿き、ヒールを履けば、多少お腹が出ていても喜んで声を掛けてくるという事実。

そして妻は簡単に男の確保に成功した。
相手は勤務先の年下の男性だった。
以前から言い寄られていた男がいたのかもしれない。
身持ちの堅そうな人妻が、突如服装が変わりだしたのを見れば、見逃すはずがなかった。
勤務先の飲み会に参加し、二次会にもついて行くようになり、妻は深夜帰宅が増えていった。
男の匂いがプンプンする。

そして、とうとう私は、妻の下着に不倫の形跡を見つけた。
ちょっと高級そうに見えるショーツの股に、べっとりと染み込んだ愛液の跡があった。
もう何も言うことはない。
恋の駆け引きに身を投じた女は、年甲斐もなく股間を熱くさせて男の誘いを、今か今かと待っていたのだ。
何年間も蜘蛛の巣を張っていた妻の性器は、久しぶりの男根の侵入にたいそう喜んだことだろう。
それは態度を見ればわかる。
ウキウキとする気分を、隠すことができない。
既婚者なのにホテルへ誘われて、夫以外の男の欲望を一身に感じた夜。
“中年女性”というレッテルなど、男女の色恋沙汰にとっては、たいしたことのない障害だったと分かったのだろう。

『私でもセックスしたがる人がいるんだ』

妻は、そう思ったに違いない。
化粧も念入りになり、家の中でも笑顔が日に日に増えていく。
スタイルも気にするようになり、間男のセックスに染まっていく妻は、もう今までの妻ではない。
数年前までの私とのセックスが目に浮かぶ。
キスをせがみ、舌を絡ませて、自らクリを弄る妻。
口でしてもらおうとシックスナインになろうとする妻。
終いには自分で上に乗り、男根を挿入する妻。
妻が使うであろう淫語が今も耳に残ってる。

「フェラ好きでしょ、私がおっきくさせてあげる」
「入れて、パンパン音がするまで激しくして」
「オマンコ気持ちいい?オチンチン大好き」
「ねえ、オッパイも一緒に舐めて、そうするとイキやすいの」

ただでさえ立ちが悪かった私を萌えさせようとして使った言葉。
今はそんな心配のない不倫相手が、パンパンにエラの張った男根を挿入して、妻を喜ばしていることだろう。
より淫乱化した妻を寝取る男を想像して私がとった行動は、なんとか自分で勃起させること。
妻を自由に性欲処理道具にしている男たちに嫉妬し、寝取られている豊満な妻の身体を思い浮かべて、自分のモノを擦りながら、ED治療をしています。
でも、いつも柔らかいまま、どろ~っと精子が出ちゃうんですけどね・・・。

タイトルとURLをコピーしました